佐藤タイジ 独占インタビューvol.31

メジャー・デビュー20周年を迎え、全曲太陽光エネルギーだけでレコーディングされた「LOVE CHANGES THE WORLD」をリリースしたシアターブルック。豪華ゲストも多数参加した背景には、佐藤タイジが掲げる「再生エネルギーの利用」に賛同しているからである。9月におこなわれる「中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2015」を控える中、佐藤タイジにその想いを語ってもらった。

—近年、ライブ・フェスと再生エネルギーを使用した活動を積極的におこなってきたわけですが、改めてシアターブルック・佐藤タイジが、この再生エネルギーを使用した活動、そして「LOVE CHANGES THE WORLD」のレコーディングに至った経緯を振り返られればと思います。

元々は、俺が1度も日本武道館のステージに立ったことがなくて、それをやっておかないとロック・スター、ロック・ミュージシャンとして死ねないというね。

—辿ると、ちょうどシアターブルックも2年間の休止明けで、また凄まじい勢いで活動していた頃ですね。

そうそう。「何を目標とするのか?」という部分でも武道館があって。周りで「ムリじゃん?いらないじゃん?」という意見もあったんだが、「バカやろう!やるんだ!」と言って、武道館に向けたチームを作りかけたときに3.11が来て、それどころではなくなったよね。

—直後に、現在も続けている「LIVE FOR NIPPON」へのアクションは早かったですよね。

実は、シアターブルックの過去作品を洗い出しながら、幾つかの成功と失敗を紐解いて、後輩の音楽業界人に啓蒙しようという企画があって、Ustreamで放送する場所も日にちを押さえてたんだよね。

—そのコンセプト自体も素晴らしいですね。

だが、3.11があって「シアターブルックの歴史なんかどうでもええわ!」と(笑)。直ぐ、復興支援イベントに切り替えて。アコースティック・ライブを演れてUstreamで流せることと、押さえてた日が3.17だったのが良かったんだよね。
そしたら、武藤・ウエノ、うつみようことか知り合いのミュージシャンが集まってくれて。当時は自粛ムードだったけど、俺は自粛する意味がわからなかったし、当日はアコースティック・ライブだったから、電気のことを考えずに済んだのもあるだろうけどね。

—そこには、演奏することを止めるよりも、演奏することで与えられることや機能することもあったわけですしね。

そう。イタズラに自粛することは良くないと思ってたし、あれをやってすごい良かった。ショック状態だったかもしれないけど、ミュージシャンは音楽をやってないと不安だし、健康ではいられないんですよ。奏でることで、精神的にも肉体的にも保ってられるからね。あと、3.11の1週間くらい前に、CHABOさんの還暦パーティーがあったんだけど、それがすごい良かったんだよね。先輩・後輩が一同に会して、CHABOさんが打ち上げの席で「これ、ステージで言うか迷って言わなかったんだけど、ここで言います。アイツ(忌野清志郎)が居てくれたらな…..」みたいなことを言うんですよ。それで後輩連中は1つになれてたし、そこで俺も初めて斉藤和義とかとも電話番号を交換してて、「LIVE FOR NIPPON」に飛び入りで参加してくれたり。

—「ずっとウソだった」にも繋がっていきましたね。

和義くんが「反原発の歌を作るわ」ってなって、俺も間違ってないと思ったし。今にして思えば、斉藤和義の”男”を完全に上げてますよね。その後、和義くんは「そういうアーティストだったのか」みたいな、大変だった部分もあるだろうけど、マスに対して影響力がある人がやるのは、すごい大事なことだと思うんですよ。

—ファンからは、共感と戸惑いの声が入り混じっていた中、芯を持っておられましたよね。

「ロック・ミュージシャンがやらないで、どうするんだ!」ってなるし、俺も替え歌で意見を提示して「LIVE FOR NIPPON」を続けたことが、明らかに「THE SOLAR BUDOKAN」のきっかけになりましたよね。

