System Of A DownのJohn Dolmayan、活動休止への後悔を語る

John Dolmayan

システム・オブ・ア・ダウンのドラマーであるジョン・ドルマヤンはバンドの活動休止について「悲惨なこと」だったと語っている。

システム・オブ・ア・ダウンは2006年から2010年まで活動を休止しており、2005年発表の『メズマライズ』と『ヒプノタイズ』以来、フル・アルバムをレコーディングしていない。

「アクション・フィギュアズ」のリチャード・アランによる新たなインタヴューでジョン・ドルマヤンはシステム・オブ・ア・ダウンがアルバムを作らないことについて語っている。

「僕としては一度もシステム・オブ・ア・ダウンを活動休止させたいと思ったことはないんだ」と彼は語っている。「あれは自分たちにとって悲惨なことだったと思う。というのも、僕らはピークに達したことがないんだ。僕らにはいまだにたくさんの音楽があると思っているし、バンドとしてもビッグで、アメリカでも世界的にも大きな集客力を持っているわけでさ。世界最大のバンドにもなれたと思うんだよね。そのポテンシャルはあるのに、実現できないのはなぜだと思う?」

「システム・オブ・ア・ダウンは素晴らしいバンドだし、素晴らしいライヴもできる。自分たちが達成してきたことも誇りに思っているけど、でも、僕らはまだここなんだ。もっと先にまで行けるはずだったのにね」

ジョン・ドルマヤンは次のように続けている。「これから実現できないってわけじゃないけどさ。でも、難しいんだよね。エゴというマントを脱いで、一つの部屋に集まって一緒に取り組み、最善を尽くさなければならないからね。全員がバンドにとっての最善を考えない限り選択の余地はないんだ。バンドの定義とは無私無欲なんだよ。集団というのはそういうものだろ?」

「このことに関連して本当に悲しいのはスカーズ・オン・ブロードウェイも問題ないし、サージ・タンキアンのソロ・プロジェクトも問題ないけど、どちらもシステム・オブ・ア・ダウンに匹敵するものではないということなんだよ。活動を休止する時、もう1枚アルバムを作ろうと言えば、違った話になっていたかもしれないよね」

彼は次のように語っている。「結局のところ、僕らはかなりのことを成し遂げたわけで、僕らの墓碑銘は既に決まっているんだろう。孫は『僕の祖父はあのバンドにいて、これだけのことをやったんだ』なんて言えるはずだよ。そして、人類が続く限りは音楽も聴けるんだろう」

「自分たちの可能性を追求できなかったことは悲しいことだけどね」とジョン・ドルマヤンは締めくくっている。「ともすれば僕らは可能性としては10枚のアルバムを発売することもできたはずなんだ。でも、そうなっていたら『やり尽くした』と言って去ることになっていたかもしれない。そして、残りの人生を幸せに暮らしたかもしれない。50歳にもなって、部屋に佇みながら惨めだと思うことをやって、それが自分のせいだと分かってるなんて最低だよね。突き詰める勇気が、すべてを注ぐ勇気がなかったからだってね」

一方、システム・オブ・ア・ダウンは“Chop Suey!”のミュージック・ビデオがYouTubeで10億回の再生回数を突破している。

“Chop Suey!”は2001年発表の『毒性』からのリード・シングルとなっている。約20年前にリリースされた楽曲だが、2009年までYouTubeにアップされていなかった。

関連NEWS

  1. System-of-a-down

    System Of A DownのShavo Odadjian、待望の新作の進捗について語る

  2. システム・オブ・ア・ダウン、謎のカウントダウンを開始

  3. System Of A Down

    System Of A DownのJohn Dolmayan、2006年時点でSerj Tankianを別のシンガーに代えるべきだった語る

  4. System Of A Down

    System Of A Down、「Protect The Land」のMVの舞台裏映像が公開

  5. Daron Malakian

    System Of A DownのDaron Malakian、更なる新曲は期待できないと語る

  6. Serj Tankian

    System Of A DownのSerj Tankian、新プロジェクトより2曲の新曲が公開

  7. Serj Tankian

    Serj Tankian、ソロEPをバンドで完成させなかった理由を語る

  8. Daron Malakian

    System Of A DownのDaron Malakian、新作が実現しないことが恥ずかしいと語る

  9. Serj Tankian

    Serj Tankian、最新EPより「Rumi」のMV公開

  10. System Of A Down

    System Of A Downのダロン・マラキアン、サージ・タンキアンとのクリエイティヴ面での違いに言及

  11. System Of A Down

    System Of A Down、「Chop Suey!」のビデオの再生回数がYouTubeで10億回を突破

  12. John Dolmayan

    System Of A DownのJohn Dolmayan、自身の政治的見解を批判するファンを非難

  13. System Of A Down

    System Of A DownのSerj Tankian、バンドについて音楽よりも友情が大切と語る

  14. Serj Tankian

    System Of A DownのSerj Tankian、新曲「Elasticity」がMVと共に公開

  15. Serj Tankian

    System Of A DownのSerj Tankian、ジョー・バイデン大統領がアルメニア人虐殺を認定したことに感謝

  1. THE HEAD

    山下智久出演 Huluオリジナル「THE HEAD」Season1 ”地上波初”放送決…

    2023.06.07

  2. Tom Morello

    Tom Morello、ロックの殿堂はここ数年で民主的になったと語る

    2023.06.07

  3. 須田景凪

    須田景凪、チャンネル登録者数800万人を突破した「THE FIRST TAKE」…

    2023.06.07

  4. ジェニーハイ

    ジェニーハイ、6月28日発売のニューアルバム「ジェニークラシック…

    2023.06.07

  5. Bruno Mars

    Bruno Mars、ニュー・アルバムを完成させつつあると報じられることに

    2023.06.07

  6. Astrud-Gilberto

    Astrud Gilbertoが享年83歳で逝去

    2023.06.07

  7. Blur

    Blur、8年ぶりとなる新作『The Ballads Of Darren』のレコーディン…

    2023.06.07

  8. Kanye West

    adidas、Kanye Westによるイージーの在庫を販売した収益を寄付する…

    2023.06.07

  9. Billy Corgan

    Billy Corgan、AIが「音楽を永遠に変えることになる」と語る

    2023.06.07

  10. Olivia Rodrigo

    Olivia Rodrigo、デビュー作が2周年を迎えて新曲が近いうちにリリー…

    2023.06.07

  1. 中津川 THE SOLAR BUDOKAN

    中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2023、第三弾出演アーティストにJUN SKY …

    2023.06.02

  2. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’23、ステージ別第6弾ラインナップを発表

    2023.06.02

  3. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2023 出演アーティスト最終発表

    2023.06.02

  4. SUMMER SONIC EXTRA

    SUMMER SONIC EXTRA、4公演の開催が決定

    2023.06.01

  5. 山人音楽祭

    山人音楽祭2023、第2弾出演アーティスト発表

    2023.05.20

  6. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2023 in EZO 第2弾出演アーティスト&#038…

    2023.05.19

  7. SiM

    SiM主催『DEAD POP FESTiVAL 2023 – 解 -』全出演者・日割り…

    2023.04.07

  8. Slow LIVE

    20周年のSlow LIVE、4年ぶりに池上本門寺で開催決定

    2023.01.27