Johnny Marr、来たる新作より2曲の新曲「Tenement Time”&“Sensory Street」が公開

Johnny Marr

ジョニー・マーは『フィーヴァー・ドリームス Pt.2』をリリースすることを発表し、“Tenement Time”と“Sensory Street”という2曲の新曲が公開されている。

12月17日にリリースされる4曲収録のEP『フィーヴァー・ドリームス Pt.2』は四部構成となる『フィーヴァー・ドリームス Pt.1-4』の2番目となっている。

EPには“Tenement Time”と“Sensory Street”の他に“Lightning People”と“Hideaway Girl’”が収録される。

“Tenement Time”についてジョニー・マーは次のように語っている。「低所得地域で天真爛漫に走り回っていた小さい子どもの頃の体験についての曲なんだ。永遠に自分のものだと思っていた。マンチェスターのアードウィックを走り回っていて、倉庫に忍び込んで、追いかけられているんだ」

新曲2曲の音源はこちらから。

「意識的にカルチャーにのめり込んだのもあの頃が初めてだった。周りの人々がある服を着ていてさ。それはマンチェスターの少年の一部となった。人生のあの時期にはロマンティシズムを抱えているんだ」

ジョニー・マーはアルバム『フィーヴァー・ドリームス Pt.1-4』について次のように語っている。「ザ・スミスを脱退してから今までにわたる一連の影響や自分が取り組んできた幅広いサウンドがこのアルバムでは聴けるんだ」

「様々な音楽がここには入っている。意識的にやったわけじゃないけど、いろんなサウンドのボキャブラリーがあったから、それを活かすことができて満足しているよ」

『フィーヴァー・ドリームス Pt.1-4』は2022年2月25日にリリースされる。

アルバムのトラックリストは以下の通り。

1. Spirit Power & Soul
2. Receiver
3. All These Days
4. Ariel
5. Lightning People
6. Hideaway Girl
7. Sensory Street
8. Tenement Time
9. The Speed of Love
10. Night and Day
11. Counter-Clock World
12. Rubicon
13. Gods Gift
14. Ghoster
15. The Whirl
16. Human

関連NEWS

  1. Johnny Marr

    Johnny Marr、ニュー・シングル“The Bright Parade”の音源を公開

  2. ジョニー・マー、ザ・ザのマット・ジョンソンと25年ぶりにステージで共演

  3. ノエル・ギャラガーとジョニー・マー、それぞれが“If Love Is The Law”での共作について語る映像が公開

  4. ジョニー・マー、お金のなかったオアシス結成前のノエルに自分のギターをあげたことについて語る

  5. Johnny Marr、ダブル・アルバム『フィーヴァー・ドリームス Pt.1-4』の詳細を発表

  6. ジョニー・マー、ノエル・ギャラガーとのコラボレーションについて語る

  7. Johnny Marr

    Johnny Marr、New OrderのBernard Sumnerとはまた共作すると語る

  8. Johnny Marr

    Johnny Marr、ソロのライヴでThe SmithsのThis Charming Manを初めて披露

  9. Johnny Marr、Billie Eilish

    Johnny Marr、Billie Eilishとのコラボレーションに賛辞を寄せる

  10. ジョニー・マー、40分を超えるスタジオ・ライヴ映像が公開

  11. Johnny Marr

    Johnny Marr、ダブル・アルバムのプロジェクトから最初の楽曲「Spirit, Power And Soul」が公開

  12. Johnny Marr

    Johnny Marr、The Smithsが再結成するという噂にツイッターで言及

  13. Johnny Marr

    Johnny Marr、フェスティバルでクラウドサーフィンをする映像がオンラインに

  14. KillersMarr

    The Killers、グラストンベリーでJohnny MarrとPET SHOP BOYSと共演

  15. Liam GallagherやJohnny Marr

    Liam GallagherやJohnny Marrら、コロナ禍での職業変更を促す財務相の発言を批判