Stereophonics、DAVID BOWIEの影響で“Dakota”を書いたことを明かす

Stereophonics

ステレオフォニックスのケリー・ジョーンズはヒット曲“Dakota”についてデヴィッド・ボウイの影響があったことを明かしている。

2005年にリリースされた“Dakota”はステレオフォニックスの通算5作目のアルバム『ランゲージ・セックス・ヴァイオレンス・アザー?』に収録され、今でもライヴの定番曲となっている。

3月6日に行われたロンドンのO2アリーナ公演でケリー・ジョーンズは2003年に一緒にツアーした時にデヴィッド・ボウイが“Dakota”の誕生に関わっていることを明かしている。

ケリー・ジョーンズはデヴィッド・ボウイが各公演のサウンドチェックを訪れていたと説明し、観客に次のように語っている。「デヴィッド・ボウイはよく観に来てくれたんだけど、彼の時間を無駄にしたくないと思ってね」

「それで、45秒曲をやったら、1分間別の曲をやるという感じでね。それで、また別の曲を1分やって、30秒別の曲をやるという感じでやったんだ」

彼は次のように続けている。「それでステージを降りて楽屋に向かっていたら、デヴィッド・ボウイが肩に手をかけて、一緒に歩いて『あの曲のいくつかを伸ばしたら、いいものになるかもしれないよ』と言ってくれたんだ」

「それでこの曲を書いたんだ。“Dakota”っていう曲なんだけどさ」

ステレオフォニックスは現在、通算11作目のアルバム『カインド』を引っ提げたUKツアーを行っており、7月にはスコットランドとウェールズで2つの屋外公演を行うことが決定している。

関連NEWS

  1. DAVID BOWIE、4周忌を迎えたことを受けて妻や息子が追悼のメッセージを寄せる

  2. Jarvis Cocker

    Jarvis Cocker、1996年のMichael Jacksonをめぐる騒動でデヴィッド・ボウイに助けられたと語る

  3. デヴィッド・ボウイ、71回目の誕生日を記念して“Let’s Dance”のデモ音源が公開

  4. DAVID BOWIE

    DAVID BOWIEの息子、エイプリル・フールに父にまつわるアニメーションを制作中と冗談

  5. Stereophonics

    Stereophonics、10月リリースの新作より“Fly Like An Eagle”のMVが公開

  6. ナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナー、デヴィッド・ボウイの存在について語る

  7. DAVID BOWIE

    DAVID BOWIE、95年のバーミンガム公演を収録したライヴ・アルバムの発売が決定

  8. DAVID BOWIE

    DAVID BOWIE、3Dのアートワークのために撮影された未公開映像がオンラインで公開

  9. DAVID BOWIE

    DAVID BOWIE、王立造幣局による記念硬貨が発売

  10. DAVID BOWIE

    DAVID BOWIE、『VH1ストーリーテラーズ』のアナログ盤が初めてリリースされることに

  11. DAVID BOWIE

    映画『ビサイド・ボウイ ミック・ロンソンの軌跡』、吉井和哉提供のミック・ロンソンの衣装が劇場ロビーに展示されることに

  12. DAVID BOWIEとGeorge Michael

    DAVID BOWIEとGeorge Michael、歴史的人物が掲載される英国人名事典に加わることに

  13. Kevin Cummins

    ボンジュール・レコード、Kevin Cumminsの写真を使用したカプセルコレクションを販売

  14. DAVID BOWIE

    DAVID BOWIE、スパイダーズ・フロム・マーズのドラマーが当時の薬物事情について語る

  15. System Of A Down

    System Of A DownのJohn Dolmayan、Serj Tankianが参加した“Starman”のカヴァーを公開