ザ・フーのロジャー・ダルトリー、伝記映画でキース・ムーンを演じる俳優の条件を語る

ザ・フーのロジャー・ダルトリーはキース・ムーンの伝記映画でキース・ムーンを演じる俳優は目で決まると語っている。

1964年から1978年までザ・フーのドラマーだったキース・ムーンはアルコール禁断症状を抑えるための薬、ヘミネヴリンのオーヴァードーズで亡くなっている。

キース・ムーンの伝記映画は2013年から取り組まれているものの、最近は棚上げされていた。今回、ザ・フーのフロントマンであるロジャー・ダルトリーは映画の制作が再開したことを明かしている。

「キース・ムーンを探さなきゃならいんだけどさ」とロジャー・ダルトリーはBBC 6ミュージックのマット・エヴェリットに語っている。「その俳優、その俳優の目にすごくかかっているんだ。というのも、キースは類稀な目を持っていたからね。間違いなく目でキャストを決めなきゃならないんだ」

キース・ムーンのようなミュージシャンを演じることのできる俳優を探すのは難しいかもしれないとマット・エヴェリットが言うと、ロジャー・ダルトリーは次のように応じている。「なんでキースをミュージシャンだと思うんだい? 彼はこう言うはずだよ。『なんだって、おい! ミュージシャンだって? 俺はドラマーだよ』ってね」

「みんなキースのことを知らないんだ」と彼は続けている。「バンド以外の人間が俺たちのようにキースのことを知っているのかは分からないね。彼はすごく変わった人間だからね」

ロジャー・ダルトリーは「ふさわしい脚本」も探していると説明し、撮影は「来年」から始めることができればと語っている。

ザ・フーのロジャー・ダルトリーはヒップホップは誕生から進化しているとは思えないとして、カニエ・ウェストの音楽については「ほぼ無意味」だとしている。

「正直に言うと、僕にとってはほぼ無意味だったけどね。ラップのリズムには好きなものもあるんだけどさ。けど、そういうリズムの入ったアルバムが初めて出てから何も変わっていないよね?」

関連NEWS

  1. チリー・ゴンザレス、ドキュメンタリー映画の日本公開が決定&ダフト・パンクに捧げた新曲も公開

  2. 映画『アリー/スター誕生』、当初ジャック・ホワイトが主人公に想定されていたことが明らかに

  3. クイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』、ライヴ・エイドのシーンの撮影を出演者が振り返る

  4. クイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』、ライヴ・エイドの全編シーンが存在することが明らかに

  5. Motley Crue

    Motley Crue、伝記映像作品の撮影中に怪我をしたクルーから訴えられたことが明らかに

  6. DAVID BOWIE

    映画『ビサイド・ボウイ ミック・ロンソンの軌跡』、吉井和哉提供のミック・ロンソンの衣装が劇場ロビーに展示されることに

  7. イギー・ポップがナレーションを務める映画『バンクシーを盗んだ男』、先行プレミア上映が決定

  8. The Rolling Stones

    The Rolling Stones、東阪のZeppにて映画『LET’S SPEND THE NIGHT TOGETHER…Live it!』の上映が決定

  9. 新宿ピカデリー爆音映画祭、開催期間の延長が決定

  10. Rami-Malek

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』のRami Malek、フレディ・マーキュリーの妹との関係を語る

  11. クインシー・ジョーンズ、ネットフリックスで配信されるドキュメンタリーのトレイラー映像が公開

  12. クイーンのロジャー・テイラー、映画からサシャ・バロン・コーエンが降板した理由を語る

  13. JimmyPage

    Jimmy PageやEric Claptonの貴重なギターを展示する展覧会がNYのメトロポリタン美術館で開催

  14. 映画『スパイナル・タップ』、日本での初公開に向けて新たな本編映像が公開

  15. Queen

    Queenのブライアンとロジャー、映画『ボヘミアン・ラプソディ』のゴールデン・グローブ賞受賞を祝福