シアターブルック インタビュー

1986年に佐藤タイジ(Vo,Gt)が結成、95年メジャーデビュー。95年に中條卓(Ba)、96年にエマーソン北村(Key)、97年に沼澤尚(Dr)が参加し、様々な遍歴を経て、日本屈指の上記メンバーを擁したバンドとなる。
独占インタビューPART.1では現メンバーの成り立ちについてお送りします。

ーシアターブルックの現メンバーで成り立ちからお伺いしたいのですが、結成28年、来年でデビュー20週年とロックバンドの歴史として、すごく深いですよね。

タイジ:そうなんよ、来年の年越しに何かやるべきじゃないかって話してて。

エマーソン北村:東京ドーム?

一同:(笑)

タイジ:辺りでね(笑)

エマーソン北村:水道橋の歩道橋辺り…歩道橋の橋の下音楽祭みたいな(笑)

タイジ:ウチは長いよ。結成は”THE COLLECTORS”と一緒だよ(笑)

ーその結成からのメンバーであるタイジさんは、今のシアターブルックを想像できてました?

タイジ:出来るわけないっスよ(笑)今のメンバーで1番長いのは中條さんで94年くらい?

中條:95年だね。94年はお手伝い的な感じだったよ。

ータイジさんと中條さんは当時から顔見知りではあったんですか?

タイジ:対バンでね、”KING BEES”の人だったね。

中條:直接の友達ではなかったけど、昔の新宿ロフトで対バン演ってたのが最初。当時のキーボーティストの若林くんがシアターブルックやりながら、ボクのバンドも手伝ってくれてた繋がりがあって。

タイジ:そうそう。対バンで「やっぱあの人上手いよね」って言ってたし。

エマーソン北村:当時のライブハウスってそういうの多いよね。

タイジ:そうっスね。で、オレから声を掛けてね。

ー中條さんはタイジさんから言われたとき、どう思いました?

中條:びっくりしましたよ。対バンになることはあっても、さっき言ったように”友達”って感じではないし、そこまで接点はなかったので。「目立つアフロの人のバンド」っていう印象だったし、ちょっと近寄りがたいなって。

タイジ:中條さんもそうでしたけどね(笑)長髪で髭生やしてハット被ってて。

ーお互いに存在感は強いっていうことですよね(笑)

タイジ:そうやな(笑)で、”KING BEES”がちょうど休止になったんだよ。その噂を聞いて「よし、あのベースの人は空いてるに違いない」って。

一同:(笑)

ータイミングとしてはばっちりだったんですね。

中條:そうですね。休みのタイミングで連絡があって、それから今に至る感じです。

タイジ:で、ソニーと契約するときにヘルプからメンバーになってもらって。バンドでやってるのにソニー以外のレーベルは「佐藤タイジとしか契約しない」っていうケースが多くてさ。

エマーソン北村:そういうの多いよね…

沼澤:「周りいらないから君だけ」っていうのね。

タイジ:多いでしょ?今でもそういうのあるだろうけど「バンドでやってるんだから、そんな不公平な話はないだろう」って。ソニーだけがメンバーと契約って言ってくれたからね。

ーそこでデビュー時のメンバーに中條さんと。その後にエマーソン北村さん?

タイジ:当時のキーボーティストが調子悪くなって、割りと唐突に離脱したんだよね。こっちは「ヤベェ、ライブのスケジュールあるのに」って、結構テンパって…エマーソン北村を候補に挙げたのは中村(当時のエピックA&R)くんだったよね?

中條:そうそう。

タイジ:エマーソン北村って、当時から「オルガンですごい人」って代チョコ(代々木チョコレートシティ)界隈で有名だったんですよ。「エマーソン北村がやってくれるかな?」って。

エマーソン北村:中村さんだっけ?中條くんって思ってたけど…

中條:候補に挙げたのは中村さんですよ。「エマーソン北村って人がいるんだけど」って言われて「えっ、昔一緒に演ったことある」って話になって繋げたんですよ。

エマーソン北村:僕と中條くんは古いんですよ。

中條:87,88年くらいに僕がやってた”KING BEES”に北村さんがキーボードで入ってくれてて。

ー”JAGATARA”や”MUTE BEAT”の時期ですか?

