BAROQUE Interview vol.30

2001年のバンド結成後、2人体制で臨んだNEW ALBUM「PLANETARY SECRET」。ライブ同様、レコーディングメンバーにはTOKIE(Ba.)、かどしゅんたろう(Dr.)を迎え、新たなBAROQUEサウンドを放ち、ツアー「OPEN YOUR WORLD AND SEE THE LIGHT」では、その世界を体感する場となった。
本イタビューでは、スタジオライブを映像化した「BAROQUE SPECIAL FILMING LIVE FOR BLU-RAY DISC」を中心に、現在のBAROQUEを怜、圭に語ってもらった。

—まず、ツアー「OPEN YOUR WORLD AND SEE THE LIGHT」の9公演目まで終えられましたが、「PLANETARY SECRET の壮大な世界観を表現するにあたり、どういったコンセプトをもって臨まれましたか?

圭:仰る通り、アルバムのテーマが壮大で且つ、作り込まれた感触があるから、ライブを観に来る人たちは「どんなライブになるんだろう?」って期待や、もしかしたら心配も含めてあったと思うんです。だけど、壮大なようでありながらシンプルなメッセージであり、すごくピュアなものだったりするのが今回のアルバムだし、作り込まれた世界を見せるというより、ライブでの体験を見据えて制作していたから、より理解してもらえるツアーになってると思いますね。

怜:まさにそう。このアルバムを手にとって「魅せるライブをするんじゃないか?」って絶対思ってたはずなんですね。だけど、すごく参加出来るライブになったと思うし、逆にそこって自分たちが本来持ってる良さというか。このアルバムの新しいエネルギーが、お客さんと共有出来ることのきっかけを生まれさせたんじゃないかな。

—その「PLANETARY SECRET は、音楽のみならずアートワークやプラネタリウムでの視聴など、一貫したテーマを掲げたアプローチをされた中で、ライブではいかに過去の楽曲たちと交わらせていくかという難しさがあったのでは?

圭:確かに組み込みにくい曲もありましたけど、全く別バンドになったわけではないので(笑)。過去の自分たちとの繋がりを感じるような曲は、自然に組み込めましたし、それによって今の自分たちの成長を感じられたりもして。毎回、各公演でアンコールの1曲目を変えたんですけど、それはアルバムとは関係ない曲を演奏したりしましたね。

─その際、「PLANETARY SECRET に合わせて、過去の楽曲アレンジを練り直したりはしなかったのですか?

怜:エフェクトを試みたりはありましたが、それでも、自然と溶け込んでいる感じがありましたね。「sug life」っていう、初期のアルバムの曲も演奏したんですけど、曲調が変わったんじゃなくてムードが変わったというか。「この曲が分かった気がする」ってMCでも言ったんですけど、お客さんの受け取り方も変わっていたし、そういう不思議な発見もあったんですよね。

 

─それはバンドとしても地続きなんでしょうね。仰られたように、何か急に変わったとかでもなく。

圭:急激な進化だね(笑)。

─(笑)。その進化のきっかけとなる「PLANETARY SECRET は2年ぶりの作品とのことですが、テーマを含めた構想自体は、いつ頃から練られていたのでしょうか?

圭:それは去年の秋ぐらいですね。バンド自体は続いてるとは言え、今の体制に至るまでは紆余曲折があったんです。崩壊しそうなピンチも何度かあったし、2人になってのやり方がなかなか掴めなくて、この2年間は試行錯誤してたんですよ。その中で、これまでのサポートメンバー、そしてTOKIEさんとしゅうたろうさんと出会えて、次に自分たちが何をすべきかや、何を身につけるべきかが見えてきて、新たなバンドに生まれ変われたって感じですね。

─その体制となって、昨年からライブで演奏されている「MEMENTO」が、その象徴でもあり、現在のBAROQUEを担う中核ともなっていますか?

圭:そうですね。2人になってから初めての新曲だったし、同時にサポートの2人と初めて一緒にやった曲なんで、確実に核になっていますね。

—なるほど。元々、かどしゅんたろうさんとはお知り合いだったようですが、TOKIEさんは今回のサポートやアルバムの参加タイミングが初めてですか?

