アークティック・モンキーズ、テーム・インパラのケヴィン・パーカーとコラボしたいと語る

アークティック・モンキーズは、テーム・インパラのフロントマンを務めるケヴィン・パーカーとの共作に乗り気であることを明かしている。ケヴィン・パーカーは先日、アークティック・モンキーズから共作を持ちかけられたら「間違いなく」応じると語っていた。

アークティック・モンキーズのフロントマンであるアレックス・ターナーは「Beats1」のマット・ウィルキンソンの番組で次のように語っている。「ぜひケヴィンには提案してみたいね……ケヴィンに提案してみようかな」

司会のマットウィルキンソンから「それはケヴィンへの依頼?」と訊かれると、アレックス・ターナーは次のように答えている。「そうだね、2回も言ったからね。俺はケヴィンに提案してみるつもりだよ」

アレックス・ターナーは続けてアークティック・モンキーズの次のスタジオ・アルバムのサウンドについて訊かれると、テーム・インパラとのコラボレーションの可能性を匂わせている。

「アルバムのどこかでケヴィンがやってくれてることを願いたいね」とアレックス・ターナーは語っている。

「彼は天才だと思うよ。間違いないね」

同じインタヴューの中で、アレックス・ターナーは『トランクイリティ・ベース・ホテル・アンド・カジノ』の次回作について予想よりも早くリリースする可能性があることを認めている。

「分かるだろ、今回も分からないんだよ。自分たちのこれからの方向性についてもまったく結論には到達していないけど、俺はやりたいと思ってるよ」とアレックス・ターナーは前作から短期間でのリリースについて語っている。

「理由としては、この作品をツアーでとても楽しく演奏できていて、この一緒にやる楽しさのまま、スタジオに戻ることができるじゃないかって思っているからかもしれないね。とはいえ、俺たちがこの『トランクイリティ・ベース・ホテル・アンド・カジノ』を作った時は、ツアーの反動で作ったわけじゃなかったんだけどね」

「『AM』の後も、『まあ、このまま別のことをやって、続けてみようぜ!』っていう時があってね。今となってはそんなことしなくてよかったと思うけど、そうしたい欲求は間違いなくあったよね」

関連NEWS

  1. Arctic Monkeys

    Arctic Monkeys、楽曲がBBCの社交ダンス番組のダンス曲として使われて話題に

  2. アークティック・モンキーズ、6作連続となる全英アルバム・チャート1位を獲得

  3. アークティック・モンキーズ、UKチャートで残りのトップ20の合算を上回るセールスを記録

  4. Mark Ronson

    Mark Ronson、Uptown Funkの大ヒットをめぐるプレッシャーについて語る

  5. Arctic Monkeys、新曲Anywaysの音源が公開

  6. The 1975

    The 1975のマット・ヒーリー、ブリット・アウォーズ授賞式でArctic Monkeysへの謝辞を述べる

  7. テーム・インパラのケヴィン・パーカー、アレックス・ターナーからの共作の呼びかけに返答

  8. アークティック・モンキーズのアレックス・ターナー、アレクサ・チャンと復縁か

  9. アークティック・モンキーズ、新作の楽曲は発売日まで公開されないことが明らかに

  10. Arctic Monkeys

    Arctic Monkeys、米TV番組での“The Ultracheese”のパフォーマンス映像が公開

  11. アークティック・モンキーズ、『トランクイリティ・ベース・ホテル・アンド・カジノ』ディスクレヴュー

  12. アークティック・モンキーズのアレックス、新作の作曲でギターを使わなかった理由を改めて語る

  13. アークティック・モンキーズ、TRNSMTより“Star Treatment”のパフォーマンス映像が公開

  14. アークティック・モンキーズのアレックス・ターナー、丸坊主にしたことがネット上で話題に

  15. アークティック・モンキーズのマット・ヘルダース、ソロ作品に取り組んでいることが明らかに