tsuyoshi_theBONEZ

T$UYO$HI ( The BONEZ ) インタビューvol.55

最新にして最高のアルバム「WOKE」をリリースしたThe BONEZ。
約2年振りのアルバムとなった今作は、バンドのストーリーや感情が余すことなく詰め込まれており、The BONEZはいかにして今作を作り上げたのか?
そして、PTP以来となるZEPP TOKYOへの思いをT$UYO$HIから存分に語ってもらった。

ー明らかに前作と違うところは、全員でメロディーへの取り組みをした

すごいアルバム作りましたね。これまでを広げるというより、これまでの武器や細胞を全部使って、純度100%のThe BONEZみたいな。
T$UYO$HI:今回は幅を広げることはやったつもりはなくて、俺的には「To a person that may save someone」と「Astronaut」の間をいったイメージかな。

壮大さもあるし、でも荒々しい部分も残してっていう。これ、褒めの言葉として捉えていただきたいんですけど、「Until you wake up」を聴いた瞬間「Foo Fightersじゃん!」って思って。

T$UYO$HI:あ、俺はそういうつもりでこの曲の始まり方をアレンジしたよ(笑)。JESSEの弾き語りで始まるけど、最初はバンドインの「ワンー・ツー・スリー・フォー」から始まる曲だった。でも最初からバーンと始まるんじゃなくて、JESSEのイメージがある人がこれを聴いたらドキっとするかなっと思って「こういう始まり方やってみない?」って、弾き語りを頭にくっつけて。で、「これ1曲目にしたら面白いと思うんだけど?」ってこうなった。まさに俺はFoo Fightersの「The Colour And The Shape」の始まり方のイメージだった。

これは気持ちよく裏切られましたね。アルバムの1曲目を飾るからこその威力もあるし。
T$UYO$HI:最初は、俺の中で1曲目に「Rude Boy」かなと想定してたんですけど、「Until you wake up」にこのイントロくっつけたことで、アルバムを飾る1曲目になった。曲順を決めたのは最後なんだけど、このアレンジができてこれが1曲目確定の上でそれ以降のアルバムの曲順を考えた感じ。

さらに、U2ばりの壮大さがある「Bird ~people with wings~」が2曲目だったのは、このアルバムの凄さを示すには充分すぎる楽曲だったなと。
T$UYO$HI:「Bird ~people with wings~」を2曲目にするか否かで、結構ギリギリまで意見が分かれてて。ZAXは「このアルバムは名盤やなって感じさせたいから2曲目にしたい」って。JESSEと俺は「”今回はライブ感のあるアルバムにしよう”って言ったのに、2曲目で「Bird ~people with wings~」はいきなり壮大過ぎないかな?」みたいな意見だったり。ホント最後のギリギリで、この位置になった。

この位置に収まるまで紆余曲折あったにせよ、この曲は特別な感じもするんですよね。
T$UYO$HI:今年の1月に、LAへ行ったときに出来た曲なんで重要です。アルバムジャケットのインディアンも、この曲のイメージでショウちゃんが描いたもので。最初は緑バックじゃなくて、星空にインディアンが描いてある絵だったんだけど、曲が出ていくに連れて、そのインディアンがあくまで「Bird ~people with wings~」のイメージ過ぎて、アルバムを象徴しているものではないんじゃないかっていう意見も出てきて。

他の曲も強力だから、逆に引っ張られ過ぎちゃってる?
T$UYO$HI:そう。「Bird ~people with wings~」ができた後に作っていった、後半の曲が予想以上に強力過ぎて(笑)。実は前半のレコーディングで「Bird ~people with wings~」を含めた4曲ぐらい録れてたんですけど、ちょっと俺的には「Bird ~people with wings~」の歌のテイクが、どうもしっくりきてなくて。結局、最後の方で歌をJESSEに録り直してもらったんです。