圭:そうです。2人になってから、色んな素晴らしいミュージシャンにサポートしてもらったんですけど、2人になったBAROQUEらしさをイメージした結果、ぱっとTOKIEさんが浮かんだんですよね。もちろん僕らからしたら大先輩で、 前を知ってるだけで面識がなかったんですけど、彼女は唯一無二のベーシストだし、もしかしたら受けてくれるかもしれないからという、ガチンコで聞いてみた感じです。

─その発想になったとき、BAROQUEとしてのバンドイメージが見えていたということですね?

圭:見えてたんですけど、周りの人は「絶対無理だよ」って(笑)。

怜:圭からそれを聞いたとき、「あ、このピースがハマったら、すごい見える気がする」っていうのは話してて。結果、アプローチして良かったなと思いますね(笑)。

—(笑)。実際のライブや制作のサポート現場で、2人はBAROQUEにどういったものをもたらしてくれたと思いますか?

圭:まず、この2人でやっていこうと後押ししてくれたのは、2人の存在があってこそだと思います。音楽性って意味でも確実に引き上げてもらったと思うし、プレイ面でも絶対的な安心感があるんで、今はなんの不安も無いですね。

─例えば怜さん・圭さんが良い意味でライブで暴れても、どっしり支えて構えてくれてる2人みたいな?

圭:そういう部分ももちろんだし、一緒にガッと来てくれるときもあるし。

怜:バンドが求めてるときは、すっと入ってきてくれる。サポートの域を超えたところまで踏み込んでくれる2人なので、そこは大きいですね。

—その体制で臨まれた制作、そしてツアーで実際に披露しているわけですが、オーディエンスへの浸透はどのように見られていますか?

圭:制作したときからライブを考えてたって言いましたけど、一方でぱっと聴いて、わかりやすく盛り上がれるような音楽性ではないとも思うんですよ。 でも、ちゃんとみんなが聴いて来てくれてるんで、共有したいという強い気持ちを持って作った部分は、伝わってるなと思いますね。

─バンドとオーディエンスが共鳴する場所とも言えますね。

圭:今までこれをやってる場所はないけど、また新しく作ろうよっていう感覚でやってます。

─ツアー「OPEN YOUR WORLD AND SEE THE LIGHT は、11公演という発表があった中に、8月12日には「BAROQUE SPECIAL FILMING LIVE FOR BLU-RAY DISC」の発売が控えていますが、これはツアーの一部として位置付けられているという解釈で良いのでしょうか?

怜:そうですね。

—その披露をスタジオライブ収録にすることは、アルバム制作時から構想としてあったものですか?

圭:後半ぐらいに思いつきましたね。去年から今のサポート2人とツアーを周って、新しいバンドを構築していったんですけど、ライブに来た人以外に見せられる機会がなくて。今回、ミュージックビデオにも僕らは出演してないんで、今のバンドの姿をいち早く見せたいなって気持ちがあったんですよね。で、普通だったらライブをシューティングしてリリースするんでしょうけど、待ちきれなくて(笑)。

怜:ホントすぐだったもんね(笑)。

圭:うん。ツアーにも来れない人もいるだろうし、バーチャルなライブじゃないですけど、ツアーの1公演として。ミュージックビデオでもライブでもない、だけど実際にライブしてるような映像が出たら面白いんじゃないかと思ってやってみました。

─では、タイミング的にはツアーが始まる前に撮られていたんですか?

怜:前ですね。アルバムレコーディングが終わってすぐだから、もう2ヶ月ぐらい前。

—先ほど「今のバンドを見せたい」というお話がありましたが、それは加えて「PLANETARY SECRET 」の世界を体感する上でも、必要な映像にもなっていると考えられますよね?

圭:そう。今回感じて欲しかったのは、BAROQUEというバンドは4人の人が音を出して成り立ってるんだっていうこと。アルバムが作り込まれた分、すごくバンドとかけ離れたように感じられる作品な気がするんですよ。でもこれを見るといかにバンドなのかという部分が見えるはずなんで。

─怜さん・圭さんだけではなく、敢えてサポートの2人も出演しているのは、そこがあったんですね。

圭:確かにBAROQUEは2人だけど、今は彼らあってこそのバンドなので。

—今回収めたスタジオライブというアプローチは、BAROQUEとしても初めてですか?

