U2のBono、11月に海外で刊行される回想録より母親の死を振り返った抜粋が公開

Bono

U2のフロントマンであるボノは回想録『サレンダー:40ソングス、ワン・ストーリー(原題)』で母親の死について振り返っている。

576ページの本書は出版社のアルフレッド社から11月1日に刊行される。オーディオブックはペンギン・ランダム・ハウスより発売される。タイトルの通り、本書はU2のディスコグラフィーから40曲を掘り下げるものとなっている。各章は曲名が付けられており、ボノの生涯が紡がれることになる。

『ニューヨーカー』には本書からの抜粋が掲載されており、ボノが14歳だった1974年に母親のアイリスが祖父の“ギャグス”・ランキンの葬儀で倒れて、そのまま亡くなったことについて振り返っている。ボノは父親のボブや兄のノーマンが以降、母親について語ることがなかったと述べている。

「それよりもひどかったと思う。彼女のことをもう一度考えることもほとんどなかった。私たちは3人のアイルランド人の男だった。母親について考えたり話したりすることで生まれる痛みを知っていたから、それを避けていた。祖父の葬儀で、アイリスが倒れたというのに、私たちは子どもで、笑いながら走り回っていた。それも母親の妹であるラスがドアを飛び出してくるまでだった。『アイリスが死にそうなの』、母親は脳卒中だった」

「3日後、ノーマンと私は別れを告げるように病院に連れてこられた。彼女は生きていたけど、辛うじてで、ラスは病室の外にいて泣いていて、父は母親以上に生気のない目をしていた。なにもかもを奮い立たせて病室に入ると、母親は穏やかな顔をしている。彼女の大部分が既に旅立ったことを受け入れ難かった。私たちは彼女の手を握って、心電図の音を聞いていたけど、それも聞こえなくなった」

本書の刊行発表と共に、アニメーションにナレーションを付けた動画も公開されている。これは「Out Of Control」と題された章を読み上げるもので、ラモーンズに影響を受けたU2の創成期に触れたもので、1979年発表のシングルがタイトルとなっている。

また、U2は来年ネヴァダ州ラスベガスにオープンするMSGスフィアでこけら落としの公演を行うとも報じられている。

関連NEWS

  1. BONO

    U2のBONO、回想録が11月に刊行されることを記念して世界14都市を回ることが決定

  2. U2のボノの息子が結成したバンド、同じ名前のバンドとトラブルに

  3. U2、“Get Out Of Your Own Way”のビデオ撮影をトラファルガー広場で敢行

  4. Bono

    U2のBono、自国にマスクなどを確保するために韓国の文在寅大統領やアップルのティム・クックに連絡

  5. Haim

    Haim、U2のBonoに「Summer Girl」へのゲスト参加を断られた経緯を語る

  6. U2、ボノの声が出なくなって数曲で公演を中断してしまうことに

  7. U2

    U2、さいたまスーパーアリーナ公演のステージでU2X RADIO発表

  8. U2

    U2、12月4日に行われるさいたまスーパーアリーナ公演のステージからニュースを発表すると予告

  9. Bono

    Bono、何十年もいることを知らなかった兄がいたことを明かす

  10. Bono

    U2のBono、米TV番組で「With or Without You」をスペシャル・アレンジで披露した映像が公開

  11. U2、最新シングル“You’re The Best Thing About Me”のミュージック・ビデオを公開

  12. Ian Curtis

    U2のbono、Joy DivisionのIan Curtisと初めて会った時を振り返る

  13. U2、ジャック・ホワイトのサード・マン・レコーズでレコーディングする映像を公開

  14. U2のボノ、声が出なくなってしまったことについて声明を発表

  15. U2

    U2のBono、スタッフが取り押さえようとするなかステージに上げた男性とダンスを披露