エマーソン北村:より、もっと前ですね。”パラフレーズ”ってバンドをやってるときですね。

中條:そのとき、やっぱり対バンしてたっていう繋がりですね。

タイジ:オレらからしたら「エマーソン北村やってくれるんだ」って感じでしたよ。

エマーソン北村:いやいやいや。当時の僕は”JAGATARA”や”MUTE BEAT”が90年代の初めに終わったあと、代チョコの店員だったんですね。そこで運営していたナツメグレーベルにも関わってたんですけど、それも94年くらいに終わるんです。それから”忌野清志郎&the 2・3’s”のツアーサポートに入ってて、それも終わるタイミングで、どういう人か全く知らないままに「急に必要」ってことだったので入ったんです。

ー先程の中條さんのお話でもそうでしたがタイミング的に…

エマーソン北村:そうですね。変な言い方だけど、当時のキーボードの人が戻ってくるまでのつもりでしたし、戻ってきたらそれまでというのが始まりでしたね。

ー中條さんのときはメジャーデビューのタイミングでしたが、エマーソン北村さんが正式にメンバーとなったのは?

タイジ:公に打ったのは2000年くらいだったね。元々のキーボードが状態的に戻ってこれないってわかったのはもうちょっと前だけど。

エマーソン北村:エピック時代はサポートとして表記をしていて、それが終わったあとからですね。

ー明示的に”メンバー”と示したのがあとだったにせよ、実際のレコーディングやライブにおいては、バンドとして”サポート”という括りではなかったんですよね?

タイジ:そうそう。全然メンバーとしてフィックスしてたね。

ー沼澤さんついては、タイジさんが直接お電話したと以前に伺いました。

タイジ:そう、直電ですよ(笑)ギターマガジンに電話して「ドラムマガジンのヤツ居るか?」って聞いて、ドラムマガジンのヤツに「沼澤尚の電話番号知ってるか?」って聞いて「知ってますよ」と。

沼澤:実家のね(笑)母親と話してるんじゃないかな?

タイジ:「もしもし、佐藤と申します。尚さんにお願いしたい件がありまして…」みたいな(笑)

沼澤:オレ、そのときいないからね(笑)最初はタイジくんとじゃなく、ラッコちゃん(三嶋光博)と話したんだよね。

タイジ:それって、バンドじゃない話でしょ?沼澤さんに「シアターブルックっていうバンドやりませんか?」って話したのを覚えてますよ。

沼澤:カヨちゃん(当時のマネージャー)からすごい手紙が来たのを覚えてるよ、「メンバーには内緒でドラムを探してます」って書いてあって。

中條:「沼澤さんが良いんじゃないか」って話をし出したときに、カヨちゃんが先に手紙を出してお伺いを立ててたんだよね。

タイジ:時系列で言うとカヨちゃんが先でオレが後か…

沼澤:「TALISMAN」のプロモーションキットもすごかったよ。当時、外人バンドとブルーノートに来てて、オレのクルマで送られてきたCDを聴いたら、バンドのベースのヤツが「日本ってこんなカッコイイ音楽やって売れるんだ!」って言ってて。そのときのCDが「TALISMAN」だったね。

ー当時、沼澤さんはアメリカでの活動がメインで、日本の音楽情報って入って来なかったんですか?

沼澤:全然知らない。でもシアターブルックっていうバンド名は知ってたんですよ。「ありったけの愛」のパーカッションをやった田中倫明さんが知り合いで、「シアターブルックってバンドの(当時の)ドラマーが、尚にレッスンして欲しいって言うから電話番号教えても良い?」って言われて。それでラッコちゃんから電話が来たんだよね。あと「ドレッドライダー」のPVを何かの番組で観て「うわっカッコイイ」って思ったしね。そのあとにカヨちゃんからライブを観に来てくれないかって言われて、早稲田の学祭を隠れて観に行ったんですよ。

タイジ:あれ、それ知ってるな。

中條:あとから聞いたんだよ。

沼澤:「メンバーに言ってないから、会わないでくれ」って言われたもん。オレが会ったのは、ラッコちゃんが辞めるってなったあとの赤坂ブリッツだったの。みんなに「初めまして」って言ったのがそこだったね。超満員のワンマンで1曲目の「ドレッドライダー」のイントロが4つ打ちで始まって、ダンサーが花道で踊ってたのをすごい覚えてる。

ーこの一連の流れでお話があって、沼澤さんの気持ちはどうだったんですか?

