THE STARBEMS インタビュー

ーちょうど昨日、金沢VANVAN V4でライブを終えられましたが、新曲も演奏されたのですか?

日高 央(以下:日高):これまでも、アルバムからの新曲を3曲くらい演っていたんですけど、前から観に来てくれている常連(ファン)曰く、「レコーディングを経たら、音が完成しましたね」なんて言われましたね(笑)

越川 和磨(以下:越川):(笑)

日高:「プロデューサーか!スタッフか!」っていうくらい上から言って頂けて(笑)「Vanishing City」「Sweet Nothing Blues」「Everybody Needs Somebody」がそうなんですけど、結果的に良かったのかなと。

ーサポートベーシストとして山下 潤一郎(ex-ASPARAGUS/ex-ナイスマーブルス)さんを迎えられましたが、ライブ、レコーディングを通しての感触はいかがですか?

日高:元々、前のベースだった寺尾(純平)は”はっぴいえんど”好きな、横ノリのベーシストだったんです。逆にオレは、年齢を重ねる程BPMを上げたいし(笑)、縦ノリを突き詰めたいという互いのズレが、今年の初めからあって。半年くらい話し合いをしながら、アイツなりに先輩ベーシストに相談もしてて。例えば「KEN BAND」のJUN GRAYさん、「VOLA & THE ORIENTAL MACHINE」の有江 嘉典くん、今回サポートしてくれてる潤もそうだし。

ーバンドとの方向性を模索されていたんですね。

日高:その中で最終的に皆さんが仰るのは”気合と基礎練”だったんですよね。気合はあるけど(笑)、やっぱ基礎練は1、2週間で何とかなるものでもないから。じゃあ、「バンドと距離を置いて、客観的にベーシストとして考え直してみる」という結論で、喧嘩別れとかではない、今回の脱退だったんです。そして潤は元々Steve Vaiとかが大好きなんで、縦ノリ・横ノリ何でもいけるから、バンドとしてはやりやすいですよね。

越川:僕は”音”の前に”人”だと思うから、人としてのコミュニケーションを取ってからなんですけど、中々パンチの効いた人で(笑)

日高:人生のBPMが早いんで。

越川:色んなことが斜め上っていう(笑)勉強させてもらってますけど、ものすごくスピリチュアルな方です。違和感がないと言うと嘘になるけど、ここ最近で人としても音のグルーヴとしても合って来てますね。

ーバンドとしての変化を経て、前作「SAD MARATHON WITH VOMITING BLOOD」「ULTRA RENEGADES E.P.」からの進化が今作で著しく見られますが、レコーディングはどのように進められたのですか?

日高:まずベースが変わったことで、潤に「機材も変えてくれ」とオーダーしました。アイツは元々ESPのアクティブ・ベースを持ってて、スピーカーは「AMPEG」だったんですけど、「Slipknot」と同じ「TC Electronic」にしてもらって。これまでのベース音が”下から2、3段目”にあったとしたら、更に1、2段下がって、ドラムのキックよりも下になったんです。だから、ギターの音も必然的に下がりましたし、これまでとの音と違うポイントになったと思いますね。

越川:始めの3、4曲は「AMPEG」で録ってたのを、日高さんの指示で「TC Electronic」で録り直したら別モノになっちゃって(笑)そこからギターも録り直しをするという、面倒臭いことになっちゃった。「Let Lights Shine」「Pitfalls」は前のバージョンで行く予定だったんですけど、音が違い過ぎたんですよね。もちろん、アメリカで録音したバージョンも気に入ってるんですけど、自分たちの機材を全て持って行けなかったフラストレーションもあったんで、タイトなスケジュールでしたけど、それも録り直すことにしましたね。

ーそのタイトな状況で、「VANISHING CITY」に収められた原曲は、全て日高さんから持ち寄られたんですか?

日高:いつもワンコーラス程の原曲を作って、みんなに送って構成して行くんだけど、ロッキンの翌日に”寺尾さん脱退”があって、それがレコーディングの3週間前で。

ータイトですね…

越川:ヤバかったですよ(笑)

日高:潤にサポートをお願いするのは決まっていたけど、レコーディングを延期するか否かをみんなで話し合いましたね。ただ、ベースが交代する中でレコーディングも延期になると、バンドが停滞している感じに思えたし、良くないなと。「じゃあ、強行突破でレコーディングしましょう」という結論に至ったんです。まぁ最悪、オレと西くんが弾いちゃえば良いやって(笑)

越川:そんなノリでしたね。

日高:結果、そのタイトさがバンドのケツを叩くことに繋がってうまくいったんで良かったです(笑)

ー前回のインタビューで、キーボードなしとなったファースト制作時、日高さんのデモにキーボード音が入っていたのを、越川さんがアレンジしていたという逸話を伺いましたが?