怜:こういうスタイルでやるのは初めてですね。それこそ、映像も照明さんも全員1発撮りなんで、ライブを1公演やるっていうのとなんら変わらないですね。

—オーディエンスのいないライブとも言い換えられますが、演奏側として普段のライブと違いがありましたか?

圭:やっぱり特殊でしたね(笑)。ライブというよりは、アルバムに近いと思うんですよ。完成直後だからこそ出せる、プリミティブさやピュアさみたいなものがあるし、実際やってるときはレコーディングしてるのと変わらない感じがしましたね。

怜:実際、音も出してたし余裕はないですね(笑)。それぞれの映像の顔見ると「あーもうこれ」って(笑)。すごい入り込んでるし、緊張感もすごい。スタジオライブとも言えるし、スタジオレコーディングとも言えますね。しかも、それを映像チームや照明チームと一緒に共有出来たっていうのはデカイですね。

—その映像で、プロジェクションマッピングを用いられましたが、そういったリアルタイム性を打ち出す要素として、今回は取り入れられたのでしょうか?

圭:「ミュージックビデオでもなくてライブビデオでもないものを作ろう っていうのがあったんで、VJも含めてその一瞬でしか出来ないものを閉じ込めることにしました。

─なるほど。収録された映像について解説をいただきたいのですが、「PURIFY」では、深い闇から時折みせる眩い光が印象的ですが、楽曲や歌詞の持つ世界観と、どういったリンクが表現されているのでしょうか?

怜:この映像って、後ろ側から撮ったりもしてるんですけど、すごい淡白に言うと光をすごく使ってくれたんですよね。もともと星空のテーマの中でやってたんで、その光の印象が強くなっている部分が、それに当たると思います。

—確かに。続く「PLANETARY LIGHT」では、幾千の星と座標が映し出され、BAROQUE自体が宇宙となって放つような世界が見えました。演奏している間は、もちろんその映像が見えていないわけですが、色彩がかなり際立つように思えたのですが?

圭:実は、アーティスト写真やトレイラーではそうなんですけど、この作品は全て白黒で出そうと思ってたんですよ。でも撮ったものを見たら、カラーで出すべきかなって変えたんですよね。

怜:最終的にチェックしたとき、カラーである方が「PLANETARY LIGHT」の世界がより伝わったんですよね。色の持つパワーを改めて知れましたね。

—その放たれた色彩から「DREAMSCAPE に続き、オーディエンスが映し出されるシーンは、まさにBAROQUEの今を象徴しているような世界を感じました。そうした映像は、楽曲に込められたものを投影させるものだったのでしょうか?

圭:今回、アルバムリリースの直前に収録曲を公開したんです。そのときに1つ1つの曲に対して、ビジュアルイメージを併せて公開したんですけど、それを軸に今回の映像を作ってるんです。「DREAMSCAPE」はオーディエンスのビジュアルイメージで、「オーディエンスとコミュニケーションしよう」っていうのを前提に作ったので、このVJになりました。「DREAMSCAPE」で映ってる中には、そのビジュアルイメージを使ったシーンもあります。

─ということは、この映像を通して、楽曲の答え合わせが出来る側面も持ち合わせていますよね。

怜:まさにそうですね。

—先日、七夕の日限定で公開もされた「CELEBRATE」では、怜さんがライトを手にしていますが、怜さんからのアイディアだったんですか?

怜:あれは映像チームからのアイディアだったんですけど、自然に渡されただけなんですよ。しかも歌う直前に「何も考えないでいいから」って渡されて(笑)。特に何かを照らそうとか俺は考えてないんですけど、それを映像で改めて見たときに、これを持った意味や光の温かさに気づかされましたね。

─確かにこの映像から滲み出る”温度”が伝わってきます。

怜:もし俺が「何かを持ちたい、照らしたい」 って言ってたら、もう少し違ったかもしれない。何も考えないまま持ったっていうのが良かったと思います。

─偶発的なシーンが収められたことで、逆にリアリティのある温かさになったんでしょうね。次は、幾何学模様が印象的な「SKY WALKER」。バスドラに合わせて変化したり、先進的な仕上がりとなっていますが、2人はどのようにそれを捉えられました?