沼澤:まずタイジくんにどうしても目が行っちゃうじゃないですか?「このギターすごいな」って。アメリカでもこんな人いないですよ。例えばロサンゼルスって仕事をする場所で、そのときに重宝されるプレイや音色で生き延びないといけない。ニューヨークは自分の表現したいことをするために普段はバイトしててみたいな。それらのスタイルとは全く違うシアターブルックを観て「日本はこんなことやれるんだ」って。そう言えば、1曲レコーディングするのに飛行機乗って、1泊2日でロスに帰ったりしてましたね。

タイジ:外タレや(笑)

沼澤:(笑)シアターブルックもPV撮るのにメキシコ行ったりとか、お互いにそういう時代でしたよね。

独占インタビューPART.2では各メンバーによる「佐藤タイジ」「沼澤尚」についてをお送りします。

ー沼澤さんがサポートで入られることになったときは、まだアメリカですよね?

沼澤:そうです。エピック時代はアメリカと日本を行き来してましたね。

エマーソン北村:2000年までですか?

沼澤:そう。オレたち(エマーソン北村)がジャケに出たのは「Reincarnation」からだよね。「オレタチフューチャー」の時代は2人しかジャケに出てなかったし、それまでは”サポートミュージシャン”ってクレジットだったしね。

タイジ:こっちはメンバーのつもりなんだけど、当時の契約なりでそういう線引があったのは疑問だったよね。レーベル変わったタイミングで、おしなべてメンバー表記にしようってなったのが2005年ですね。

ーエマーソン北村さんもそうですし、すでにメンバーとしてやっていたんですよね。

沼澤:気持ちはそうです。だって、自分が日本に戻ったのはシアターブルックがあったからなんで。このバンドがなかったらアメリカにいましたよね。「何をきっかけに帰って来たんですか?」って聞かれるけど「こんなおもしろいことやってるバンド、アメリカにはいなかったから」って答えてるもん。

エマーソン北村:僕もスタジオミュージシャンのようなことをやって来なかったんで、どの人とも”サポート”と”メンバー”の差がつかないですし、だからこそ同じようにレコーディングもライブもするっていうのがある意味、当たり前でしたね。

ー”サポート”という心理が薄いんでしょうし、だからこそ、今のシアターブルックがあるんだと思います。中條さんはリズム隊として、沼澤さん加入によって変化がありましたか?

中條:台風のような?

沼澤:ロサンゼルスのムカつく爽やかな風?

一同:(笑)

中條:正直、大物外人が入って来たと思いましたよ(笑)ちょっと萎縮してやりつつも、吸収できるものがいっぱいあるんだから一緒にやって、プラスになるものが増えていくのが嬉しかったですよね。

タイジ:2人に「メンバーになってくれ」と話ていたものの、バンドサイドとビジネスサイドとの足並みが揃わない状況が4年続いて…晴れてメンバーってなったときは、すごいスッキリしましたよね。今に至って思うことは、要するに人と人の関係って時間が掛かるんだよね。最初からこのメンバーが最高だってわかってんだけど、そこから時間を経てバンドの中での役割も認識して、それを継続出来てるから今があるのであって。ロックバンドに限らず、人の関係って時間掛けて継続して完成するものなんよね。いつもベストな関係性をイメージして継続することで、ベストな関係性になって行くんだっていうのを今のシアターブルックで思うっスね。

ー折角の機会ですので、みなさんがメンバーそれぞれをどう思っていらしゃるかをお伺いしたいです。まずはタイジさんについてをお願いします。

タイジ:悪口言った方がオモロイよ(笑)

