寺岡呼人 インタビュー

4年振りとなるオリジナル・アルバム「Baton」は”自分の「今」を切り取る”と話す、寺岡呼人のリアルがここにある。全11曲からなるバラエティ溢れる本作は、メロディー・サウンドは然り、ジャンルレスに広がる”寺岡呼人ワールド”がある。素直な言葉で紡がれ歌われた詞は、聴いた全ての人の心に伝わっていく。それは紛れも無く、この”目に見えないバトン”を受け取ったからなのだろうー

“この楽曲が中核を担うな”という感覚はありましたね。

ー前作「独立猿人」から4年振りとなりましたが、その4年の間にJUN SKY WALKER(S) 再結成、ソロデビュー20周年、そしてライヴ・プロデュース活動と精力的な活動が続いていましたよね。

寺岡呼人(以下、寺岡):そうですね。ソロ作品としては4年振りですけど、ライヴについてもバンド・弾き語りと休むことなく続けていましたし、気が付いたら4年経ったという方が合っていますね。

ー本作「Baton」にも繋がる”生きてる”ということが、現在の活動にも反映されていましたよね。

寺岡:自分の中ではその瞬間・瞬間に、やりたいと思ったことを実行してきたと思うんですよ。考えて失敗や成功を探るよりも、実行して実感することが「ロック」だと思うし。「Golden Circle」もその活動の1つですね。

ーアルバムタイトルでもある「バトン」は、昨年のライヴイベント「Golden Circle Vol,18」で初披露されましたが、このタイミングからアルバムの方向性は見えていたのでしょうか?

寺岡:イベントのときに作った「バトン」と「ご贔屓に」は、どっちが先に出来たかはちょっと定かではないんですけど(笑)楽曲が完成したときもそうでしたし、実際に披露したときも”この楽曲が中核を担うな”という感覚はありましたね。

ー実際にアルバム制作に入られたのはいつ頃からですか?

寺岡:今年に入ってからですね。ここ(STUDIO CRY BABY)でレコーディングをしたんですけど、楽曲提供頂いた(佐藤)竹善さんにも実際に来て頂きましたし。実は「バトン」がアルバムの中核であるのは間違いないんですけど、ライヴを続けている中で”こういう曲が欲しいよね”という欲求から生まれた楽曲が収められているという側面もあるんです。

ー「BLOOD,SWEAT& LOVE」は正しくそうですよね。

寺岡:これはアルバムタイトルの候補だったんです。「Baton」がタイトルになりましたが、このままなくしたくなくて、楽曲となりツアータイトルにもなりました。

“誰と創っていっても寺岡呼人の作品に出来る”という自信が持てるようになった

ー制作の過程について伺いたいのですが、楽曲提供には佐藤竹善さん・多保孝一さんが参加されていますが、アルバムのビジョンを元にご依頼をされたのでしょうか?

寺岡:竹善さん・多保くんとは出会ってまだ1~2年なんですけど、偶然と言った方が正しいと思います(笑)。「Departure」は王道の”AOR”なんですけど、「最近、誰もやってないよね、面白いよね」という会話から生まれたんです。誰もやっていないからこそ、是非トライしようとお願いしたんですが、竹善さんから送られてきたデモを聴いたら歌が上手過ぎて(笑)僕に歌えるか不安でしたけど、実際に出来た作品は寺岡呼人として新たな側面を見せることができた作品だと思います。

ー確かにこのコラボレーションは今までにない組み合わせにも関わらず、AORの持つ上質なサウンドと、山田さんの歌詞ともすごくマッチしていています。多保さんからは「Japan As No.1!!」の提供を頂いています。

寺岡:多保くんは、山田さんに紹介されてからなんですけど、飲みの席で「曲を書いてよ」という話をしていたのがここで実現しました。ライヴも観に来てくれて、そこで得たインスピレーションから送られて来たデモが、ウエストコースト・ロックだったんです。アレンジもドゥービー・ブラザーズ風なんですけど、これも寺岡呼人に加わった新しい部分だと思いますね。

ー先程の「ライヴに必要な楽曲」という部分に通じますしね。レコーディングでは、鈴木英哉(Mr.Children)・C.C KING・八木のぶおさん、作詞では前作からの山田ひろしさんが参加されていますが、詞・曲・アレンジ等の具体的な指示はされたのでしょうか?

寺岡:最近、自分の中では”誰と創っていっても寺岡呼人の作品に出来る”という自信が持てるようになったので、基本的にはお任せしています。

ーそれは裏を返すと、自分の「今」や「生きてる」という実感の中に、出会いが必然的な作用をもたらしている?

