Matt Healy、物議を醸したポッドキャスト出演について語る

Matt Healy

ザ・1975のフロントマンであるマット・ヒーリーは今年2月に出演して物議を醸したポッドキャスト『アダム・フリードランド・ショウ』について言及している。

マット・ヒーリーはこのポッドキャストで様々な煽情的な発言をしており、「クィア・ベイティング」という批判を受けていたハリー・スタイルズについては「許されているんだろうね」と語っている。共同司会のニック・マレンはラッパーのアイス・スパイスの出自についてハワイアン、イヌイット、中国人の血は入っているのだろうかと述べ、これらの国や地域のアクセントを物真似していた。また、ポッドキャストにはドイツの強制収容所にいる架空の日本人看守の真似をして笑う場面も存在している。

『ニューヨーカー』の新たなインタヴューでマット・ヒーリーは当時はファンを「煽ろうとしていたのか」と尋ねられている。

「少しね」と彼は答えている。「でも、どうでもいいんだけどさ。夜、パソコンの前でうなだれて座っているところに、ボーイフレンドがやってきて『何かあったの?』と尋ねて、『このマット・ヒーリーの件で……』なんて言うことはないからね。そんなことにはならないわけだから」

インタヴュアーが「あるかもしれませんよ」と応じると、マット・ヒーリーは次のように続けている。「もしあるとしたら、その人は錯覚しているのか、もしくは申し訳ないけれど、その人は嘘つきだね」

「傷ついたというのが嘘か、傷つくことに精神的に参っているかだね。みんな、『あそこにまずい一件があるぞ。できるだけ近づいてみたら、自分のほうがましだってことが分かってもらえるだろう』ということだよね。そうしてもらいたいとも思う。基準となるものを示しているんだろうからね」

しかし、マット・ヒーリーはアイス・スパイスに関する発言について後悔の念も示している。彼は「アット・ゼア・ヴェリー・ベスト」ツアーのオークランド公演でこの一件に言及している。マット・ヒーリーは名声から派生するものを掴みきれていなかったとして、アイス・スパイスに謝罪する機会を設けている。

「ちょっと悪いと思っていて、もし気分を害しているなら謝るよ。アイス・スパイス。申し訳なかった」とマット・ヒーリーは語っている。「冗談を誤解されたことが腹立たしいからじゃないんだ。アイス・スパイスに嫌な奴だと思われたくないんだ。大好きだよ、アイス・スパイス。申し訳ない」

マット・ヒーリーは次のように続けている。「意地悪な奴だと誤解されるようなことはしたくない。自分がいけ好かない奴だと思われるのはどうでもいいんだ。ペテン師と思われようが、別にいい。でも、まともじゃないとは見られたくない。というのも、正直、みんなのことが好きだし、今自分のやっていることをやっていたいからね」

「実際のところ、問題なのは僕は『こんにちは。ちょっと恥ずかしいけど、自分が間違っていたら申し訳ない。みんな、間違えることはあるだろ』と言いたいだけということなんだ。それを僕は公の場でやってしまって、アイス・スパイスに謝らなくちゃいけなくなった。僕の人生というのは変わっているんだ。彼女を怒らせてしまったのなら純粋に謝るよ。彼女のことは大好きだからね」

関連NEWS

  1. The 1975

    The 1975のMatthew Healy、恋人と破局したと報道

  2. the 1975

    The 1975、来日公演を記念して『外国語での言葉遊び』の来日記念盤がリリースされることが決定

  3. Matt HealyやGrimes

    The 1975のMatt HealyやGrimesら、アートについて語る動画が公開

  4. The 1975

    The 1975、ドバイ公演で男性とキスしたことについて振り返る

  5. The 1975

    The 1975のMatty Healy、イスラエルとパレスチナの両方で公演を行いたいと語る

  6. Caroline Polachek

    The 1975、オープニング・アクトを務めたCaroline Polachekと「Oh Caroline」で共演

  7. Matt Healy

    Matt Healy、ソーシャル・メディアの活動を停止

  8. The 1975

    The 1975、今夏にロンドンのフィンズベリー・パークで公演を行うことを発表

  9. The 1975

    The 1975、新曲“Frail State of Mind”が公開

  10. The 1975

    The 1975、アメリカのテレビ番組に出演してアルバムを立て続けにリリースする理由を語る

  11. The 1975

    The 1975、8年ぶりに初期のレア曲「Anobrain」をライヴで披露

  12. Bright Eyes

    Bright EyesのConor、The 1975の好きな部分について語る

  13. The 1975

    The 1975、ハロウィンに行った公演で映画『ザ・リング』の一場面を再現

  14. The 1975

    The 1975、Rage Against The Machineの代わりにReading and Leeds Festivalsに出演決定

  15. Matty Healy

    Matty Healy、新作でプロデューサーのJack Antonoffが果たした役割について語る

  1. Slash

    Slash、2016年にAxl Roseとの活動を再開させたことを振り返る

    2024.07.21

  2. SAULT

    SAULT、1曲32分で構成された新作『Acts of faith』をダウンロードで…

    2024.07.21

  3. Dave Rowntree

    Dave Rowntree、イギリス総選挙での落選を受けて声明を発表

    2024.07.21

  4. Wishy

    Wishy、来たるデビュー・アルバムより新曲「Sick Sweet」の音源が公…

    2024.07.21

  5. Ayra Starr

    Ayra Starr、最新作より「Bird Sing of Money」を披露したパフォー…

    2024.07.21

  6. BAND-MAID

    BAND-MAID、9月発売ニューアルバム限定盤収録のお給仕映像より、未…

    2024.07.20

  7. YES

    YES、来日公演を記念して89年発表のABWH『閃光』と91年発表の『結晶…

    2024.07.20

  8. Kelly Jones

    Kelly Jones、ソロ作より新曲「Time’s Running Away」のMV公開

    2024.07.20

  9. London Grammar

    London Grammar、Sabrina Carpenterの「Espresso」をカヴァーした映…

    2024.07.20

  10. Mochakk

    Disclosure&Mochakk、2時間を超えるB2Bのパフォーマンス映像が公開

    2024.07.20

  1. Slow LIVE

    Slow LIVE’24 in 金沢公演 土岐麻子の出演が決定

    2024.07.19

  2. THE DROP FESTIVAL 2024 in MIYAZAKI

    『THE DROP FESTIVAL 2024 in MIYAZAKI』期間限定再結成を発表したA…

    2024.07.19

  3. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL、第4弾出演アーティスト・出演ステージ・…

    2024.07.12

  4. FUJI ROCK FESTIVAL ’24、Amazonにて無料配信が決定

    2024.07.11

  5. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク’24 愛でぬりつぶせ、出演アーティストを発表

    2024.07.10

  6. SUMMER SONIC

    SUMMER SONIC&SONIC MANIA2024、タイムテーブルを公開&追加アーテ…

    2024.07.10

  7. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、最終出演アーティストにザ・クロマニヨンズ・MAN W…

    2024.07.07

  8. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’24、最終ラインナップ&タイムテーブルを発表

    2024.07.05

  9. ASAGIRI JAM ’24、第1弾ラインナップ発表

    2024.06.24

  10. 「Slow LIVE」第二弾出演者発表!金沢・軽井沢公演もあわせて解禁

    2024.05.31