—公表自体も「LIVE FOR NIPPON」でおこなわれていました。

そう。俺も5 月くらいには精神的に落ち着いて、「武道館の話をしなくなったけど、震災が起きたからといって、武道館の夢を捨てるのは違う」と。ただし、状況は全く変わってしまったんだから、従来型の武道館ライブはないな、と。何が出来るかを考えた2秒後に「電気は全部ソーラーでやればええやん」って発想になったよね。

—きっかけを紐解くと、タイジさんが演奏し続けていたことが大きいですよね。

結局それがデカイんよ。俺が健康でいられたから、そういう発想になれるしね。

—更に、エネルギーにも風力、波力、地熱、もちろん太陽光と様々な再生可能エネルギーがある中で、太陽を選んだ理由は「ありったけの愛」を歌い続けたからこそ?

そういう発想になるよね。「ありったけの愛」が太陽に導いてくれたんだよね。もちろん、地熱とかも日本でもっとあって良いんだろうし、利用すべきエネルギーやと思うんです。

—ちょうど今日(取材日)は、広島に原爆が落とされて70年、その唯一の被災国である日本が、更にメルトダウンを経験している事実からも、改めてエネルギー選択の自由を考えさせられますし、どう変えていくのかをタイジさんは提唱され続けてきましたが、最初の武道館公演に当たって、その術を掴むまでの道のりは時間的な事も含め、かなり大変だったのでは?

武道館っていう規模もあるけど、電気を選択することは大変やったね。でも「LIVE FOR NIPPON」があったから、協力を申し出てくれる人は集まりやすかったし、その連鎖やったと思うんですよね。松葉(THE SOLAR BUDOKAN:プロデューサー)くんが色んなソーラーパネルの会社に話をしてくれて。その中には「1社プレゼンツで」っていう話もあったんだけど、俺のビジョンは”スター・ウォーズ”っぽかったから(笑)。

—フォースを集めてみたいな?

いや、見えないデス・スターがあるなと(笑)。対抗するルーク・スカイウォーカーたちは、色んなところから1つの意思で集まってるやろ。だから、1社じゃなくて、色んな人との協力でやりたかったんよ。

—それは出演されたミュージシャンにも、同様のことが当てはまりますよね?

そう。もうシアターブルックで武道館をやることが重要なわけじゃなくて、ソーラーでやることの重要度が増したわけやん。提示したことで、その手柄をソーラーにしたかったのはあるな。1人でも武道館やれるミュージシャンもいたけど、みんなでやることが大事だし、それを協力してくれる会社にも求めたんよね。音楽ってさ、ビジネス以外の部分がすごい大きいからね。

—「太陽光発電だけで大規模なロックフェスは可能なのか?」という問いに対して、成功という答えを示せたと共に「クリーンな電気は音が良い」という発明も手に出来たことは、今の道標にもなりましたよね。

最初は素人考えで「ソーラーパネルから、電池に貯めて発電する」というところからで、まずはロック・バンドが演奏すると、どのくらい電池が必要なのかを実験したんですよね。俺のマーシャルアンプをいつものコンセントから電池に差し替えて弾いたら、音のレヴェルが格段に上がってるんですよ。考えてみれば、ここで発電して余計なものを介してないから、ノイズが入る余地がないなと。音響エンジニアたちは、音をクリアにする為に時間と労力を使うわけだが、東電が公表している通り、流通している電気はきれいではないんだよね。だけど、独立して作ることによって、ノイズの無い電気を確保出来るし、音響機器に有効であることに気づいたとき、俺の道が照らされた気がしたもんね。「タイジ、こっち行けよ」って(笑)。

