Mike Shinoda、System Of A Downとの初共演を振り返る

Mike Shinoda

リンキン・パークのマイク・シノダはシステム・オブ・ア・ダウンと初共演を果たした時のことを振り返っている。

マイク・シノダは『NME』による初めての時を尋ねたインタヴューに答えて、初めて行ったライヴはアンスラックス、パブリック・エナミー、プライマスによるライヴで、ヤング・ブラック・ティーンエイジャーズというグループがオープニング・アクトを務めていたという。

「みんなから『まさに君が最初に行ったライヴっぽいね。それで生計を立てることになったんだから』ってからかわれるんだ」とマイク・シノダは語り、友人と友人の父親と行ったこと、アイス・Tも会場に来ていて、サインをもらったことを明かしている。

初めてスターに魅了された瞬間のことを訊かれると、マイク・シノダは次のように答えている。「そんなに大袈裟なものではなくて、『言葉にならない。完全に打ちのめされた』というような感じじゃなかったんだけど、契約したばかりの地元のバンドと初めてのライヴをやった時かな。それがシステム・オブ・ア・ダウンだったんだよ」

「『この連中はすごいや。メジャー・レーベルと契約したばかりだぜ』って感じだった。オープニング・アクトをやって、何人かメンバーにも会ったけど、最高にすごい人たちだと思った。僕らより少しだけ年上でしかなかったけど、感動したね。とにかく彼らがものすごくて、感動したんだ」

先日来、マイク・シノダは世界各地のミュージシャンと2023年に発表した“Already Over”を再レコーディングする“Already Over”セッションズを行っている。

マイク・シノダはこのコラボレーションのアイディアが持ち上がった経緯について次のように『NME』に語っている。

「“Already Over”ではすべての楽器を自分で演奏したんだ。ライヴっぽいサウンドの曲になったと思った。ツアーに出るべきか? ミュージシャンたちとライヴをやるか?とも考えたけど、今はツアーをする時じゃないと分かったんだ。スタジオに残って、より音楽的なものを作りたいと思った」

「バンドを集めるわけでもなければ、ツアーに出るわけでもない。でも、ライヴはやりたかった。それで、チームの人たちと複数のセッションをやってみるというアイディアを思いついたんだ。それを“Already Over”セッションズと呼ぶことにしたんだよ」

リンキン・パークは2003年発表の『メテオラ』の20周年記念盤が昨年リリースされたが、他のアルバムも同様のことが行われる可能性についてマイク・シノダは次のように語っている。

「今のところ、計画しているものはないね。常にニュースがある時は伝えるよと言っているしね。これまではやってきたけど、正式なリイシューに対する期待というのは高いものだとも思うしね」

「ベスト盤とか、これまでの作品のリマスターとかは好きじゃないんだ。だから、リンキン・パークのアルバムをリイシューする時は大規模なものとしてやりたいね。そうしたクオリティにならないんだったら、やらないよ。素晴らしいものじゃなければ、やるべきじゃないんだ」

関連NEWS

  1. Serj Tankian

    Serj Tankian、「Electric Yerevan」のMV公開

  2. System Of A Down

    System Of A DownのSerj Tankian、John Dolmayanとの友人関係について語る

  3. John Dolmayan

    System Of A DownのJohn Dolmayan、Alexandria Ocasio-Cortezを批判

  4. John Dolmayan

    System Of A DownのJohn Dolmayan、政治的見解で番組を降板させられた女優を擁護

  5. John Dolmayan

    System Of A DownのJohn Dolmayan、バンドが新曲を作らないことについて語る

  6. Serj Tankian

    Serj Tankian、ソロ曲「Amber」がMVと共に公開

  7. System Of A Down

    System Of A Down、John Fruscianteの復帰を受けて自身の新曲のリリースに言及

  8. Tom MorelloとSerj Tankian

    Tom MorelloとSerj Tankian、Gang of Fourの「Natural’s Not In It」を一緒にカヴァーすることが明らかに

  9. System Of A Down

    System Of A DownのSerj Tankian、自分たちの曲とトランプ大統領の両方を好きなことは偽善だと語る

  10. John-Dolmayan

    System Of A DownのJohn Dolmayan、「品性を示してくれ」とKanye Westを批判

  11. Serj Tankian

    System Of A DownのSerj Tankian、ポエトリー・リーディングの作品を発表

  12. Daron Malakian

    System Of A DownのDaron Malakian、新作が実現しないことが恥ずかしいと語る

  13. System Of A Down

    System Of A Down、「Protect The Land」のMVの舞台裏映像が公開

  14. Serj Tankian

    Serj Tankian、新曲「Elasticity」のMVが公開されることが決定

  15. System Of A Down

    System Of A DownのJohn Dolmayan、Serj Tankianとの意見の相違について語る

  1. Age Factory、アルバムタイトル曲「SONGS」MV公開、3/4(月)YouTube…

    2024.02.21

  2. Kitri

    Kitriが提示するシンフォニック・プログレ、12分を超えの新曲「Sigh…

    2024.02.21

  3. ARABAKI ROCK FEST.24

    ARABAKI ROCK FEST.24、第3弾アーティストを発表

    2024.02.21

  4. ウエノコウジ、56歳バースデーライブ有観客チケット完売につき、京…

    2024.02.21

  5. Bruno Mars

    Bruno Mars、東京ドーム公演のグッズがオンラインで販売

    2024.02.21

  6. VAULTBOY

    VAULTBOY、6月に初来日公演を行うことが決定

    2024.02.21

  7. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、oasisがロックの殿堂入りの候補になったことについ…

    2024.02.21

  8. The Beatles

    The Beatles、タワーレコードとの共同企画によるカプセル・コレクシ…

    2024.02.21

  9. ロックの殿堂

    2024年にロックの殿堂入りを果たすアーティストの候補が明らかに

    2024.02.21

  10. CHAI

    CHAI、「KEXP」のために収録された約20分のスタジオ・ライヴ映像が…

    2024.02.21

  1. ARABAKI ROCK FEST.24

    ARABAKI ROCK FEST.24、第3弾アーティストを発表

    2024.02.21

  2. SUMMER SONIC

    SUMMER SONIC 2024、第1弾出演アーティストを発表

    2024.02.21

  3. METROCK2024 出演日&第3弾出演アーティスト発表、各日1日券受付開始

    2024.02.14

  4. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、開催決定

    2024.02.03

  5. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL’24、第四弾出演アーティストを発表

    2024.02.01

  6. PUNKSPRING 2024、第4弾出演ラインナップを発表

    2024.02.01

  7. COMING KOBE

    COMING KOBE24、第2弾出演アーティスト発表

    2024.02.01

  8. I ROCKS

    LACCO TOWER主催ロックフェス 「I ROCKS 2024 stand by LACCO TOWER…

    2024.01.27

  9. ARABAKI ROCK FEST.24

    ARABAKI ROCK FEST.24、第2弾アーティストを発表

    2024.01.24

  10. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’24、開催概要が決定

    2024.01.12