John Lennon殺害のマーク・チャップマン、Ono Yokoへの謝罪の意志を語る

John Lennon

ジョン・レノンを殺害したマーク・チャップマンはその死から40年が経とうとするなか、妻のオノ・ヨーコに謝罪している。

マーク・チャップマンは1980年12月にジョン・レノンのマンハッタンのアパートの外でオノ・ヨーコが目撃する中でジョン・レノンを銃撃している。

マーク・チャップマンは今年の8月19日にニューヨークで行われた公判で仮釈放申請が却下されている。公判の中でマーク・チャップマンは自身の衝撃的な犯罪について死刑に値すると語り、当時40歳のジョン・レノンを「虚栄心」のために殺したと述べている。

「自分の犯罪について申し訳なく思っていることを繰り返し言わせていただきます」とマーク・チャップマンはニューヨークのウェンデ刑務所で開かれた仮釈放委員会と語っている。「言い訳などありません。自分の虚栄心のための犯罪でした。無実の人のために行い得る最悪の犯罪だったと思います」

「彼はものすごく有名でした。彼の人格とか、彼がどういう人間だったかによっと殺したわけじゃありません。彼には家族がありました。彼はアイコンでした。彼は私たちが今喋っているようなことを喋っている人でした。そして、それは偉大なことだったのです」

彼は次のように続けている。「私が彼を暗殺したのは以前に言われた言葉通り、彼がものすごく有名だったから、それだけです。私は非常に自分の名誉を求めていて、自分勝手だったのです」

「私はそう言わせていただきたいし、大いに強調しておきたいと思います。非常に身勝手な行動でした。私のためによる痛みについて彼女に申し訳なく思っています。ずっとそのことを考えています」

プレス・アソシエーションによれば、マーク・チャップマンの仮釈放申請は「社会福祉と相容れない」として却下されている。

マーク・チャップマンは2007年に死刑が廃止されたが、自分は死刑に値すると続けている。

「故意に誰かの殺害を計画して、それが間違っていることを知りつつ、自分のためにやったとすれば、私の意見ではまさに死刑に値すると思っています」と彼は述べている。「私に同意しない人もいて、今は誰しもに2度目のチャンスがあります」

彼は次のように続けている。「私はそうしたものにまったく値しません。残りの人生をここで過ごすように法やあなたが判断するならば、まったく異論はありません」

マーク・チャップマンは犯行時25歳だったが、今は収容されている施設の近くに暮らす妻と結婚している。

彼の仮釈放申請は2年後となっている。

関連NEWS

  1. Beatles

    Beatlesを知らない世界を描いた映画『イエスタデイ』、邦題&日本公開日が決定

  2. DOUBLE FANTASY -John & Yoko

    「DOUBLE FANTASY -John & Yoko」東京展独自展示コーナーの内容が決定

  3. Paul McCartney

    Paul McCartney、“Back In Brazil”について語った舞台裏映像が公開

  4. Beatles

    Beatles、ダニー・ボイル監督による彼らが存在しなかった世界を描いた映画の予告編が公開

  5. Yesterday

    Beatlesを知らない世界を描いた映画『Yesterday』、本予告映像が公開

  6. John Lennon

    John Lennonの映画『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』、ミュージカル化が決定

  7. Beatles

    The Beatles、Hey Judeのシングル盤がポルノ的だとしてリリースされない可能性があったことが明らかに

  8. John Lennon

    John Lennon、イギリスでポップアップのTVチャンネルが立ち上げられることに

  9. Julian Lennon

    Julian Lennon、最近発見されたガンへの恐怖について明かす

  10. Paul McCartney

    Paul McCartney、最新作『エジプト・ステーション』に収録曲を追加したデラックス盤のリリースが決定

  11. Julian Lennon

    Julian Lennon、国際平和の日にUNESCOから平和に関する賞を受賞

  12. Beatles

    The Beatlesを知らない世界を描いた映画『イエスタデイ』、サントラの日本盤ジャケットが解禁

  13. The Beatles

    The Beatles、『アビイ・ロード』の50周年を祝して“Here Comes The Sun”の新たなビデオが公開

  14. Thw Beatles、『ホワイト・アルバム』50周年盤に寄せた安田顕のコメントが公開

  15. Paul McCartneyとJohn Lennon

    Paul McCartneyとJohn Lennon、定職に就くために音楽をやめることを迫られていた逸話が明らかに

  1. THE HIGH-LOWS

    THE HIGH-LOWS結成25周年!リマスター紙ジャケットCD・アナログ盤全…

    2020.10.26

  2. Bebe Rexha

    Bebe Rexha、Doja Catとのコラボ曲“Baby, I’m Jealous”を米TV番組で…

    2020.10.26

  3. Jimmy Page

    Led ZeppelinのJimmy Page、著書『アンソロジー』のトレイラー映像…

    2020.10.26

  4. Skullcrusher

    Skullcrusher、RADIOHEADの“Lift”のカヴァーと新曲“Farm”が公開

    2020.10.26

  5. Elton John

    Elton John、『ジュエル・ボックス』より“Here’s To The Next Time …

    2020.10.25

  6. FEVER 333

    FEVER 333、来たるEPより新曲“Bite Back”の音源が公開

    2020.10.25

  7. System Of A Down

    System Of A DownのSerj Tankian、John Dolmayanの政治的見解に苛立…

    2020.10.25

  8. Eddie Van Halen

    Eddie Van Halen、2本のギターがオークションに出品されることが明…

    2020.10.25

  9. 山下達郎の名作オリジナル・アルバム「POCKET MUSIC」「僕の中の少…

    2020.10.25

  10. AC/DC

    AC/DCのAngus Young、Malcolm Youngの残した音源を使わなかった理由…

    2020.10.25

  1. Rocks ForChile 2020 in TOYONAKA、各日1000名限定 & オンライン配…

    2020.09.24

  2. Slow LIVE

    “大人のミニフェス”Slow LIVE、好評だった日比谷野音公演に続き、今…

    2020.09.24

  3. THE SOLAR BUDOKAN 2020 オンラインフェス 最終アーティストとして…

    2020.09.23

  4. オハラ☆ブレイク

    「オハラ☆ブレイク‘20秋 –北のまほろばを行く-」にLOVE PSYCHEDELIC…

    2020.09.07

  5. FUJI ROCK FESTIVAL

    Keep On Fuji Rockin’~FUJI ROCK FESTIVAL’20 LIVE ON…

    2020.08.14

  6. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20×21 第2弾出演アーティスト発表

    2020.08.05

  7. GREENROOM

    GREENROOM FESTIVAL’20 開催中止を発表

    2020.08.01

  8. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク ’20夏が開催を見合わせ

    2020.06.19

  9. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01

  10. I ROCKS 20&21

    LACCO TOWER主催 『I ROCKS 20&21』 26組の第一弾出演アーティ…

    2020.06.01