—(笑)。これこそ、音楽の力だと言えますし。

色んな人間の魑魅魍魎を飛び超える力やな。間違いなく、俺の力でもなければ電気屋さんの力でもなくて。あの武道館は、みんなで参加したことによる、音楽の勝利やったよね。やってみたらキレイだった(笑)というのはあるけど、巨大なギフトなのは間違いなくて。最初は、武道館が終わったときに、俺は泣くかなって思ってたの。

—初めての武道館で、且つソーラーだけで出来たという喜びもあったでしょうし。

CHABOさんは、俺を泣かしにかかっとったしね(笑)。ただ、やれたという事実が、誰かにとっては不都合な事実だろうなとも思ったわけよ。「やれました!」って言ったとき、完成して終えたというよりも、これが始まりで続けなアカンってなって、泣くのは違うなと。

—当初の「シアターブルックとしての武道館」という目標ではなく、ソーラーの力を発信するスタート地点に変わった出来事だったからですね。

そうやな。続けて行かんと、再生エネルギーだけでライブが出来るとか、太陽光の音はクリーンやという事実が広まらないってなったよね。その武道館の打ち上げで、協力会社から「野外やりましょう」というところから、その会社が中津川やったから「中津川 THE SOLAR BUDOKAN」になって行くんやけど、もう武道館という場所の拘りよりも、ソーラーの拘りが大きくなってたね。

—しかも「中津川フォークジャンボリー」の開催地でもあったという。

「とても不思議な力に導かれているな」っていう感覚はあったよね。

—そして、昨年には「LOVE CHANGES THE WORLD」にも収録されている「もう一度世界を変えるのさ」を太陽光エネルギーのみでレコーディングされました。

ライブでやれているんだから、レコーディングもやるべきでしょうっていう、自然な流れだったよね。今回のレコーディングで前回と違うのは、シングルのときはアナログで録音したんだけど、昔の機材ってものすごい電気を食うんよね。だから、今回はPCで録音したくらいかな。

—実際の制作にあたり、20周年という節目も踏まえ、ゲスト・ミュージシャンは決めておられたんですか?

元々、「もう一度世界を変えるのさ」が出来たときに、俺のイメージの中では大人数で歌っている音像やったんよね。今回の「もう一度世界を変えるのさ album ver.」に行くためのシングルがあった感じ。

—言い換えると”album ver.”が”完成版”とも言えますね。

そうそう。これが第一にあって、せっかくだから他の楽曲にも参加をお願いしていったんだよね。スケジュール調整は大変だったけど、みんな快く参加してくれたし、これだけのミュージシャンが一同に会すというのは、ビジネスだけでは不可能やん。ソーラーがあって、そのコンセプトに賛同してくれて、こういうのがやれるバンドがあるということを知って欲しいしね。

—「中津川 THE SOLAR BUDOKAN」も然り、「LOVE CHANGES THE WORLD」にはその未来を感じるというか。

人の繋がりも含めてね。要は、人類から経済まで膨らみきったのが今だよね。未だに「成長」とか言ってる人がいるけど、時代の流れを見ても、世界規模で人口も減ってるわけやん。その縮小を悪く言う人もいるけど、いかに危険なリスクを回避しながら、ソフトランディング出来るかやと思う。

—経済成長はともかく、人類の成長の果てが拝金主義ならば、それはもう通用しない時代であると。

そういうことやな。そこには、常に素晴らしい音楽は必要で、成長じゃなくて進化した人間の形になりうる作品が「LOVE CHANGES THE WORLD」だから、俺の人生の中でこの作品は大事なんだよね。

—タイジさんが一貫して提唱された「反対は続けられないけど、賛成は続けられる」という、決して負の事実を嘆き悲しむのではなく、如何に肯定的なものに変えていくかという”賛成運動”に繋がっていきますね。

うん。今年の初めにさ、ジャーナリストの後藤健二さんが亡くなった事件があったでしょ。その事件の前までは今年の「中津川 THE SOLAR BUDOKAN」のコンセプトを「We’re gonna change」って考えていたの。でも、ただ変えるだけじゃダメで、何によって変えるのかが大事やと思ったんだよね。