ーいや、ありのままをお話して下さい(笑)

沼澤:オレはタイジくんについてというよりもね…メタリカのドキュメンタリー(真実の瞬間)じゃないけど、バンドという組織の中で葛藤しあった上で、1番最近のインタビューとかでラーズが「メタリカの歴史の中で、ベストシェイプだ」と。こんなにもバンドメンバーで仲良くやってる話をメチャクチャ楽しそうに話てて。他のメンバーと自分との関係っていう部分は、オレの場合は「タイジくんについて思う」ってことよりも、「タイジくんに対する自分のこと」だと思う。タイジくんに対する自分のことが、今になってコントロールできるようになって。例えば結婚したこともない人が、結婚について語るなとか…昔、父親と異常に仲が悪かった高1のときはなんだったんだろうみたいなね。それって、親父のこういうところが気に入らなくて、どうのこうのって思ってたりするじゃないですか?それって自分なんだって思うことに時間が掛かっちゃったっていうね。自分のメンタリティーの浮き沈みみたいなところが、こんな歳になってもいっぱいあって、「なんでこういう風にコントロール出来なかったんだろう?」みたいな。このメンバーに自分が入ってから、すっごい迷惑掛けてきたっていうのがよく分かるんですよ。音楽や音楽用語を習ったのが全部英語圏だったんで、音楽のフィールドでの人間関係も日本圏じゃなかったんですよね。それがメンバーに対しては、申し訳なかったなって思うし「これ…オレだったよな」っていうの連続だったっていうのが分かったのがこの1〜2年なんですよ。そこまでにすっごい時間が掛かって…こんだけの濃いキャラクターとルックスの人だからこその、ギターだったりするじゃないですか?曲1つ取っても他に聴いたことがないし、他に観たことないギターだし。そういうのが出てることに対する、自分のアジャストメントがコントロールできていなかったのが「これまで生きてきた50年以上だったのかな?」みたいな。もう16〜7年一緒に演奏してるんですけど、その姿をそれだけ長く観てる人はこの人だけだし、自分の音楽キャリアの中でもこの4人が1番長いんで。今でもバンド内で良いとき悪いときがある中で、そのコントロールをタイジくんは変わらないでいるのに、それに対する自分にそういうことを思いますね。

タイジ:確かに沼澤さんはここ1〜2年前とは違うよね。

沼澤:それなんですよ。オレが変えてるわけではないし、気がつくのが遅いんですよね。人が失敗してるのを見て「ああやっちゃダメなんだ」って思わない。子供のときからダメだって言われてるのにやって失敗したって思わない限り、改善できないタイプだったので。なんであのときに「焼き肉食いたくない」ってオレ言っちゃったんだろうって。「良いじゃん焼き肉でも」って言っておけば、そういう思いしなかったのにみたいな。

タイジ:あるある。焼き肉はある(笑)

沼澤:そういうのが整理されてきて、佐藤タイジっていう人にアジャスト出来てきてるのがここ最近。前からの知り合いっていうのはいますけど、続けてっていう人はここでしかいないから。怒ってたりしたときは自分の適応能力のなさですよね。

ーシアターブルックのカタルシスは、沼澤さんがタイジさんとアジャストすることで行われたんでしょうね。エマーソン北村さんはいかがですか?

エマーソン北村:タイジ先生に言いたいこと?もっとホントの意味でワガママで良いかなって。意外と大きいこと言ってるように思われるんですけど、その時々の流れに流されてというか…自分で具体的に言ってとなると、周りにお伺いしたりってなるんですよ。大きいこと言ってるっていうのはパブリックイメージです。

一同:(爆笑)

エマーソン北村:具体的な話において、ホントの意味での「オレはこうだ」みたいなものが出ても良いじゃないって。

中條:まぁ2人が言ったようにそんな感じじゃないですか?

