REMのMichael Stipe、「Losing My Region」の歌詞を変えた部分について語る

Michael Stipe

R.E.M.のマイケル・スタイプは“Losing My Region”の歌詞を途中で変化したことについて語っている。

マイケル・スタイプはリック・ルービンのポッドキャスト『ブロークン・レコード』で1991年発表の“Losing My Region”について大きな変更をしたことを明かしている。

リック・ルービンが書いた時に特別な曲だと分かったのかと尋ねると、マイケル・スタイプは否定している。「アルバムからのファースト・シングルとしてリリースしたんだけど、次の曲へのセット・アップと考えていたんだ。不思議な曲だよね。こんな形で反響を呼ぶことになるなんてまったく分かってなかったよ」

楽曲の制作についてマイケル・スタイプは次のように振り返っている。「一つの歌詞を変えたんだ」

「『That’s me in the corner / That’s me in the kitchen(隅っこにいる自分/キッチンにいる自分)』というもので、パーティーやダンスで好きな人のところに行って『あなたのことが気に入っているんだけど、私のことはどう思う?』と訊けない、後ろに下がっている壁紙のようなシャイな人物から来ているんだ」

「そこでは恋愛が頭の中だけで起こっているんだ。言い過ぎたのか、足りなかったのか、その人物には分からない」とマイケル・スタイプは続けている。

「隅でみんなが踊っているのを観ているんだ。最愛の人がダンスフロアでみんなと踊っているのを観ているんだよ。最もドキドキしている人だからね。もしくはキッチンで冷蔵庫の影に隠れているんだ」

マイケル・スタイプは歌詞に施した変化について次のように語っている。「キッチンをスポットライトに変えたら、まさに自分のことの曲になったんだよね。そうではなかったのにね」

“Losing My Region”は1991年6月に全米シングル・チャートで最高位4位を記録しており、21週にわたってチャートインしている。

昨年、マイケル・スタイプはR.E.M.の再結成をめぐる議論に終止符を打ち、10年前の解散は今後も続くものだと述べている。

ラジオ局「WNYC」でヴェルヴェット・アンダーグラウンドのトリビュート・アルバムについて語ったマイケル・スタイプはR.E.M.の再結成の可能性について報じた2019年の米『ローリング・ストーン』誌の記事について「せいぜい希望的観測」だと述べている。

「決して再結成はしないよ。多くのバンドにとってはもう一度やる動機になるのかもしれないけど、解散する時にそれは悪趣味な金儲けになると決心したんだ。そんなものは必要としていないし、32年間の栄光があることに満足しているんだよ」

関連NEWS

  1. R.E.M.

    R.E.M.、“Everyday Is Yours To Win”のスタジオ・ライヴ映像が公開

  2. R.E.M.

    R.E.M.、1999年のグラストンベリー・フェスティバルのライヴ映像をYouTubeで配信することに

  3. R.E.M.

    R.E.M.、1999年のグラストンベリー・フェスティバルのライヴ映像がYouTubeで公開

  4. R.E.M.やOASISが公演してきたロンドンの由緒あるライヴハウスであるボーダーラインが閉店することに

  5. Michael Stipe

    REMのMichael Stipe、商業的には世界初となるバイオプラスチック製12インチをリリースすることに

  6. R.E.M.

    R.E.M.、『New Adventures In Hi-Fi』の25周年盤の発売が決定

  7. R.E.M.

    R.E.M.、新形コロナの感染拡大を受けて“It’s the End of the World”が再びチャートイン

  8. michaelstipe

    REMのMichael Stipe、制作中のソロ・アルバムについての思いを語る

  9. R.E.M.

    R.E.M.、“That Someone Is You”のスタジオ・ライヴ映像が公開

  10. Michael Stipe

    Michael Stipe、REM解散後初となる新曲が18曲あると語る

  11. R.E.M.、BBCの膨大な音源と映像を収録したボックスセットのリリースが決定

  12. Michael Stipe

    R.E.MのMichael Stipe、ソロ・デビュー・シングル“Your Capricious Soul”が公開

  13. R.E.M.

    R.E.M.、『ニュー・アドヴェンチャーズ・イン・ハイファイ』25周年盤より「Wall of Death」の音源が公開

  14. The Rolling StonesやGreen Day

    The Rolling StonesやGreen Dayら、政治における音楽使用について公開書簡に署名

  15. REM、Hayley WilliamsやPhoebe Bridgers

    R.E.M.、Hayley WilliamsやPhoebe Bridgersらが参加した公平な選挙のためのコンピが発売されることに

  1. Steven Tyler

    Steven Tyler、The Black Crowesと共演して「Mama Kin」を披露

    2024.05.21

  2. 高橋幸宏

    高橋幸宏に迫る展覧会、第2弾トークライブ・ゲストを発表

    2024.05.21

  3. THE YELLOW MONKEY

    THE YELLOW MONKEY、アルバム『Sparkle X』を引っ提げたツアー、「T…

    2024.05.21

  4. Led Zeppelin

    Led Zeppelin、海外でドキュメンタリー映画『Becoming Led Zeppelin…

    2024.05.21

  5. Bon Jovi

    Bon Jovi、『アメリカン・アイドル』で「Legendary」を披露した映像…

    2024.05.21

  6. Jon Wysocki

    Staindの初代ドラマーであるJon Wysockiが享年53歳で逝去

    2024.05.21

  7. BADBADNOTGOOD

    BADBADNOTGOOD、新EPをリリース&「Mid Spiral」のライヴ映像が公開

    2024.05.21

  8. Griff

    Griff、ロンドンのラウンドハウス公演よりライヴ映像が公開

    2024.05.21

  9. The Beach Boys

    The Beach Boys、『Pet Sounds』を最も宣伝してくれたのはJohnとPau…

    2024.05.21

  10. The Rolling Stones

    The Rolling Stones、『ヴードゥー・ラウンジ』の30周年記念エディ…

    2024.05.20

  1. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’24、第6弾ラインナップを発表

    2024.05.17

  2. SUMMER

    SUMMER SONIC 2024、「Spotify RADAR:Early Noise Stage」に12組が…

    2024.05.16

  3. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2024、出演アーティスト最終発表

    2024.05.09

  4. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2024 in EZO 第2弾出演アーティスト発表

    2024.05.02

  5. Talking Rock! FES

    Talking Rock! FES.2024、第2弾出演アーティスト9組を発表

    2024.04.27

  6. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、第2弾出演アーティストにThe BONEZ、おとぼけビ〜…

    2024.04.18

  7. SiM主催フェス「DEAD POP FESTiVAL 2024」、出演アーティスト第二弾…

    2024.04.01

  8. Slow LIVE

    「大人のミニフェス」Slow LIVE、今年も東京・池上本門寺にて8/30(…

    2024.03.22

  9. 04 Limited Sazabys

    04 Limited Sazabys主催の野外フェス<YON FES 2024> 第1弾出演アー…

    2024.03.13