The 1975のマット・ヒーリー、バンドの各時代を演奏する連続公演を行いたいと語る

The 1975

ザ・1975のフロントマンであるマット・ヒーリーは、会場を1週間借り切って1日ごとにバンドのそれぞれの時代の音楽をパフォーマンスするイベントをやりたいと語っている。

マット・ヒーリーはツイッターでの投稿の中で1週間のそれぞれの日程について、1日目は初期のEPからの楽曲、2日目はセルフタイトルのデビュー作、3日目はセカンド・アルバム『君が寝てる姿が好きなんだ。なぜなら君はとても美しいのにそれに全く気がついていないから。』、4日目は最新作の『ネット上の人間関係についての簡単な調査』、5日目は来たるリリース予定の新作『ノーツ・オン・ア・コンディショナル・フォーム(原題)』のためのショウケース・ライヴ、最終日となる6日目にはグレイテスト・ヒッツのライヴを行いたいと語っている。

マット・ヒーリーはこの計画についての会場など具体的なプランは明かしていないものの、このツイートはファンから多くの反響を集めている。ロンドンにあるバンケット・レコーズは彼のツイートに最初に反応を示したアカウントの一つで、マット・ヒーリーに「ハロー!」と返信している。

マット・ヒーリーの投稿はこちらから。

マット・ヒーリーはその後、ツイートが大きな反響を呼んだことを受けて次のようにツイートしている。「オーケー。リアクションを受けて、これを正式にやることにしよう」

一方、マット・ヒーリーは先日、『NME』とのインタヴューの中で「ギター・ミュージック」を興味深いものにしているのは女性たちだと語っている。

マット・ヒーリーは今回、今年8月に行ったインタヴューの中で「興味深いことをやっているバンドは大御所にはいない」と語ったと報じられたことに対してアイドルズから批判を受けたことに言及している。

マット・ヒーリーは当時の自身の発言について次のように語っている。「彼らと休戦しようみたいなことは考えていないんだ。そもそも、僕らは喧嘩をしているわけじゃないからね。けど、僕の発言を彼らが誤解してしまったということは理解しているよ。それが僕の責任であるにせよ、そうでないにせよね」

マット・ヒーリーは続けてギター・ミュージックの現状について語っている。「僕が興味深いと思っているのは、『ギター・ミュージック』と呼ぶことにするけど、今のそれにはたくさんの女性たちがいるよね。(ウルフ・アリスやジャパニーズ・ハウスが所属するダーティ・ヒットに言及して)僕のレーベルと契約している人たちを見てみてくれよ」

「みんな頭が追いつけないでいるんだ。年頃の男たちがザ・コーティナーズやパンク・バンドではなく、ザ・1975に入りたいと思っていることが理解できないんだよ。だって、もう終わったんだからね。男の時代は終わったんだよ。もう終わったんだ。いい時代だったけど、終わったんだ」

「つまりさ、白人の男たちが叫ぶような音楽はこれまでに何度も作られてきたわけだけど、パンクにおける興味深い視座は女性たちと共ににあるんだ。とはいえ、そういう儚さだったり毒された男性性に対抗しようとするアイドルズみたいな興味深いバンドが登場するのも、だからなんだけどね。そこにきちんと意味があれば、人々と共鳴していくんだ」

関連NEWS

  1. The 1975

    The 1975、ニュー・シングル“If You’re Too Shy (Let Me Know)”が公開

  2. The 1975

    The 1975、ake Thatの「A Million Love Songs」をカヴァーした映像が公開

  3. Taylor Swift

    Matty Healy、Taylor Swiftの新作に参加しているという噂を否定

  4. ARCTICMONKEYS

    イギリスで2018年に最も売れたアナログ盤のランキングが明らかに

  5. The 1975

    The 1975、アイルランドで行う2つの大規模な屋外公演を発表

  6. The 1975

    The 1975のマット・ヒーリー、同じホテルに滞在していたBTSにマリファナの匂いについて弁明

  7. Lewis Capaldi

    Lewis Capaldi、The 1975の公演でTaylor Swiftの「Love Story」を披露

  8. The 1975

    The 1975、アメリカのテレビ番組に出演してアルバムを立て続けにリリースする理由を語る

  9. Drive Like I Do

    The 1975の前身バンドであるDrive Like I Do、音源がストリーミングで公開

  10. The 1975

    The 1975、『The New Look』のサントラに提供した「Now Is The Hour」のカヴァーが公開

  11. The 1975、来日公演を記念した公式ポップアップ・ショップの全ラインナップが明らかに

  12. The 1975

    The 1975、通算5作目となる新作のリリース日が明らかに

  13. The 1975

    The 1975、Rage Against The Machineの代わりにReading and Leeds Festivalsに出演決定

  14. The 1975

    The 1975のMatt Heealy、ジョー・バイデンの勝利を祝福するプレイリストを公開

  15. The 1975

    The 1975、すべてのソーシャル・メディアのアカウントを削除

  1. SAULT

    SAULT、1曲32分で構成された新作『Acts of faith』をダウンロードで…

    2024.07.21

  2. Dave Rowntree

    Dave Rowntree、イギリス総選挙での落選を受けて声明を発表

    2024.07.21

  3. Wishy

    Wishy、来たるデビュー・アルバムより新曲「Sick Sweet」の音源が公…

    2024.07.21

  4. Ayra Starr

    Ayra Starr、最新作より「Bird Sing of Money」を披露したパフォー…

    2024.07.21

  5. BAND-MAID

    BAND-MAID、9月発売ニューアルバム限定盤収録のお給仕映像より、未…

    2024.07.20

  6. YES

    YES、来日公演を記念して89年発表のABWH『閃光』と91年発表の『結晶…

    2024.07.20

  7. Kelly Jones

    Kelly Jones、ソロ作より新曲「Time’s Running Away」のMV公開

    2024.07.20

  8. London Grammar

    London Grammar、Sabrina Carpenterの「Espresso」をカヴァーした映…

    2024.07.20

  9. Mochakk

    Disclosure&Mochakk、2時間を超えるB2Bのパフォーマンス映像が公開

    2024.07.20

  10. Justin Bieber

    Justin Bieber、アジア一の富豪による結婚式の事前パーティーに16億…

    2024.07.20

  1. Slow LIVE

    Slow LIVE’24 in 金沢公演 土岐麻子の出演が決定

    2024.07.19

  2. THE DROP FESTIVAL 2024 in MIYAZAKI

    『THE DROP FESTIVAL 2024 in MIYAZAKI』期間限定再結成を発表したA…

    2024.07.19

  3. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL、第4弾出演アーティスト・出演ステージ・…

    2024.07.12

  4. FUJI ROCK FESTIVAL ’24、Amazonにて無料配信が決定

    2024.07.11

  5. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク’24 愛でぬりつぶせ、出演アーティストを発表

    2024.07.10

  6. SUMMER SONIC

    SUMMER SONIC&SONIC MANIA2024、タイムテーブルを公開&追加アーテ…

    2024.07.10

  7. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、最終出演アーティストにザ・クロマニヨンズ・MAN W…

    2024.07.07

  8. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’24、最終ラインナップ&タイムテーブルを発表

    2024.07.05

  9. ASAGIRI JAM ’24、第1弾ラインナップ発表

    2024.06.24

  10. 「Slow LIVE」第二弾出演者発表!金沢・軽井沢公演もあわせて解禁

    2024.05.31