圭:「SKY WALKER」はこの時代のイメージが結構強かったんで、まさにピッタリな感じでしたね。

怜:イメージ通りといえばイメージ通りだし、やってるときは真っ白な世界でしかなかったんで、最初は「どのくらいまで出てるんだろう」って思ってました。実際に見て、スタイリッシュさもあるし、でも冷たくはない。こういったアプローチもあるんだなとは思いましたね。

─どの楽曲も一貫したテーマがあることによって、先程からキーワードで出てくる光や温かみが映像としてもコアになっていますよね。その象徴として、「SWALLOW THE NIGHT」でもそうですが、TAKASHI KONDOさんの造形作品が映っています。

圭:これは今回のアートワークをTAKASHI KONDOさんと一緒にやろうってことが決まってたんで、アルバムのテーマを伝えたときに、彼がオブジェを作ってきたんですね。実際の立体図でアルバムのテーマに沿ったり、収録される楽曲を聴きながら作ってくれたことで、表現されていると思います。

—表現をする部分で言えば、「PURIFY」のアウトロ共にメンバーが映されたシーンでは、普段を覗かせていただいているような映像になっていて、「バンドなんだな」と改めて思いました。

圭:あれは映像チームが勝手に入れてきました(笑)。

怜:その一日を通しての様子を撮っていて、それを作品に含めても面白いんじゃないかと。仰るようにバンド感を表現したかったので、本当はサポートメンバーなんですけど、演奏してるとき以外でもバンドメンバーと変わらないですからね。

─スタジオライブはもちろん、この雑談のシーンでさえBAROQUEはバンドであることを見せられているシーンとなっていますね。また、怜さんがキャンドルにマッチで火を灯すシーンから始まる「SILENT PICTURE」、あの演出はニクいですよね(笑)。

怜:あれが1番緊張しました(笑)。1回で火を灯すっていうのをその日に聞いて、その瞬間に演奏が始まるんです。

─実際の現場はキャンドルのみの明かりだったんですか?

怜:確かにキャンドルの灯りが強かったんですけど、VJもあるし、カメラのエフェクトもあったと思います。俺は気づかされた部分が多くて、こういうアプローチの仕方によって、1番入り込めたし。

—「ORIGINAL LOVE」もそうですよね。真っ白な空間に圭さんが浮かび上がり、時折映し出される小さな手が歌詞ともリンクしていて。

圭:すごいシンプルな映像なんですけど、真っ白な中で何かに包まれているものを表現しようとしました。曲自体、すごく無垢な愛を表現しているんで、映像もすごくリンクしたと思います。

—そしてラストの「MEMENTO」で開いた蕾には、どのようなメッセージが込められているのでしょうか?

圭:例えば「ORIGINAL LOVE」が個人・人としての愛を描いた曲だとしたら、「MEMENTO」はもっとスケールが大きいマクロな世界で、地球全体としての愛という、ちょっとぶっ飛んだ話になるんですけど(笑)。生命力とかそういうものを感じさせる曲なんで。僕ら個人は圭という人間・怜という人間で、マクロで見ればBAROQUEじゃないですか。でももっと大きな視点で見れば、日本人であり、さらに大きく見れば地球中の1人であり、宇宙から見たら僕らは地球の一部という視点の曲なんですよね。

—全てに対する愛のような?

圭:生命に対する愛っていうか。自分たちも、今まで描いたことないぐらい大きなメッセージを持っている曲だったんで、なかなか言葉では表現しづらい部分を花が咲くことや、自然の持つ生命力っていうのが映像としてマッチするんですよね。

怜:自分を超えてるんですよね。これを歌ってるときも思うんですけど、自分じゃないものを見ています。それを伝える使命があると思うし、大きな意味がある曲です。映像チームが、この曲が持つテーマを見出したのは平和だったりもするしね。

─すごく開けていますよね。誰しもが持つテーマでもありますし。

怜:1番心が開けてるし、どんな人にでも伝わるんじゃないかな。みんなが気づいてそうで、気づいていない気持ちが見出せるだろうし。

─届いた人には、ビジュアルでも表現されていた、蕾が開く瞬間が訪れるんでしょうね。因みに「BAROQUE SPECIAL FILMING LIVE FOR BLU-RAY DISC」含め、ツアーには太陽系の惑星をサブタイトルとされていますが、「Moon」とされたのは?

