Madonna、開演時間の遅れに関する訴訟について「組織的迷惑行為」と弁護士が見解

Madonna

マドンナの弁護士はマドンナのライヴの開演時間が遅れたことに関する集団訴訟について「組織的迷惑行為」と評している。

マドンナは40周年を記念した「セレブレイション」ツアーの開演時間が遅れたことについて一つ以上の集団訴訟を起こされている。今年1月、12月13日のバークレイズ・センター公演のチケットを購入したマイケル・フェロウズとジョナサン・ハデンは開演予定の20時30分から2時間以上遅れたことについて訴訟を起こしている。

訴状では開演時間の遅れについてチケット購入者との「契約違反であるだけでなく、虚偽広告、過失による不当表示、不公正で欺瞞的な商慣行」と評されている。

マドンナは裁判所に対して訴訟の棄却を求めており、弁護士は次のように述べている。「原告は午前1時以降に会場を出たチケット購入者が自宅に帰るのに支障をきたした、あるいは翌日仕事のために早く起きなければならなかったと推測していますが、それは法律の範囲内の被害ではありません」

米『ビルボード』誌によれば、マドンナ陣営は遅延がサウンドチェック中の技術的問題のためだったとしている。

今回、マドンナの弁護士はこの訴訟について再び言及して、原告側とはいかなる和解にも合意していないことを明らかにしている。マドンナ側が最初にこの訴訟に対応した際、原告側はこれが和解合意に等しいと考え、原告の弁護士が和解通知を提出するに至っていた。

今回、マドンナの弁護士は判事に対して和解通知の取り消しを求めている。マドンナの弁護士は原告側の弁護士と連絡を取ったことは認めたものの、和解通知は虚偽であり、訴訟を「組織的迷惑行為」だと評している。判事はこの要求を認めており、これは裁判が進められることを意味している。

もう一つの訴訟はワシントンD.C.公演のチケット購入者から起こされたもので、2023年12月にキャピタル・ワン・アリーナで行われた2公演で2時間近く開演が遅れたことで、法に違反していると主張するものとなっている。

ライヴ・ネイションも被告としたこの訴訟は「セレブレーション」ツアーの開演時間が遅れたことは「虚偽・誇大広告の濫用」にあたるとしている。

原告側の弁護士は次のように述べている。「暑くて居心地のよくないアリーナで何時間も消費者を待たせるのはマドンナが傲慢で、完全にファンを軽視していることを示しています」

「実のところ、マドンナとライヴ・ネイションは消費者にとって『最悪の悪夢』です」と弁護士は続けている。「この訴訟は深夜まで起きていたくない不満を持ったファンによるものではなく、ベビーシッター、仕事に従事している責任ある論理的な人々、深夜12時に閉まる駐車場から車を出さなければならない人々、公共交通機関が動いていないことを理解している人々によるものです」

この訴訟は集団訴訟として申し立てられており、開演時間の遅れによって同様の問題を体験したチケット購入者を代表するためのものとなっている。

マドンナは訴状によれば、当日観客に対して「遅くなってゴメンなさい。いや、申し訳ないとは思っていない。それが私だから。私は常に遅れてしまうの」と語っていたという。

ワシントンD.C.公演の訴訟を受けてマドンナの弁護士は「バカげている」と述べている。「事実、論理的な消費者はライヴ・ネイションによって行われているテイラー・スウィフトやブルース・スプリングスティーンの公演がチケットに記載された時間に始まっているのを知っていますし、ブロードウェイの公演でもNFLのアメリカン・フットボールでもメジャーリーグのベースボールでもそうです」

マドンナは「セレブレイション・ツアー」について性的なコンテンツを露出したことでも観客から訴訟を起こされている。

原告のジャスティン・リペルズはマドンナとライヴ・ネイションを相手に6つの訴因で訴訟を起こしており、そこには契約書違反、過失による不実表示、故意による精神的苦痛、過失による精神的苦痛、虚偽広告、不正競争が含まれている。