他の曲と何かズレていたりとか?
T$UYO$HI:なんか固いっていうか、デモで録った歌の方が伸びやかでいいなあと思って。歌のピッチはバッチリ合ってるんだけど、何かぐっとこない感じがしてて。で、JESSEに「”Bird ~people with wings~”の歌なんだけど、もう1回録り直さない?」って。そしたら、実はJESSEも気にいってなくて。最後のタームで録り直してMIXしたら、メチャクチャ良くなって蘇った感じ。ピッチは良くても無機質だったところが、LAでの俺らのグルーヴや雰囲気、感情がバッチリ出て、そういうニュアンスって大事だなって思った。

そういう歌へのこだわりは、JESSE以外のメンバーも積極的に意見をし合う環境なんですか?
T$UYO$HI:今回、明らかに前作と違うところは、全員でメロディーへの取り組みをしたってところです。レコーディング前半までや前作は、楽器テックの永野さんにジャッジをしてもらって、綺麗に歌を歌うことはできた。でも、いまいち感情が入りきれてない気がするっていう、JESSEの思いがあって。で、永野さんにも相談して、後半はメンバーとJESSEで基本ジャッジをしていくっていう録り方に挑戦してみようと。
それからCharさんのスタジオにプリプロで4日間入って、「LIFE」「Anthem」「One more」「See you again」とかの歌メロが出来て、そのときの集中力が凄かった。例えば「LIFE」にしても、俺は元から仮タイトルに”LIFE”ってつけてたんだけど、そういうイメージワードを元に、ただのハッピーなパーティーソングじゃなくて、大きいテーマな歌詞にして欲しいんだよねって投げると、それをJESSEはすぐ広げる。メロディーを作ってるときも「JESSE、そこのメロディー◯◯」とか、ハモも「こうじゃない?」とかって、歌メロってものに対して全員でやったんだよね。みんなでメロディーを考えつつ、その場でJESSEは歌詞も書く。その場で歌詞の意味もみんなに説明してくれたりとかしてやりながら、マジで集中してたから精神と時の部屋じゃないけど、その分ドッと疲れたっていうか。家に帰ってからみんな言ってたんだけど「すげー爆睡しちゃってさ」みたいな(笑)。

(笑)。今回のアルバム制作において、メンバーが歌へ向き合ってる姿勢が曲と同じくらい強いですよね。
T$UYO$HI: NAKAは前々から、歌詞や歌をみんなでやるのもいいと思うって言ってて。最初のきっかけはやっぱ「Bird ~people with wings~」かな。具体的に言うと、最初にJESSEがつけたメロは1Aは低いキーで歌って、2Aはそれの1オクターブ上で歌うっていう作り方をしてたんだけど、メロはいい感じだけどJESSEが歌うには、低すぎるし高すぎると思った。それを今の完成したヴァージョンに「こういうメロはどう?」って作り変えたんだけど、JESSEも歌いやすいってなって。その辺から、キーやメロに対する取り組み方が始まってった感じかな。
俺も昔は、歌はあんまわかんねえから任せるよって感じだったのが、映画『咲-Saki-』の劇伴の仕事とかやったお陰で、コードに対してのメロディーやハモのつけ方がわかってきた部分が大きい。

個々の活動での反映や活かし方あるっていうのはデカイですね。そこにJESSEの意見を受け止める姿勢もあってこそだし。
T$UYO$HI:そう。俺らも、ジャッジを任せちゃった部分が良くなかったなって。プリプロで、メンバーだけでやった時のニュアンスがJESSEはすごく良かったらしくて「俺はメンバーが今のテイクどう思うかとかちゃんと聞けてなかったから、今回こうやって聞けてやれたのがすげえいいから、この感覚でやりたい」って。そのプリプロができたことは、このアルバムを作る上で大事だったと思う。