—イスラム国のように”暴力”という術も”変える”ということに当てはまってしまうと。

「暴力に対して暴力」という連鎖を望んでないんですよ。そこで、清志郎さんの「愛し合ってるかい?」という言葉が、日本のロックの宝であり財産なんだなって思えたし、もう1度その言葉を日本のロック・ミュージシャンは振りかざすべきなんだろうなと。このアルバムでジョン・レノンと清志郎さんはちゃんとやりたかった理由もそこにある。

—ジョン・レノンがベトナム戦争時に「War is over if you want it.」と歌ったことをタイジさんが現代でも紡いでいくべきだと。

あの人が言わんかったら、ベトナム戦争が終わっていたかとも考えられるやん。あれだけ平和を流通させられたんやし、ジョン・レノンと清志郎さんが言う”愛”を真正面から受け止めて、もう1回やるべきやと思ったんだよね。

何で暴力を肯定するのかな。「これは戦争ではありません」「バカやろう!それを戦争って言うんだよ!」みたいなさ。

—抽象的な言葉で濁して、従来の憲法9条の解釈を変更し、集団的自衛権を行使出来るようにしたり。

そうだよね。今のそういう政治家が日本を引っ張っていると「3.11があったお陰でメルトダウンし、戦争するようになりました」っていう粗筋になるやん。それで、3.11で亡くなった人たちは納得するのか?俺は全くそうは思わないんだよね。

—また、これからの未来を次の世代へどう残せるのかも重要ですよね。

そうそう。今、SEALDsとか頑張ってるの見ると、すごい気持ちいいんですよ。俺も早い段階で「東京オリンピックの開会式と閉会式をソーラーで」って言ってたけど、ホンマにやらなアカンと思ってる。

—それを”音楽で”というのがタイジさんの活動の軸であり、「LOVE CHANGES THE WORLD」の持つ力だと思うんですよね。

やっぱり音楽ファーストやから。こういう考えや活動が出来てるのは、音楽をやってるからなんだよね。最近は言われなくなったけど「政治家になったらええやん」って意見があって「そうじゃないんだ」という話をいちいちしてたのよ(笑) 。

俺は政治家より、音楽家の方が断然好きやしね。仮に俺が政治家やったとして、音楽する時間が減るやん。そうなると、今みたいな考えも活動も出来んと思う。

—そうですよ!自粛ムードでも音楽を続けたタイジさんだから、賛同してついて行こうと思うんですよ。

そういうところやろうな。この前、宇宙飛行士の秋山豊寛さんに会ったときに「要するに、君がやっている活動はジャーナリズムなんだ」って言われたの。「テレビとか新聞で、報道をしてる場所がジャーナリズムなのではなくて、実はどこにでもある。コンセプトがあって人が集まり、今の社会に対して1つのビジョンを提示していくことが、ジャーナリズム」って言われて「なるほど」と思ったのね。

—「中津川 THE SOLAR BUDOKAN」がそうですよね。特に”参加をする”という定義が強いですし。

そう。どの分野にもチーム・プレイがあって、リーダー・シップを取る人がおるやん。俺は政治家じゃないからこそ、バンドっていう小さいチームからやって、今はこういうやり方が出来るけど、日本を1つのチームとしたら、今のリーダーはトチ狂っとるからさ(笑)。SEALDsとかも、チーム・プレイでああいう活動してるの見ると、応援したくなるよね。

—秋山さんのお話もすごく的を得ていて、改めてタイジさんの活動を端的に表している言葉ですね。

頭の良い人はオモロイよね(笑)。そのとき、いくつか俺の考えをぶつけてみたんやけど、その中で「今は人の名前で投票してるけど、名前にすると良い部分も悪い部分も含まれるから、人の意見に投票を出来ないか?」みたいなことを代議制の限界を感じて言ったんやけど、秋山さんは「それは代議制と民主制の併用で、国民投票の機会を増やすことです。それは選択肢としてあるし、現実的にも可能なやり方」って言ってくれて。

