John Lennon殺害のマーク・チャップマン、Ono Yokoへの謝罪の意志を語る

John Lennon

ジョン・レノンを殺害したマーク・チャップマンはその死から40年が経とうとするなか、妻のオノ・ヨーコに謝罪している。

マーク・チャップマンは1980年12月にジョン・レノンのマンハッタンのアパートの外でオノ・ヨーコが目撃する中でジョン・レノンを銃撃している。

マーク・チャップマンは今年の8月19日にニューヨークで行われた公判で仮釈放申請が却下されている。公判の中でマーク・チャップマンは自身の衝撃的な犯罪について死刑に値すると語り、当時40歳のジョン・レノンを「虚栄心」のために殺したと述べている。

「自分の犯罪について申し訳なく思っていることを繰り返し言わせていただきます」とマーク・チャップマンはニューヨークのウェンデ刑務所で開かれた仮釈放委員会と語っている。「言い訳などありません。自分の虚栄心のための犯罪でした。無実の人のために行い得る最悪の犯罪だったと思います」

「彼はものすごく有名でした。彼の人格とか、彼がどういう人間だったかによっと殺したわけじゃありません。彼には家族がありました。彼はアイコンでした。彼は私たちが今喋っているようなことを喋っている人でした。そして、それは偉大なことだったのです」

彼は次のように続けている。「私が彼を暗殺したのは以前に言われた言葉通り、彼がものすごく有名だったから、それだけです。私は非常に自分の名誉を求めていて、自分勝手だったのです」

「私はそう言わせていただきたいし、大いに強調しておきたいと思います。非常に身勝手な行動でした。私のためによる痛みについて彼女に申し訳なく思っています。ずっとそのことを考えています」

プレス・アソシエーションによれば、マーク・チャップマンの仮釈放申請は「社会福祉と相容れない」として却下されている。

マーク・チャップマンは2007年に死刑が廃止されたが、自分は死刑に値すると続けている。

「故意に誰かの殺害を計画して、それが間違っていることを知りつつ、自分のためにやったとすれば、私の意見ではまさに死刑に値すると思っています」と彼は述べている。「私に同意しない人もいて、今は誰しもに2度目のチャンスがあります」

彼は次のように続けている。「私はそうしたものにまったく値しません。残りの人生をここで過ごすように法やあなたが判断するならば、まったく異論はありません」

マーク・チャップマンは犯行時25歳だったが、今は収容されている施設の近くに暮らす妻と結婚している。

彼の仮釈放申請は2年後となっている。

関連NEWS

  1. Chas Newby

    The Beatlesのベーシストを務めたChas Newbyが享年81歳で逝去

  2. The Beatles

    The Beatles、『アビイ・ロード』の50周年を祝して“Here Comes The Sun”の新たなビデオが公開

  3. John Lennon

    John Lennon、殺害されなければイギリスに戻ろうとしていたことを示す手紙が発見される

  4. Brian Epstein

    The BeatlesのマネージャーのBrian Epstein、伝記映画が制作されることに

  5. Paul McCartney

    Paul McCartney、1971年発表の『ラム』が50周年を記念して再発されることが決定

  6. The Beatles

    The Beatles、新曲「Now And Then」が全米チャート7位に。様々な記録も樹立・更新

  7. John Lennon

    John Lennon、銃撃された建物のコンシェルジュが最後に語った言葉について語る

  8. Paul McCartney

    Paul McCartney、最新作の再構築盤のリリースが決定

  9. Paul McCartney

    Paul McCartney、亡くなった高校時代の同級生であるニュース・キャスターを追悼

  10. Paul McCartney

    Paul McCartney、『素晴らしき哉、人生!』のミュージカル化に参加していることが明らかに

  11. オノ・ヨーコ、10月に新作をリリースすることを発表&新曲“Warzone”を公開

  12. The Beatles

    The Beatles、正式にTikTokで36曲の楽曲が使用可能になったことが明らかに

  13. Paul McCartney

    Paul McCartney、両親がソングライティングに与えた影響について語る

  14. The Beatles

    The Beatles、「Now And Then」についての12分間のドキュメンタリー映像が公開

  15. Taylor Hawkins

    Paul McCartney、Taylor Hawkinsに追悼の意を表明

  1. REBECCA 7年ぶりとなる全国ツアー 「REBECCA NOSTALGIC NEW WORLD T…

    2024.07.13

  2. FESTIVAL de FRUE 2024、第一弾ラインナップを発表

    2024.07.13

  3. Justin Timberlake

    Justin Timberlake、ボストン公演で飲酒運転についての冗談を飛ばす

    2024.07.13

  4. Kendrick Lamar

    Kendrick Lamar、「The Pop Out : Ken & Friends」より地元の…

    2024.07.13

  5. Dua Lipa

    Dua Lipa、Glastonbury Festivalがリップシンクと言われたことにつ…

    2024.07.13

  6. きみとバンドのギター清原梨央が リアル喜多ちゃん(ぼっち・ざ・ろ…

    2024.07.13

  7. The BONEZ × Dragon Ash、2マンツアー開催

    2024.07.13

  8. Killer Mike

    Killer Mike、ニュー・シングル「Humble Me」がMVと共に公開

    2024.07.13

  9. Damon Albarn

    Damon Albarn、Glastonbury Festivalでパレスチナの紛争に言及

    2024.07.13

  10. Omar Apollo

    Omar Apollo、ニュー・アルバムより「Done With You」のMV公開

    2024.07.13

  1. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL、第4弾出演アーティスト・出演ステージ・…

    2024.07.12

  2. FUJI ROCK FESTIVAL ’24、Amazonにて無料配信が決定

    2024.07.11

  3. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク’24 愛でぬりつぶせ、出演アーティストを発表

    2024.07.10

  4. SUMMER SONIC

    SUMMER SONIC&SONIC MANIA2024、タイムテーブルを公開&追加アーテ…

    2024.07.10

  5. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、最終出演アーティストにザ・クロマニヨンズ・MAN W…

    2024.07.07

  6. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’24、最終ラインナップ&タイムテーブルを発表

    2024.07.05

  7. ASAGIRI JAM ’24、第1弾ラインナップ発表

    2024.06.24

  8. 「Slow LIVE」第二弾出演者発表!金沢・軽井沢公演もあわせて解禁

    2024.05.31