Neil Young、『Harvest』の再現ライヴに多額のオファーがあったものの断ったと明かす

Neil Young

ニール・ヤングは1972年発表の名作『ハーヴェスト』を再現するライヴについて多額のオファーを受けたものの断ったことを明かしている。

ニール・ヤングは10月25日にクレイジー・ホースとの7年ぶりとなるニュー・アルバム『コロラド』をリリースしている。

ニール・ヤングは今回『AARPマガジン』によるインタヴューに応じて「『ハーヴェスト』の再現ツアーのために数百万ドルのオファーを受けたんだ」と語っている。

通算4作目のアルバムである『ハーヴェスト』はストレイ・ゲイターズと呼ばれたセッション・ミュージシャンと共にレコーディングされている。しかし、ストレイ・ゲイターズはピアニストであるジャック・ニーチェが2000年に、ドラマーのケニー・バトリーが2004年に、ペダル・スティール・ギタリストであるスティーヴ・バトリーが2010年に亡くなっているほか、2015年には最後のメンバーだったベーシストのティム・ドラモンドが亡くなっている。

ニール・ヤングは次のように続けている。「『ハーヴェスト』で演奏している人たちは全員亡くなっているわけでさ。僕としてはやりたくなくてね。収穫(ハーヴェスト)する代わりに、新しく植えたらどうだい? っていうね」

現在72歳のニール・ヤングは引退する可能性についても言及して、歳を重ねるにつれてライヴがつらくなってきたことを認めながらも、引退するつもりはないとして、何度もフェアウェル・ツアーを行っているシェールに言及しながら次のように語っている。「(もしフェアウェル・ツアーをやれば)シェールのような気分になるだろうね。興味が尽きてしまわない限りは引退すべきじゃないんだよ。僕はまだ興味があるからね」

「演奏する時に、以前は痛まなかった場所が痛むようになったんだ。前ほど声も通らなくなってきたしね。かつてのような歌声ではなくなってしまったんだ」

彼は次のように続けている。「過去から変わらないものがあれば見せてほしいよ。未来はいいものだと思っているんだ。要するに、進み続けるのを止めてはいけないということなんだよ」

同じインタヴューの中で、ニール・ヤングはクロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングを再結成する可能性はあるかという質問にも答えており、スティーヴン・スティルスやグラハム・ナッシュのことは「愛している」ものの、デヴィッド・クロスビーとは良好な関係にないとして次のように応じている。

「クロスビーは『どうして人々は僕に話しかけなくなったのか?』っていう題で回顧録を書くべきだね」とニール・ヤングは語っている。「彼は長きにわたって素晴らしい音楽をたくさん作ってきたけどさ。デヴィッドに何が起きたのかは知らないよ。何も言うことはないね」

「スティーヴンのことは愛しているし、グラハムのことも愛している。再結成が実現すれば驚きだね」と彼は語り、次のように続けている。「何に対しても扉を閉ざすつもりはないよ。僕も彼らと遺恨を抱えているけど、そこに理由があれば、分からないよね」

関連NEWS

  1. Neil Young

    Neil Young、未発表曲「Daughters」のMV公開

  2. Neil YoungとBob Dylan

    Neil YoungとBob Dylan、アイルランド公演も行うことを発表

  3. Neil Young

    Neil Young、大統領候補としてバーニー・サンダースの支持を表明する長文を投稿

  4. ニール・ヤング、1976年の秘蔵音源による新ライヴ盤より“Campaigner”の音源が公開

  5. Bob DylanとNeil Young

    Bob DylanとNeil Young、25年ぶりにステージで共演

  6. Neil Young

    Neil Young、1980年代にレコーディングした音源をアルバムとしてリリースすることに

  7. neil young

    Neil Young、亡くなった元妻のペギー・ヤングに追悼の意を表明

  8. ニール・ヤング、レコード会社が自身のハイレゾ音楽プレイヤー「PONO」を殺したと主張

  9. Neil Young

    Neil Young、ドナルド・トランプ大統領に起こしていた訴訟を自主的に諦めたことが明らかに

  10. Neil Young

    Neil Youngの楽曲の権利を購入したヒプノシス、楽曲の購入基準について語る

  11. Neil Young

    Neil Young、音質についての自身の考えを綴った新たな書籍を刊行することが明らかに

  12. Neil Young

    Neil Young、3つの過去音源のプロジェクトが今年リリースされることが明らかに

  13. ボブ・ディランとニール・ヤング、来夏のハイド・パーク公演で共同ヘッドライナーを務めることに

  14. Neil Young

    Neil Young、『After the Gold Rush』の50周年盤をリリースすることが明らかに

  15. Neil Young

    Neil Young、アメリカ国民に対して希望を訴えかけるメッセージを公開