—主権在民であれば、今こそ国民投票に価する事柄は多いですしね。

日本国憲法が、全ての基本であるとするならばね。憲法、安保にしろ、沖縄も原発もやし、この4つが国民投票すべきテーマなんよね。にも関わらず、政治家がそれを阻止しようとしてる時点で、リーダーではないと思うからさ。

—そもそも話合えないのが良くないですよね。

政治家のテリトリーを守る人が多過ぎて、国民を政治の現場から排除する動きが未だにある。餅も作れないヤツらが「餅は餅屋に」って言ってる時点で可笑しいやん。

—(笑)。「LOVE CHANGES THE WORLD」のように、ジャンルレスな集まりが出来ている理由を知ればいいんですけどね。

ソーラーっていうコンセプトだけでも、これだけ集まれるわけやん。賛成するだけでこれだけのパワーが出せるんだから、選挙に行きたくなる仕組みを作るべき。それで国民投票の機会が増えたら、絶対投票率は上がるはずやと思うんよね。2000年くらいに、徳島にある吉野川可動堰計画の賛否を問う住民投票があって、結果、反対した住民が圧勝するんやけど、住民投票に持って行ったことと、それに勝ったことが誇らしくてさ(佐藤タイジは徳島出身)。

—そのときはどういった動きがあったんですか?

彼らが張ったキャンペーンは「VOTE」って書いたTシャツを着ることと、「VOTE」って書いた看板を持って交差点毎に立つっていうヤツ。それは見事だったし、吉野川って徳島人からしたら”ソウル”みたなとこもあるから、みんなが真剣になってたよね。俺の親父とオカンで意見が別れとったけど(笑)。

—(笑)。そういった経験があり、実績として知っているからこそ、タイジさんは投票に対して参加を呼びかけているんですよね。

最近のライブでは必ず言ってるな。みんなで模索して、みんなで考えたら必ずグッドアイディアは出るんよ。投票って、みんなで変えることの出来る手段やん。そこには暴力もなくて、愛を持って変えることが出来ると思うんだよね。

—「中津川 THE SOLAR BUDOKAN」の特徴として、地元・近隣、東京を含めた各地からと、幅広い世代の参加者が挙げられますね。

言わば、ちょっとした独立国家やから(笑)。ここで出来ることを進化させていきたいんだよね。例えば議論することを躊躇する教育って、現場にはあると思うんだけど、だとすればそれを変える教育って大事だし、教育そのものの大事さに、最近は特に痛感もしてて。そういうのもあって、今年はワークショップを充実させる予定なんよ。

—現タイミングで具体的に決まっているものはありますか?

全然出揃ってないんだけど、「ソーラーパネルでギターを鳴らそう!」なんかは俺がやれるヤツ。あと、敢えて名前は伏せとくけど、「変な太鼓のワークショップ」はある(笑)。

—すごい意味深なんですけど(笑)。

参加すればわかるヤツや(笑)。あと、チビっ子がラジオ番組で曲紹介をやってもオモロイんやろうな。出演するアーティストの曲を紹介するっていう。

—去年にも増して、より一層”参加型”が濃いフェスティバルになりそうですね。

そうかも、そうなりつつあるね。フェスってさ、例えば分別ゴミっていう定義をFUJI ROCKがしたように、未来の社会へのサンプルになりうるからね。

—「中津川 THE SOLAR BUDOKAN」で言えば、フード全てに線量表示という、食の安全配慮が挙げられますよね。

結局、そういう積み重ねが必要になると思うんよ。それで意識が変わって、普段の生活に持ち帰って日常化していくと思うんよね。「中津川 THE SOLAR BUDOKAN」で提示してることは、必ず未来に繋がっていくはずやから。

