Johnny Marr、Morrisseyが自分のことに言及しないでほしいと言ったことについて語る

The Smiths

ジョニー・マーはモリッシーとの最近のやりとりについて言及し、自分のことは自分で「弁解しなければならない」と語っている。

今年1月、ジョニー・マーが『アンカット』誌のインタヴューでモリッシーに言及したことを受けて、モリッシーは自分のことに言及するのを止めるのを求めていた。

モリッシーは長文の投稿で次のように述べている。「代わりに自身のキャリアやソロでの留まることを知らない功績、自身の音楽について語っていただけないでしょうか? できれば、私のことは除外してもらえないでしょうか?」

これにジョニー・マーは次のように応じている。「オープン・レターというのは1953年以降、存在していない。今はすべて“ソーシャル・メディア”だ。ドナルド・J・トランプでさえ、それを会得していた。あとはフェイク・ニュース・ビジネスもね。今は2021年だよね?」

今回、ジョニー・マーは『ザ・タイムズ』紙のインタヴューでモリッシーへの対応について次のように語っている。「不意に公の場で攻撃されたら、自分で弁解しなければならないからね」

「あの公開書簡は侮辱するためのものだったんじゃないかな? そういう考えに違いないよ。事実でないことについては反応しなきゃならないからね。嘲笑と共にね」

彼は次のように続けている。「いいかい、あれは注目を集めたかったんだよ。実際、注目されているしね。新しいアルバムを出すんだけど、それも注目を集めることになった。僕は自分のことをやるだけでね。自分自身であり続けるつもりだよ」

モリッシーとジョニー・マーはザ・スミスとして6年間にわたって活動し、1984年発表の『ザ・スミス』、1985年発表の『ミート・イズ・マーダー』、1986年発表の『ザ・クイーン・イズ・デッド』、1987年発表の『ストレンジウェイズ、ヒア・ウイ・カム』という4枚のスタジオ・アルバムをリリースしている。モリッシーはそれにも言及している。

「あなたは6年間、私のことを一緒に音楽を作るインスピレーションとして見なしてくれました。あなたが言うように私が目障りな怪物なのだとしたら、あなたはどこに行ってしまったのでしょうか? 誘拐されたのですか? 喋れなくなってしまったのですか? 鎖に繋がれたのですか? 地球外生命体に拉致されたのでしょうか? でも、“Golden Lights”でギターを弾いているのは私ではなく、あなたです」

「ええ、イギリスのマスコミがあなたが私について語ったことが残酷でひどい内容である場合、何でも掲載することは知っています。しかし、もういいのではないでしょうか。前に進みましょう。まるで私に言及しないと組んでいた脚を解けないかのようです。私たちが一緒にいた時期はだいぶ前であり、あれ以降、いろんなことがありました。自身の行動や自身のキャリアについて責任を取る時が来たのであり、健康にキャリアを楽しんでもらえればと思っています。ただ、私の名前をクリックベイトに使わないでほしいのです」

先日、ジョニー・マーはザ・スミスでバンドメンバーだったモリッシーについて「近い関係」ではなく、それはお互いが「違う」からだとアーティストとしての関係やコラボレーションについて語っている。

「単純な言い方になってしまうけれど、これだけたくさんのバンドに参加してきた理由の一つは彼らに対して誠実でありたかったからなんだよね」とジョニー・マーは語っている。「仕事をしてきた人とは誰でも近い関係にあると言っても驚かないだろうね。ある一人を除けばね。驚きはないだろうけど、僕とモリッシーではお互い違うんだ」

関連NEWS

  1. Morrissey

    Morrisseyを描いた伝記映画『イングランド・イズ・マイン』、監督の来日が決定&プレミア先行上映会が開催

  2. The Smiths

    Johnny Marr、The Smithsで「政治をめぐって口論になったことはなかった」と語る

  3. Johnny Marr、Morrissey

    Johnny Marr、Morrisseyともう一度仕事をすることは絶対にないと語る

  4. Interpol

    Interpol、共同ツアーを行うMorrisseyの政治的見解に対する考えを明かす

  5. Johnny Marr、Billie Eilish

    Johnny Marr、Billie Eilishとのコラボレーションに賛辞を寄せる

  6. Johnny Marr

    Johnny Marr、来たる新作より2曲の新曲「Tenement Time”&“Sensory Street」が公開

  7. Johnny Marr

    Johnny Marr、John Fruscianteと意気投合した時のことを振り返る

  8. Andy Rourke

    Andy Rourkeがで逝去

  9. Johnny Marr

    Johnny Marr、ドナルド・トランプが集会でThe Smithsの楽曲を使ったことに言及

  10. Morrissey

    Morrissey、ニューヨークのブロードウェイで連続公演を行うことが明らかに

  11. Morrissey

    Morrissey、右翼政党のバッジを付けていたことについて声明を発表

  12. Morrissey

    Morrissey、レコード・ストア・デイにリリースした新曲がオンラインに

  13. ノエル・ギャラガーとジョニー・マー、それぞれが“If Love Is The Law”での共作について語る映像が公開

  14. Morrissey

    Morrissey、来たるカヴァー・アルバムの参加者が彼の政治観について言及

  15. Morrissey

    Morrissey、人生の最高傑作と評するニュー・アルバムが完成したことを明かす

  1. London Grammar

    London Grammar、来たる新作より新曲「Kind Of Man」の音源が公開

    2024.05.23

  2. Chicago

    Chicago、9月に大阪で単独来日公演の開催が決定

    2024.05.23

  3. SUMMER SONIC 2024、第7弾追加アーティストを発表

    2024.05.23

  4. Lady Gaga

    Lady Gagaのコンサートフィルム「GAGA CHROMATICA BALL」がU-NEXTに…

    2024.05.23

  5. 歴代級ヒット!ファン・ジョンミン×チョン・ウソン『ソウルの春』ポ…

    2024.05.23

  6. Katy Perry

    Katy Perry、ソーシャル・メディアのプロフィール画像を変更して新…

    2024.05.23

  7. Slash

    Slash、ブルース作『Orgy Of The Damned』の全曲解説が公開

    2024.05.23

  8. Bon Jovi

    Bon Jovi、来たる新作よりニュー・シングル「Living Proof」の音源…

    2024.05.23

  9. プリンス ビューティフル・ストレンジ

    『プリンス ビューティフル・ストレンジ』著名人コメント到着

    2024.05.23

  10. ブリーディング・ラブ はじまりの旅

    ユアン・マクレガー親子共演の感動作『ブリーディング・ラ…

    2024.05.23

  1. SUMMER SONIC 2024、第7弾追加アーティストを発表

    2024.05.23

  2. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’24、第6弾ラインナップを発表

    2024.05.17

  3. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2024、出演アーティスト最終発表

    2024.05.09

  4. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2024 in EZO 第2弾出演アーティスト発表

    2024.05.02

  5. Talking Rock! FES

    Talking Rock! FES.2024、第2弾出演アーティスト9組を発表

    2024.04.27

  6. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、第2弾出演アーティストにThe BONEZ、おとぼけビ〜…

    2024.04.18

  7. SiM主催フェス「DEAD POP FESTiVAL 2024」、出演アーティスト第二弾…

    2024.04.01

  8. Slow LIVE

    「大人のミニフェス」Slow LIVE、今年も東京・池上本門寺にて8/30(…

    2024.03.22

  9. 04 Limited Sazabys

    04 Limited Sazabys主催の野外フェス<YON FES 2024> 第1弾出演アー…

    2024.03.13