圭:月って地球から見れるじゃないですか。だからどこにいても「Moon」を体験できるという風になったら面白いですよね。

—8月14日に行われるO-EASTでの「Sun」で「OPEN YOUR WORLD AND SEE THE LIGHT」が完結しますが、テーマにも掲げた”唯一無二の存在であること””生きる美しさを見つめ直す”は、BAROQUEとしても確かめ合えたことだったのでしょうか?

圭:そうですね。事実として、ライブは来てくれた1人1人がいなければと成り立たないし、ステージの上と下というボーダーが無い状態のときが、良いライブだったりするので、究極のコミュニケーションだと思います。ミクロ・マクロの話じゃないですけど、全てにおいてこの世の中や時代生きているみんながいるから、成り立ってるものだと思うし、ライブはその縮図な気がするんですよね。1つの同じエネルギーの下で、何かを達成する・共有するときに、人間ってすごく楽しさや生きがいを感じるんですよ。

—人と繋がり合えたときがそうですよね。

圭:ライブはそういう場だと思ってて。それを味わって、分かり合えたのが今回のツアーだったと思いますね。

怜:俺も本当にそう思っていて、この時代って何でも情報が得られるし、こうやって集まることって、本当に強い思いがないと難しい。しかも、今回はアルバムまで時間が空いていた中で、それでも集まってくれた人と共有できたと思うし、そういうことを各地で感じられましたね。次の14日も、ある意味どの会場でも変わらないような気持ちや繋がりがあるんじゃないかな。

─簡単な言葉になってしまいますが、これが「ライブ」なんですよね。

圭:ですね。ただ観せたいだけではないんだよっていうね。

—ある意味BAROQUEのベストアルバムとも言い換えられるような「PLANETARY SECRET」を生み出され、それを各地のライブ会場で作品を通した共有をされましたが、2人の中で変わったこと、もしくは成し遂げられたことは何かありますか?

圭:個人的には、このアルバムを出したことによってゼロになれた感じですね。 今まで色々あってマイナスだったんですけど(笑)、今回はテーマを含め、今までの人生で辿り着けなかった場所に行けたアルバムだし。壮大なテーマであると同時にパーソナルなテーマでもあるから、この時期のこのタイミングで、自分の芯に気づけたことは、すごく人生にとって大事なものになりましたね。

─2人の役割がはっきりしたことによって、BAROQUEが明確になったのかもしれないですね。

圭:そうですね。そういう状況じゃなきゃ絶対に生まれてないですね。

怜:圭は曲を生む人、僕はそれを言葉で表現する人っていう部分が明確になったっていうのはあるんで。受け取るときに話す時間が増えたんですよ。圭の生む気持ちやテーマについて、すごく掘り下げて前よりもシンプルに出来たし。

圭:音楽っていっぱい作り方ってあるんですよ。ずっと学んでいれば小手先で曲も構成も出来る。でも、明らかにそうやって作ったものと、自ら生み出したものって別なのに、違いが今までわからなかったんですね。

—良い意味で両方の作り方が出来る分?

圭:うん。例えば職業作家になって、ニーズに合わせることはもちろん素晴らしい仕事で能力なんですけど、僕がこのアルバムでやったことはそれとは対極にあることなんですね。その良し悪しがわかっていなくて。

─自分の存在を曝け出す音楽に向き合って良いかということですか?

圭:そうですね。それって神聖な行為でもあるし、どういう風に世の中へ音楽を発信していいのか、今までは不安定だったんですけど、それがすごくはっきり出来たアルバムでしたね。メンバーは減ってしまったけど、音楽を通して新しく繋がったミュージシャンやスタッフがいる。それこそがBAROQUEだと思うしね。

─圭さんは自分自身を出すことがこのアルバムを通して出来たとのことですが、最小限に構成された歌詞からも伝わるんですけど、怜さんにも当てはまるのでないでしょうか?