—参加者自身も、それを望んでるはずですし。今年は「LOVE CHANGES THE WORLD」で完成となった「もう一度世界を変えるのさ」を参加者全員で歌う光景も観たいですよね。

そうや、中津川で歌詞をみんなに配ろう!やっぱさ、元々テクノとかジャズのインスト・モノは好きなんやけど、3.11以降は「歌が聴きたい」ってなったんだよね。みんなで歌える歌っていうのが大事になってきて、俺の曲の書き方もそういう風になってる。人に曲を書くこともあるんだけど、「俺にしか歌えない」ではダメじゃん。

—それは「LOVE CHANGES THE WORLD」に収められた楽曲に、共通して言えますよね。決して小難しく歌いまわしたり、小難しい歌詞を書くよりも、直ぐに覚えられて歌えるメロディーがある。

そういうのが大事だよね。音楽業界がこれだけ変わっていってる中で、目の前の人がどれだけ歌えるかって、重要じゃないのかなと思うんだよね。CDが売れなくなっていても、フェスとかは各地で増えていて、聴いたり歌うお客さんがいるわけだからさ。

—既に、売上枚数のバロメータが崩壊している時代に、”知っている””歌える”という1番純粋なバロメータが大事なのかもしれないですね。

特に日本は、音楽産業という部分からかけ離れて行ってるからね。純粋に音楽が好きでやっているミュージシャンは、実はチャンスなんだと捉えるべきだよね。

—ヒット曲の定義は、本来そういったことだったんでしょうしね。

そう。本来の在り方に戻ろうとしている感じがしているし。「ヒット曲」というのは「みんなが歌える歌」っていうことちゃうかな。

—だとすると、今回の「LOVE CHANGES THE WORLD」について、改めてシアターブルックが進化していると言わざるを得ない楽曲が収録されていますが、タイジさん自身、多数のゲストミュージシャン参加にも言える、周りへの巻き込みや横の繋がりによる進化の要因をどう分析されますか?

「LOVE CHANGES THE WORLD」のコンセプトには、ジャンルとか関係ないじゃん。ある意味、プラットフォームになれたアルバムで、曲もみんなが歌えるものになってるよね。「音楽=平和」っていう共通認識があるから、進化出来たんじゃないかな。

—なるほど。”ロック”の定義も、タイジさんの中でジャンルではなく、姿勢や思想だからこそ、こういった巻き込みや繋がりが生まれるんでしょうね。

”ロック”って、俺の中で現実社会への問題定義や、意思表示っていうのがあると思ってるのね。その中で、世の中が変わっていくのが見えていて、音楽を通して何を提示するか。俺の中で、理想とするロックの概念があるんやけど、それはすごくしなやかで、強くてオモロくってっていうの。

—タイジさん自身、そう在りたい?

だよね。ジョン・レノンと清志郎さんもそうだし、共通して感じるのが「音楽=平和」ということやから。

—今年の「中津川 THE SOLAR BUDOKAN」でも、是非参加してそれを感じて欲しいですね。

—去年より、さらにプチ独立国家になっていくやろうから(笑)。中津川に、核廃絶宣言をした街であるモニュメントがあるんだけど、そういうところでやれているのは偶然なんやけど、実は必然であるのだということなんだよね。必ず再生エネルギーだけで、この国がまわせる日が来るから、その未来を観て「音楽=平和」なのだということを感じて欲しいですね。


取材:2015.08.06
インタビュー・テキスト:Atsushi Tsuji(辻 敦志) @classic0330
撮影:Atsushi Tsuji(辻 敦志) @classic0330

「LOVE CHANGES THE WORLD」

 

【ライブ】

15.09.26:中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2015
15.09.27:中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2015
Official WEB http://solarbudokan.com/
Official Twitter https://twitter.com/_solar_budokan_
Official Facebook https://www.facebook.com/TheSolarBudokan