The 1975のMatthew Healy、環境保護活動家のGreta Thunbergと再び共演すると語る

The 1975

ザ・1975のフロントマンであるマット・ヒーリーは16歳のスウェーデン人環境保護活動家のグレタ・トゥーンベリともう一度一緒になにかをやるはずだと語っている。

ザ・1975は2020年2月21日にリリースされる来たるニュー・アルバム『ノーツ・オン・ア・コンディショナル・フォーム(原題)』でグレタ・トゥーンベリとコラボしており、同作には彼女のスポークン・ワードによる楽曲“The 1975”が冒頭に収録される。同曲の収益はすべて気候変動に抗議する運動「エクスティンクション・レベリオン」に寄付されることが発表されている。

マット・ヒーリーは『デイリー・スター』紙に次のように語っている。「僕らは一緒にやることが今後もあると確信しているんだ。彼女は僕らにインスピレーションを与えてくれる数少ない人々のうちの一人だからね」

先日、マット・ヒーリーは彼女と一緒にいた時のことを振り返り、現在16歳の彼女について「スターとして敬愛する数少ない内の1人」だと語っている。

「彼女は象徴的な存在という点でも有名になったわけでさ」とマット・ヒーリーはオーストラリアのニュース・サイト「ペデストリアンTV」に語っている。「そう、ガンジーのような有名さでポスターになったりしているわけでさ。だから、スタジオで彼女と初めて会った時に、その時はすりガラス越しで、彼女の輪郭を確認できただけだったんだけどね。けど、(ガンズ・アンド・ローゼズの)スラッシュが言うように、『本当の意味での象徴的な存在であるということはシルエットだけで気づかれる』ということでね」

「彼女はシルエットだけでも分かったんだよ。すごく力を持った人だと思ったね」

マット・ヒーリーは次のように続けている。「グレタは俺がこれまでの人生で出会ってきた中で最もパンクな人物だよ。彼女と会った時に、彼女は『アンチ・ファシスト・オール・スターズ』って書かれたTシャツを着ていてね。なにも、それは『アンティファ(※極右団体に暴力で抵抗する人々)』みたいなことではなくてね。彼女は暴力を支持しているわけではないけど、大胆なところがあるんだよ。俺もそういうところが根っこにあるからね」

マット・ヒーリーは続けて、気候変動に対する見解について彼女によって変えられたことを認めている。「悲観的まではいかないにせよ、現在の状況に対して後ろ向きな見方をしていたんだ。なかばニヒリスティックになっていて、『しょうがないよ。俺たちはもうダメだ』という感じだったんだよね」

「そこから彼女と会ったんだけどさ。その信念や彼女と話して感じるものという点で彼女は最も真剣な人物だったわけだけど、少し希望のようなものが残ったんだ。分かるよね?」

関連NEWS

  1. The 1975

    The 1975、別プロジェクトのDrive Like I Doのウェブサイトが公開

  2. Drive Like I Do

    Drive Like I Doの作品を2月にリリースすることを示唆

  3. The 1975

    The 1975、新作より新曲“Jesus Christ 2005 God Bless America”の音源が公開

  4. The 1975

    The 1975、日本独自7インチレコードBOXの発売を記念してタワーレコード渋谷店でトークイベントの開催が決定

  5. The 1975

    The 1975、10月に延期されていたヨーロッパ・ツアーの新たな日程を発表

  6. THE STRUTS

    THE STRUTS、THE 1975の“Inside Your Mind”をカヴァーしたMVが公開

  7. The 1975

    The 1975、新作のリリースを記念して全国5店舗のタワーレコードでパネル展の開催が決定

  8. Matty Healy

    The 1975のMatty Healy、外出制限を受けてプレイリストを公開

  9. Matty Healy

    Matty Healy、疲労困憊していて休みを取ろうとしていると母親が語る

  10. Matt Healy

    The 1975、Maroon5にアートワークの類似性を指摘されてMatt Healyが返事を返す

  11. Phoebe Bridgers

    Matt Healy、Phoebe Bridgersのロンドン公演にサプライズで出演

  12. The 1975

    The 1975のMatt Healy、今週何かが起こることを予告する画像を投稿

  13. The 1975

    The 1975、今夏に予定されていたロンドンの大規模公演について2021年の新日程が決定

  14. Matt Healy

    The 1975のMatt Healy、Dashboard Confessionalと自身の“Sex”で共演

  15. The 1975

    The 1975のマット・ヒーリー、2020年に自身のフェスティバルを開催する可能性を示唆

  1. 高橋幸宏

    高橋幸宏に迫る展覧会、第2弾トークライブ・ゲストを発表

    2024.05.21

  2. THE YELLOW MONKEY

    THE YELLOW MONKEY、アルバム『Sparkle X』を引っ提げたツアー、「T…

    2024.05.21

  3. Led Zeppelin

    Led Zeppelin、海外でドキュメンタリー映画『Becoming Led Zeppelin…

    2024.05.21

  4. Bon Jovi

    Bon Jovi、『アメリカン・アイドル』で「Legendary」を披露した映像…

    2024.05.21

  5. Jon Wysocki

    Staindの初代ドラマーであるJon Wysockiが享年53歳で逝去

    2024.05.21

  6. BADBADNOTGOOD

    BADBADNOTGOOD、新EPをリリース&「Mid Spiral」のライヴ映像が公開

    2024.05.21

  7. Griff

    Griff、ロンドンのラウンドハウス公演よりライヴ映像が公開

    2024.05.21

  8. The Beach Boys

    The Beach Boys、『Pet Sounds』を最も宣伝してくれたのはJohnとPau…

    2024.05.21

  9. The Rolling Stones

    The Rolling Stones、『ヴードゥー・ラウンジ』の30周年記念エディ…

    2024.05.20

  10. Red Hot Chili Peppers

    RED HOT CHILI PEPPERS [The Unlimited Love Tour]2024年5月20日の…

    2024.05.20

  1. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’24、第6弾ラインナップを発表

    2024.05.17

  2. SUMMER

    SUMMER SONIC 2024、「Spotify RADAR:Early Noise Stage」に12組が…

    2024.05.16

  3. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2024、出演アーティスト最終発表

    2024.05.09

  4. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2024 in EZO 第2弾出演アーティスト発表

    2024.05.02

  5. Talking Rock! FES

    Talking Rock! FES.2024、第2弾出演アーティスト9組を発表

    2024.04.27

  6. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、第2弾出演アーティストにThe BONEZ、おとぼけビ〜…

    2024.04.18

  7. SiM主催フェス「DEAD POP FESTiVAL 2024」、出演アーティスト第二弾…

    2024.04.01

  8. Slow LIVE

    「大人のミニフェス」Slow LIVE、今年も東京・池上本門寺にて8/30(…

    2024.03.22

  9. 04 Limited Sazabys

    04 Limited Sazabys主催の野外フェス<YON FES 2024> 第1弾出演アー…

    2024.03.13