寺岡:そうですね。さっき話した「やりたいと思ったことを実行する」という部分にも繋がりますけど、こういった出会いの中で有機的に変わっていかないと、自分の音楽性が広がらないですしね。

「バトン」は目に見えるものではない

ー歌詞について詳しく伺いたいのですが、例えば「君」というフレーズだったり、二人称が主としてある詞の世界が、より身近な情景を見せてくれていると感じました。

寺岡:そこには、なるべくシンプルな言葉を選んでいると思います。歌いたいことが歌詞になっていますし、その中で例えば「流星」では途方もない時間が流れていたり、「バトン」では人生という時間が流れていたり。

ー確かに今作の時間軸が印象的で、「流星」では”何千年”・「BLOOD,SWEAT&LOVE」では”何万年”・「バックミラー」では”永遠”と、途方もない時間の中で「今」という時間がきちんと流れているんですよね。

寺岡:そうですね。「青山通り」はジュンスカの為に書いたんですけど、実際に自分が見た風景を切り取っていますし、「バックミラー」ではワンシーンを切り取っていますし、色んな時間が流れていますね。

ーアルバムタイトルでもある「バトン」の主人公を寺岡さんとしたときに、現在の活動とすごくリンクしていますよね。例えばさだまさしさん、はたまたTHE BEATLESから受け取ったバトンを、桜井さんに渡す横の動きだけでなく、Kさんやグッドモーニングアメリカ等への縦への動き、ジャンルレスという意味では斜めにも渡していると思うんです。

寺岡:グラウンドのサークルを人生に置き換えたんですけど、共作した桜井はデビュー前からの付き合いだし、今回の楽曲提供頂いた竹善さん・多保くんはここ1~2年だけど、本当に色んな人との出会いがあって、今の自分があると思っています。「バトン」は目に見えるものではないんですけど、僕も色んな角度からたくさんの人のバトンを受け取っているんですよね。またそれを色んな角度で、たくさんの人に渡すことが出来たらと思っています。

ーしかも、そのバトンは1つではなく、また受け取ったバトンをまた他の誰かに渡すことが出来るバトンでもありますよね。

寺岡:色んな受け取られ方もあると思っていますし、僕が渡すバトンはボーダレスであればと思いますね。

ーアルバムの最後を締めくくる「ご贔屓に」は、直接的な言葉はないのにファンの方への愛や感謝で溢れていて、今の寺岡さんの気持ちが見事に反映されていますよね。

寺岡:最初、「ファン」というタイトルを思いついたんですけど、ウィキペディアで「ファン」を調べたら「贔屓」と書いてあって(笑)これだ!と。ミュージシャンとファンの間柄だけではなく、色んなお客さんを持つ人にも反映出来る作品になりましたし、20周年を迎えたタイミングに、この名曲が出来たことは良かったですね。

次の何かを提供することがミュージシャンとしての僕の役目

ーソロとしても21年目を迎えられていますが、ここまで続けられた理由はどこにあると思いますか?

寺岡:色んな要素があると思いますけど、とにかく明るくしていた気がしますね。もちろん仕事がない時期もありましたし、挫けそうになるときもありましたけど、その都度辛い表情をしたり、引き篭ったりしても何にもならないでしょ?それよりもなるべく人と会っていましたし、坂本龍馬じゃないですけど同志を集めてみたいなことは得意な方なので(笑)そうやって、「Golden Circle」も出来たと思いますし。

ー「類は友を呼ぶ」の様な?

寺岡:間違いなくそういう活動してきたと思います。あとは、音楽業界では才能だけではどうにもならないことがあるんです。僕より才能がある人は本当にたくさんいますし、才能があっても何かのきっかけで音楽を続けられなくなった人もいます。「実力が3割、運が7割」だと思っていて、その”7割の運”でここまでやってこられたと思っているんです。その運を掴む為には、引き篭っていたら掴めないですし、辛い表情だとね(笑)

ー確かに(笑)「Golden Circle」が続いていく理由もここにあるのでしょうか?

寺岡:僕がアマチュアだったら、例えばユーミンやCHABOさんと共演させて頂けるだけで満足すると思うんですよね。神様みたいな人たちとの共演を何度もDVDで観返すだろうし(笑)でも、ミュージシャンである以上、そういったミュージシャンの方に恩返しをすべきだと思っています。過去に浸るよりは、次の何かを提供することがミュージシャンとしての僕の役目だと思っていますし、そういうハブになりたいと思います。

ーありがとうございます。11月からは「Baton」を引っ提げたツアーが始まります。生でバトンを受け取れる場所にもなりますし、待ち遠しい限りですが今回は「バンド編」と「弾き語り編」が用意されているんですね。

寺岡:はい。まずはなるべく多くの場所を周りたいということがあって。特に新曲とこれまでの曲が始めて交じり合うタイミングでもあるので、僕もすごく楽しみにしています。

ー弾き語り編では、本作の新曲たちも披露されるのでしょうか?

寺岡:もちろんです。よく「アコースティックの方が伝わりやすい」と言われますけど、僕はどれだけシンプルな構成だとしても、楽曲が良くないと伝わらないと思っているんです。今回の新曲は、本当に自信のある楽曲を収めていますので、弾き語り編でも是非楽しんでもらえたらと思います。


取材:2014.09.19
インタビュー・テキスト:Atsushi Tsuji(辻 敦志) @classic0330