怜:そうなんです。ここに自分っていうものを通過させた前提で、色んなメッセージを入れることよりも、1番伝えたいことを今回は歌詞にしたので。

─そう伺っていくと、今のBAROQUEを体験して「次に何が出てくるの?」っていう期待が膨らみますね。

圭:そうですね。僕は曲を作るとき、自分自身が受信機みたいなものだと思っているんですよ。自分が成長すればする程、色んなこと知れば知る程、求めれば求める程、音楽が来てくれる。今がそういう感覚になってて、どこに行っても自分自身を受け入れられた分、自信があるんですよね。

—芯がしっかりした分、周りの全てがシナジーとして活かせる状態にもありますよね。

圭:どんな世界でも、どんな先輩と一緒でも、どんなジャンルの人でも、自分たちの音楽を通して感動させたいっていうことに尽きるんですよね。自分の信念として、それをたくさんの人に広めれば、少しでも世界が良くなると思ってるから。あとはそれを磨くだけですね。僕はステージの上でギター弾くことしか出来ないんですけど、届けるために何万人であろうが10人であろうがその心に突き刺すだけです。

怜:もうシンプルに心を開いて、今あるものを最大限伝えるってことですね。

─2人のポジティブなお話を伺うと、今の状態の良さも伝わりますし、答えもすごく自信に溢れているので、「PLANETARY SECRET」がBAROQUEにもたらしたことは本当に大きいですね。

圭:やっぱり僕らみたいなバンドが大きくなっていくには、たくさんのハードルを越えなきゃいけないと思っています。ジャンルの壁もそうですけど、それを別に壊そうとは思っていないというか(笑)。「PLANETARY SECRET」を作って、常に全てを愛していけると思えたことは大きいし、自分たちが出来ると思ってて出来ないことは、この世の中にはないことが証明出来たはずだから。


取材:2015.06.22
インタビュー・テキスト:Atsushi Tsuji

リリース情報

BAROQUE SPECIAL FILMING LIVE FOR BLU-RAY DISC
OPEN YOUR WORLD AND SEE THE LIGHT [Moon]
2015/08/12 Release
<通販限定盤>【数量限定】 (Blu-ray+DVD+CD) ※特殊パッケージ仕様
PGSK-003〜5 ¥8,200 (税込)
Manufactured & Distributed by FWD Inc.
BAROQUE 通販サイト
http://www.e-fanclub.com/baroque/
<一般流通盤> SFXD-0016 ¥5,800+税込
Manufactured by FIREWALL DIV. Distributed by Sony Music Marketing Inc.

NEW ALBUM
PLANETARY SECRET
NOW ON SALE
<一般流通盤> (CDのみ)
SFCD-0155 ¥3,000+税
Manufactured by FIREWALL DIV.  Distributed by Sony Music Marketing Inc.

iTunes Store全世界111ヶ国にて先行配信中
https://itunes.apple.com/jp/album/planetary-secret/id998299685

 

【ライブ情報】

2015/08/10(mon) 心斎橋BIGCAT
OPEN 17:00 / START 17:30
【出演】 メインステージ: BAROQUE / ラックライフ / cinema staff / SHE’S / Ivy to Fraudulent Game アコースティックステージ: ヒグチアイ / 大山藍 / 瀬戸山智之助 オープニングアクト:KU-NEL MYMY
ローソンチケット 0570-084-005(L:51456)
チケットぴあ 0570-02-9999(P:265-556)
イープラス http://eplus.jp
SCWEB http://www.sound-c.co.jp/ticket/
info. SOUND CREATOR 06-6357-4400
チケット料金:スタンディング ¥3,000(ドリンク別)
チケット:発売中BAROQUE TOUR 2015 OPEN YOUR WORLD AND SEE THE LIGHT

[Moon]
2015/08/12(wed) BAROQUE SPECIAL FILMING LIVE FOR BLU-RAY DISC RELEASE
OPEN YOUR WORLD AND SEE THE LIGHT [Moon]
[Sun]
2015/08/14(fri) TSUTAYA O-EAST
OPEN 18:15 / START 19:00
ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:75099)
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:260-076)
イープラス http://eplus.jp
info. NEXTROAD 03-5114-7444(平日14:00~18:00)
チケット料金:スタンディング ¥5,400(ドリンク別)
チケット:発売中