U2、バンドにとってこれまでで最古となるライヴ音源が発掘される

U2

U2はバンドの最初期に行われたライヴ音源が公開されている。

U2はブレイクを目指していた10代の頃、1979年8月にダブリンのダンデライオン・マーケットでライヴを行っている。この時、バンドは母国のアイルランド以外でライヴを行ったことはなく、音源もリリースしていない。

しかし、豊富な楽曲と地元の大きなファンベースに支えられて、地元の小さな会場でライヴを行っていたとのことで、この日、U2のサポート・アクトを務めたザ・スタウガーズのギタリストだったピート・マクラスキーはその時の公演を録音していた。

この音源は忘れられ、埃を被っていたが、今回、ファンサイト「@U2」の助力を得てテープが発見されており、これはU2にとって存在する最古の音源となっている。これまでU2の最古の音源は1979年10月に出演したコーク・オペラ・ハウスのライヴ音源だった。

「あのライヴを録音してたことを喜んでるよ」とピート・マクラスキーは「@U2」に語っている。「だけど、最近までその重要性や歴史における立ち位置に気づいてなかったんだ」

「@U2」によれば、この日演奏された“In Your Hand”と“Concentration Cramp”はこの公演以外で聴くことのできない楽曲だという。その一部は上記の音源で聴くことができる。

U2は13年ぶりとなる来日公演「ヨシュア・トゥリー・ツアー2019」が開催されることが決定している。

来日公演の詳細は以下の通り。

U2 THE Joshua Tree TOUR 2019
さいたまスーパーアリーナ
2019年12月4日(水)・5日(木) open 18:00 / start 19:30
RED ZONE(スタンディング) ¥60,000 (税込)
専用入場口、特製チケット、バックステージツアー抽選参加権、開演前飲食優先ご案内
スタンディング(前方) ¥19,800 (税込)
スタンディング(後方) ¥15,800 (税込)
SS席(グッズ付き) ¥38,800 (税込)
S席 ¥19,800 (税込)
A席 ¥16,800 (税込)
※価格は全て税込
※未就学児(6歳未満)入場不可

更なる公演の詳細は以下のサイトで御確認ください。

http://www.u2japan2019.com

関連NEWS

  1. U2のボノ、パラダイス文書に自身の名前があったことについて声明を発表

  2. U2、“Vertigo”のアコースティック・パフォーマンスの動画が公開

  3. U2、第60回グラミー賞授賞式でのパフォーマンス映像が公開

  4. U2、先週末に行われたダブリン公演で“Dirty Day”を25年ぶりに披露

  5. U2、最新シングル“You’re The Best Thing About Me”のミュージック・ビデオを公開

  6. DMX

    DMX、遺作となる『エクソダス』のトラックリストが発表

  7. U2、ボノの声が出なくなって数曲で公演を中断してしまうことに

  8. U2、ジャック・ホワイトのサード・マン・レコーズでレコーディングする映像を公開

  9. U2

    U2のBONO、エイズの撲滅に向けたキャンペーンでグラフィティ・アーティストとのコラボを発表

  10. U2

    U2 12/4公演のセットリスト

  11. U2のボノ、声が出なくなってしまったことについて声明を発表

  12. U2

    U2、TikTokで公式アカウントを開設して新曲の一部音源を公開

  13. u2

    U2のBonoの娘である女優のEve Hewson、どんな父親かについて語る

  14. Paul McCartney

    Paul McCartney、2021年の総資産額でイギリスのミュージシャンとしてトップに

  15. U2

    U2のBono、スタッフが取り押さえようとするなかステージに上げた男性とダンスを披露