Neil Youngの楽曲の権利を購入したヒプノシス、楽曲の購入基準について語る

Neil Young

ヒプノシス・ソング・ファンドの創設者でCEOのマーク・マキュリアディスはバックカタログを購入するアーティストの選び方について文化的重要性がキーとなっていると語っている。

投資会社のヒプノシス・ソング・ファンドはここ数ヶ月で一連の楽曲のバックカタログを購入しており、リンジー・バッキンガム、ブロンディ、ジミー・アイオヴィンなどの権利を購入したほか、ニール・ヤングの楽曲はその50%の権利が1億5000万ドル(約156億円)で購入されたと見られている。

『ミュージック・ウィーク』に対してマーク・マキュリアディスは10億ドルに及ぶ投資でバックカタログを購入するのにどうやって行ってきたかについて説明している。

「10億ドル以上の投資を行いながら私たちは57000曲しか所有していません。しかし、そのうちの10000曲はトップ10ヒットとなった曲で、約3000曲が1位を獲得した曲です。ユニバーサルやワーナー、ソニーと比較すると非常に小さなカタログです。けれど、このカタログは成功した楽曲の割合が非常に高く、成功を収めていない曲はそんなにありません」と彼は説明している。

カタログの購入基準について彼は次のように説明している。「私にとっての基準は予測可能で信頼できる収入ではありません。文化的重要性なのです。私が購入しているものはどれも実績のある成功を収めた楽曲ですが、文化的にも重要なのです」

「ユーリズミックスの“Sweet Dreams (Are Made Of This)”、“Uptown Funk”などのマーク・ロンソンの楽曲、レディー・ガガ、リンジー・バッキンガムやフリートウッド・マック、スティーヴ・ウィンウッド、ナイル・ロジャースやシックやバーナード・エドワーズは文化的に重要なアーティストで、世界が歌えるビッグな曲を作っていますが、それに加えて人々に重要な楽曲なのです」

ヒプノシス・ソングス・ファンドは楽曲の権利によるオンエア収入で定期収入を生んでいることで知られている。

シャキーラも最近楽曲の権利を売却しており、“Hips Don’t Lie”、“She Wolf”、“Whenever, Wherever”など145曲の権利を売却している。

「ソングライターであることはシンガーやアーティストであるのと同等かそれ以上の達成だと私は考えています」とシャキーラはコメントしている。

「歌い始めるずっと前の8歳の時から世界を理解するために書き物をしていました。それぞれの曲は書いた当時の自分の反映ですが、一度曲が世に出れば、自分だけでなく評価してくれた人のものにもなるのです。ソングライティングが他人とコミュニケーションをとれる特権を与えてくれたこと、自分よりも大きなものの一部になれることには恐縮しています」

「ヒプノシスが私のカタログの素晴らしいホームになることは分かっています。マークが率いるこの会社とパートナーになれて嬉しいです。彼はアーティストやその創作物に価値を置き、続く楽曲の寿命を非常に気にするソングライターにとっての協力者なのです」

関連NEWS

  1. Neil Young

    Neil Young、大統領候補としてバーニー・サンダースの支持を表明する長文を投稿

  2. Neil Young

    Neil Young、Bob Dylanの“The Times They Are a Changin”のカヴァー音源が公開

  3. Neil Young

    Neil Young、歴史ある会場で数ヶ月のうちにツアーをやりたい自身の意向を明かす

  4. ケイティ・ペリーやニール・ヤングら、カリフォルニアの山火事へのトランプ大統領の反応を批判

  5. Neil Young

    Neil Young、アメリカ連邦議会への乱入事件についてのメッセージを投稿

  6. Neil Young

    Neil Young、幻のアルバム『ホームグロウン』より“Try”の音源が公開

  7. Bob DylanとNeil Young

    Bob DylanとNeil Young、25年ぶりにステージで共演

  8. ニール・ヤング、自身の許可なく楽曲を使用しているとしてトランプ大統領を改めて批判

  9. Neil Young

    Neil Young、3つの過去音源のプロジェクトが今年リリースされることが明らかに

  10. ボブ・ディランとニール・ヤング、来夏のハイド・パーク公演で共同ヘッドライナーを務めることに

  11. ニール・ヤング、1976年の秘蔵音源による新ライヴ盤より“Campaigner”の音源が公開

  12. Neil Young

    Neil Young、セッションでBob Dylanの“The Times They Are A-Changin”をカヴァー

  13. Neil Young

    Neil Young、米大統領選を巡って自身のサイトにおいてfacebookとgoogleによるログインを停止

  14. Neil Young

    Neil Young、音質についての自身の考えを綴った新たな書籍を刊行することが明らかに

  15. Crosby, Stills, Nash & Young

    CSN&Y、『デジャ・ヴ』50周年盤より“Our House (Early Version)”の音源が公開

  1. Chet Faker

    Chet Faker、来たる新作より新曲「Feel Good」がMVと共に公開

    2021.06.13

  2. Modest Mouse

    Modest Mouse、新作より「We Are Between」のMV公開

    2021.06.13

  3. ワイルド・スピード

    映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』、サウンドトラック…

    2021.06.13

  4. Chvrches

    Chvrches、Robert Smith参加の最新シングル「How Not To Drown」のM…

    2021.06.13

  5. Alicia Keys

    Alicia Keys、デビュー作の『Songs in A Minor』20周年盤をリリース

    2021.06.13

  6. Wolf Alice

    Wolf Alice、新作より「How Can I Make It OK?」のMV公開

    2021.06.13

  7. Calvin Harris

    Calvin Harris、Tom Grennanとのコラボレーションとなる新曲「By Yo…

    2021.06.13

  8. MAKE MY DAY

    MAKE MY DAY、8/8にサーキット・フェス“SCREAM OUT LOUD FEST”を開…

    2021.06.12

  9. James Arthur

    ジェイムス・アーサー、ニュー・アルバムのリリースが決定&新曲「S…

    2021.06.12

  10. Dave Grohl

    Dave Grohl、Nirvanaの残りの3人でレコーディングした音源があるこ…

    2021.06.12

  1. SUPERSONIC

    SUPERSONIC 2021、海外アーティストを迎えての開催を目指し9月18日(…

    2021.05.31

  2. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL’21、ラインナップ第2弾発表!

    2021.05.21

  3. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL ’21、最終出演アーティストを発表

    2021.04.21

  4. OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.1

    OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.1、第3弾でThe BONEZ、Dragon Ash…

    2021.04.20

  5. JOIN ALIVE

    2021年「JOIN ALIVE」の開催が決定

    2021.04.13

  6. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01