一同:(爆笑)

中條:近所のガキ大将みたいな感じですよ。近所のガキ大将風なんですけど、それでケンカが強いとかそういう話ではなくて、兎に角騒ぎを起こす中心にいる人。で、本人に魅力があるから周りの人がついて来て、そういうのが出来る人。

沼澤:それで言うとさ、オレが長年思ってることがあって、”どっちでも良いもの”っていうのはどうでも良くて、「良い」「悪い」ってどっちかに言われた方が良くて。「誰にでも好かれる」っていうのはあるわけなくて、みんなが「良い」って思うものを「全然良いと思わない」ってことがあるじゃないですか?ということは自分もそう思われてるわけだし。強烈な個性なので、「すごい良い」っていう人と、「なんとも思ってなかったけどすごい良かった」っていう人がいるのがよく分かる。

ーありがとうございます。では、沼澤さんについてをお願いします。

タイジ:ここ1〜2年でっていうのはすげぇよく分かる。沼澤さんがさっき言ってたアジャストの仕方っていうのが、確かにこのバンドの中で変わったと思うの。シアターブルックは結成以来、1番ええ状態やと思うの。ディールがある・ないとかはどうでもええことで、間違いなくバンドが調子が良くて、それは「沼澤さんが大事なパートなんだな」っていうのが今話し聞いててすげぇ思ったし…90年代から口説いて良かった。

沼澤:(笑)

タイジ:当時、ソニーに金があって、呼んでおいて良かった(笑)

ー(笑)ドラムというパートではなく、人間としてという部分ですよね。

タイジ:そう。それが大事やって思ってるし、それがバンドに反映されてこの良い状態やからね。

エマーソン北村:最初に沼澤さんに教えられたっていうか…「16個の音符があるとしたら、それに収まらない音はないんだよ」っていうこと。もちろん収まらない音はあるんですけど、その音がどこにあるのかっていうところを、把握することが大事だっていうことですね。それを最初のリハで言ってて「なるほどなぁ」って。

沼澤:全然覚えてない(笑)

エマーソン北村:で、今日のネタとして沼澤さんに言うのは、「沼澤さんの演奏は、そこに収まらない部分がありますよ」っていうこと。

一同:(爆笑)

エマーソン北村:それがすごい音で出てますね。僕とかはインディーのシーンでやってきたから、そういうのを全部”雰囲気”で処理する人間が周り多かったんですよ。そういうことが目から鱗だったので、自分にとってもすごくありがたかったですね。

中條:今の北村さんの話の続きじゃないんですけど、いわゆる”プロフェッショナルな音楽家”っていうのはどういうものなのかっていうのは、日本のシーンでいうとスタジオミュージシャン云々は置いておいて、バンドでやるにしても音楽や楽器に対する姿勢とかが「アメリカ仕込み」って言ったら変ですけど、その姿勢が他の人と全然違うっていうのが思い知らされましたね。音楽に対する態度が違うから、それを実感して自分はダメだなって。

一同:(爆笑)

中條:それって音楽だけじゃなくて、それに付随することの体調管理や時間だったり。オレ、すごい遅刻癖があっていつもご迷惑をお掛けしてるんですけど(笑)今日1日の心構えっていうのが違いますね。

ー最大限のパフォーマンスをするために、必要なことを実践されているんでしょうね。

中條:あとはね、すごい細やかなんですよ。

タイジ:”おばちゃん”と言われてる(笑)

中條:一緒にツアーとか周ると細やかなんですよね。

沼澤:隣のうるさいおばさんですよ(笑)

中條:日本ではないところで培われたところなのかもしれないですけど、”レディーファースト”的な。

タイジ:音楽へのマナー的なところでもあるよね。

沼澤:気になることが多いから、良くも悪くもだと思いますよ。その人の長所って、その人の欠点になることも多いでしょ?それの典型的な例だと(笑)アメリカに長く居たっていうのも、良い部分と悪い部分があるなって。

中條:でもそういう人ってあんまりいないから。やっぱり面白い貴重な存在ですよ。

沼澤:だから「これははこうでしょ」って思ってたことが、「そうじゃないかもしれないな」って思うようになったのが、ここ1〜2年って話ですよ。

1

2 3