The Beatles、『リボルバー』の再発盤より「Tomorrow Never Knows (Take 1)」の音源が公開

The Beatles

ザ・ビートルズは『リボルバー』のスペシャル・エディションより“Tomorrow Never Knows (Take 1)”の音源が公開されている。

この曲はアルバムでは一番最後に収録されているが、『リボルバー』のためのレコーディング・セッションでは一番最初にレコディングされたという。

当時のこの楽曲のレコーディングではジョン・レノンのヴォーカルを回転するレズリー・スピーカーにマイクを繋いで録音し、画期的なテープ・ループが使われている。『リボルバー』が1966年8月5日に発売される前のインタヴューでポールは『NME』に次のように語っている。「僕らがこれをやったのは、個人としては、みんなから『前に聴いたことがある』といつも言われるような音作りをすることにうんざりしていたからだ」

『リボルバー』のスペシャル・エディションには新たなステレオおよびドルビーアトモス・ミックスなどが収録される。オリジナル・アルバムに収録の14曲はプロデューサーのジャイルズ・マーティンとエンジニアのサム・オケルによって、1966年のモノのマスター・テープを使ってステレオとドルビー・アトモスで今回、新たにミックスされている。

スーパー・デラックス・コレクションにはアルバムのモノ・ミックスに加えてレコーディング・セッションから28の初期テイクと3つのホーム・デモ、そして「ペイパーバック・ライター」と「レイン」、それぞれの新たなステレオ・ミックスとリマスターしたオリジナルのモノ・ミックスの4曲入りEPが収録される。

今回の『リボルバー』スペシャル・エディションはそれぞれ63トラック、29トラック、14トラックが収録された3形態で再発され、CD、デジタル、アナログ盤で10月28日にリリースされる。日本盤5CDボックスには購入特典としてB2ポスターが付くことも決定している。

関連NEWS

  1. Paul McCartney

    Paul McCartney、「3 Legs」のMVがフルハイビジョンで公開

  2. The Beatles

    The Beatles、1960年代に『指輪物語』を映画化しようとした逸話をピーター・ジャクソンが語る

  3. Eric Clapton

    The Beatles、George Harrisonの代わりにEric Claptonを加入させる案があったことが明らかに

  4. The Beatles

    The Beatles、バンドの末期に行われたミーティングを録音したテープの内容が明らかに

  5. The Beatles

    Paul McCartney、The Beatlesのジャケット写真を手掛けたロバート・フリーマンに追悼の意を表明

  6. The Beatles

    オフィシャル写真集『ザ・ビートルズ:Get Back』発売記念 ”ザ・ビートルズ写真展&公式グッズ・ショップ” 有楽町マルイで開催

  7. Paul McCartney

    Paul McCartney、ブラジルでバードウォッチングをしているところを目撃される

  8. Paul McCartney

    Paul McCartney、亡くなったBBCのDJのJanice Longに追悼の意を表明

  9. Paul McCartney

    Paul McCartney、英国政府の過ちで自身の設立した教育機関が資金を受け取れなかったと批判

  10. Paul McCartney

    Paul McCartney、最新作の再構築盤のリリースが決定

  11. Chas Newby

    The Beatlesのベーシストを務めたChas Newbyが享年81歳で逝去

  12. The Beatles

    The Beatles、『アビイ・ロード』50周年エディションの発売を記念してアビイ・ロード検定がスタート

  13. Mark Chapman

    John Lennon殺害のMark Chapman、仮釈放について11度目も却下されたことが明らかに

  14. ビートルズ、『ホワイト・アルバム』50周年記念盤発売を記念して新公式グッズの予約が開始

  15. Paul McCartney、George Harrison

    Paul McCartney、亡くなったAstrid Kirchherrに追悼の意を表明