関連NEWS

  1. Madonna

    Madonna、現在制作中の伝記映画の進捗について新たな情報を明かす

  2. Madonna

    Madonna、報じられていた伝記映画の製作が中止されることが明らかに

  3. Madonna

    Madonna、写真集『セックス』の30周年を記念して新しいエディションを刊行することに

  4. MADONNA

    MADONNA、来たる新作よりスウェイ・リーを迎えた新曲“Crave”が公開

  5. Madonna

    Madonna、終演時間の期限を過ぎたことで会場によって幕を閉じようとしたと批判

  6. Beyonce

    Beyonce、「Break My Soul」のリミックスについて感謝の思いを綴った手紙をMadonnaに送る

  7. Christine and the Queens

    Christine and the Queens、新作にMadonnaが参加していることになった経緯を語る

  8. Madonna

    Madonna、自身のコンサートでエアコンを使い続けたスタッフを非難

  9. Madonna

    Madonna、「American Life」のMVのディレクターズ・カット版を20年を経て正式に公開

  10. Madonna

    Madonna、第65回グラミー賞授賞式で容姿が話題を呼んだことについて再び言及

  11. Madonna

    Madonna、“Like a Prayer”のMVが30周年を迎えたことを祝福

  12. Madonna

    Madonna、63歳の誕生日にあたって自身が建てたマラウイの病院に寄付を募る

  13. Madonna

    Madonna、ロンドンのO2アリーナ公演でイスラエルとハマスの紛争について語る

  14. Madonna

    Madonna、チャリティ団体のためにNFTコレクションをオークションに出品することが明らかに

  15. Madonna

    Madonna、Fireboy DMLが参加したSickickによる「Frozen」のリミックスが公開

  1. FESTIVAL de FRUE 2024、第一弾ラインナップを発表

    2024.07.13

  2. Justin Timberlake

    Justin Timberlake、ボストン公演で飲酒運転についての冗談を飛ばす

    2024.07.13

  3. Kendrick Lamar

    Kendrick Lamar、「The Pop Out : Ken & Friends」より地元の…

    2024.07.13

  4. Dua Lipa

    Dua Lipa、Glastonbury Festivalがリップシンクと言われたことにつ…

    2024.07.13

  5. きみとバンドのギター清原梨央が リアル喜多ちゃん(ぼっち・ざ・ろ…

    2024.07.13

  6. The BONEZ × Dragon Ash、2マンツアー開催

    2024.07.13

  7. Killer Mike

    Killer Mike、ニュー・シングル「Humble Me」がMVと共に公開

    2024.07.13

  8. Damon Albarn

    Damon Albarn、Glastonbury Festivalでパレスチナの紛争に言及

    2024.07.13

  9. Omar Apollo

    Omar Apollo、ニュー・アルバムより「Done With You」のMV公開

    2024.07.13

  10. Cat Burns

    Cat Burns、デビュー作より「Met Someone」のMV公開

    2024.07.13

  1. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL、第4弾出演アーティスト・出演ステージ・…

    2024.07.12

  2. FUJI ROCK FESTIVAL ’24、Amazonにて無料配信が決定

    2024.07.11

  3. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク’24 愛でぬりつぶせ、出演アーティストを発表

    2024.07.10

  4. SUMMER SONIC

    SUMMER SONIC&SONIC MANIA2024、タイムテーブルを公開&追加アーテ…

    2024.07.10

  5. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、最終出演アーティストにザ・クロマニヨンズ・MAN W…

    2024.07.07

  6. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’24、最終ラインナップ&タイムテーブルを発表

    2024.07.05

  7. ASAGIRI JAM ’24、第1弾ラインナップ発表

    2024.06.24

  8. 「Slow LIVE」第二弾出演者発表!金沢・軽井沢公演もあわせて解禁

    2024.05.31