ーこのバンド人生の中で、一番肩の力を抜いて作れたアルバム

メロや歌詞も然りですが、曲自体も4人でジャムりながらですか?
T$UYO$HI:ジャムって作ってる部分がメインではあるし、みんなその感触が残ってると思う。でも、実は半分そうで半分違うっていうか。例えば「Bird ~people with wings~」だと、夜中にレッドロックっていうところにみんなで行って、一晩中焚き火して凄い景色を観て、今までのThe BONEZの全曲を1台の車で聴きながら帰ってきたっていう。その日にThe BONEZは生まれ変わったし、絶対にパワーアップした。で、その夜にスタジオでジャムって出来たのがこの曲なんだけど、もちろんその時には鳴ってないBメロのピアノとか、シンセのイメージが俺の頭の中にあって。日本に戻ってから、iPhoneで録音しといたスタジオの音を元に、自宅でドラムを打ち込んでギター、ベースをバーっと弾いて録って、ピアノやシンセを入れたりちょっとしたアレンジをしたデモの形にして、改めてみんなに聴かせる。「Rude Boy」もジャムでは最後の展開はなくて、ホントはあそこで終わってたの。だけど、最後の3拍子になる部分は、このままただアッパーな曲で終わるんじゃなくて、もう一展開欲しいなって思って、俺が作るデモの段階で付け足したりとか。

半分の意味ってそういうことだったんですね。前作だと、結構T$UYO$HIさんが作り込んできたものをっていうパターンが多々ありましたよね。
T$UYO$HI:そうだね。みんなでジャムらずに、俺が家で一から全部曲を作ったのは、今回は「LIFE」と「See you again」だけだね。今作は、基本的にスタジオで誰かが演奏したものだったりをビルドアップする作業にしたからね。みんなでジャムった曲だから、それぞれ作った感触やフレーズも残ってるし、俺は全員のプレイやイメージを元に更にアレンジしてみたり、すごくうまくいったかな。それこそ「Anthem」とかは、3年ぐらい前の合宿でNAKAが持ってきた曲で。いつかちゃんとカタチにしたいなってとっておいた曲なんだけど、今回NAKAがイニシアチブをとって完成しましたね。後はZAXが初めて作った「One more」。

初ですか!T$UYO$HIさん自体も構成にはノンタッチ?
T$UYO$HI:全くいじってないっすね。今回、アイツが「俺も曲作ったるー!」ってギターとMacBookProを買って、Logicも導入してドラムとギターのデモを作ってきたの。NAKAがフレーズを足したりしてるけど、基本のギターや曲の構成はほぼZAXのデモのまま。更に面白い話があって、俺とZAXでロンドン行ったでしょ。そのときに、俺はこの曲のベースのデモを仕事の合間に、Abbey・Road StudioのThe Beatlesの写真が貼ってある部屋で、パソコン立ち上げてデモを録ったっていう。なのでちょっとポールを意識して、メロディックなベースになってたりする。そのデモに偶然入っちゃったベースのハーモニクスが凄い良くて、その部分だけはアビーロードで弾いたデモのベースのテイクを使ってます。つまりはこの曲はロンドンレコーディングですよ(笑)。


最高!ちょっと意地悪な聞き方すると、ZAXの初楽曲ではありますけど、大凡のギターはZAXが持ってきたもので、それをNAKAが弾くことに抵抗って生まれないんですかね?
T$UYO$HI:前回はあったと思うよ。俺らはあんま意識してなかったけど、前作はそういう固さもあったみたい。でも今回は、そういうエゴじゃないけど「俺はこれなんか違うなあ」みたいなものは捨てて、なんでも挑戦しようって気持ちでいたみたい。俺もデモを作るときは極力NAKAが弾いたフレーズで構成していったし、前回はそれをしなかった反省もあって。実際のやりとりで「もう1回これ弾いて。これNAKAが弾いてたフレーズだよ」「あ、そうか」ってなった方がお互いやりやすいしスムーズになる。

そう伺うと「To a person that may save someone」のレコーディングよりメンバーの間柄も良くなってますよね。
T$UYO$HI:このバンド人生の中で、一番肩の力を抜いて作れたアルバムだと思う。前作は大変なことというかイメージ通りにならないこともあったりはしたしね。例えばサウンドにしても、自分の頭の中にあるイメージを人に伝えるのは難しかった。イメージの掛け違いでうーんってなってお互いストレスみたいな場面もあったし。

それは良くないですね。
T$UYO$HI:そう。もちろん、前回の方がチャレンジが多かったと思うから仕方ないんだけど、今回はそういう要素も乗りこなせるようになった部分もあるし、自分の血となり肉となってるものをそのままやってる感じだったから、みんなも楽しかったと思うしクリエイティブな感じでできたと思うよ。

1

2 3