越川:今回は鍵盤は入ってなかったんで(笑)

日高:反省したんで(笑)

越川:今回の曲を最初に聴いたときの感想として、ポップな部分が強調されたものが送られて来てから、「随分と様子が違うな」と。そこで、1回考えたんですよね。今まで、自分たちの中で「”BEAT CRUSADERSっぽいこと”ってタブーだよね?」って。でも今回は「日高 央の声と曲である以上、避けられないよね」と。そうなるのは必然で、そこに拒否反応を示すよりは、今の自分たちがどう向き合えるかが、バンドとして健全だと思いましたね。そこで、曲に対しても失礼じゃない方向にする為に、レコーディングの始めにバンド内で「もし、タブーとしてきたことを曲が呼んでいるなら、フラットに行こう」と。日高さんの持ってるポップな部分を良くして行くことと、これまでの2年弱で培ってきたものを組み合わせようというテーマでした。

ー“フラット”という表現をされたのですが、バンドとしての”素”を出すことが出来たとも言い換えられる?

越川:そうですね。1stの時は、割と日高さん自身がそこ(ポップな部分)を閉じていた部分も見えていたから、今回は開くことが出来たんだと思いますね。それは日高さんから直接言われたのではなくて、曲から見えてきましたし、自分たちもそこへの表現が出来たと思いますし。

ーライブをメインとして活動しているバンドでもありますから、そこへの欲求に繋がる楽曲でもあったと思うのですが?

日高:ライブでのシンガロング感は1stよりも高いですね。1stもそうでしたけど、今回もすごく意識していますね。1番大きかったのがシングルのレコ発ツアーのとき「kamomekamome」と対バンしたことですね。ボーカルの向くんは元ヌンチャクだから、そのときのMCで「ウチもTHE STARBEMSも前のバンドと比べられて煩わしかったこともあるけど、今はそれに感謝しながらライブをやっている」というのを聞いて、お客さんもそうだしオレも感動して。それがすごく腑に落ちたというか、わだかまるよりも認めちゃった方が、バンドも楽しくなることに気づいて。

ー自身のキャリアを否定することは、むしろ肯定的な今の活動に何かをもたらすことはないと?

日高:前まではビークルっぽいのは全部ボツにしてましたけど、今はビークルを想起させたとしても全然OKにしてて。そこにメンバーも反応してくれて、アレンジ上でビークルっぽくなったとしても、楽曲のハマりが良ければいいから。バンド全体で開けたし、その雰囲気が最近のライブでも出てますね。

越川:このバンドって、開き直っちゃえば、バラードも出来るんですよね。だから次はバラードが入ってるかもしれないです(笑)

ー(笑)楽曲が広がりを見せられたのと同時に、歌詞についても怒りのテーマや範囲が時勢に添うように広がった様に思えます。

日高:デモの段階では、まだ歌詞が1、2割しかなかったし、ライブで披露していた時も”ハナモゲラ英語”だったんで(笑)曲作りと平行していたんですけど、3割くらい出来たところでテーマが見えたんです。「歌詞もウルトラセブンにしよう」と。バンド名も、そもそもウルトラセブンに出てくる”ギエロン星獣”からなので、歌詞全体を通してウルトラセブンを観たようなストーリーが良いと思いました。例えば、みんなが共通の敵とする厄災や怪獣……何でも当てはまると思うんですけど……それを知らない者同士が一致団結して解決をして、元いた場所に戻るというね。

ー全体を通して聴いたときに”サントラ”の様な感覚だったのは、そこがあったからなんだと今わかりました。

日高:1つ1つの楽曲での怒りはあるんですけど、怒り方も以前のような一直線ではなく、ヒネリを加えて……竹中直人さんの”笑いながら怒る人”みたいな(笑)

ー(笑)

日高:逆にパンチがあって恐いじゃないですか?そういうポップさに作用したら良いなというのが、歌詞・曲共にありましたね。

ーでは、今回の「VANISHING CITY」について、楽曲の解説をお願いします。

1.Working Youths について

日高:これはOiスキンズっぽいアンセムを作りたかった感じです。21世紀のOiスキンズ感って何だろう?って考えたときに引き続き「ウォー」ってシンガロングだと思ったんですけど、アレンジ面は今のエッセンスを入れたかったので、音の重心は低目にしました。

越川:シンプルなロックですけど、男6人で演るとここまで暑苦しくなるんやなと(笑)ライブで実際に演ってもそう感じたんですけど、オッサンでやるのはオモロイかなと(笑)

2.Sublime について

日高:これは寺尾さん脱退のキッカケにもなったBPM早い編です(笑)250BPMくらい?

越川:そのくらいですね。

日高:シャウトの種類も色々と使い分けています。デスヴォイスからメタルっぽいハイトーンミックスまで試してみました。ライブを演っているときも、”スクリーム部分をどうするか”がテーマだったので。この曲が顕著ですけど、1stは6人いれば6人のコーラスを入れてましたけど、今回はオレとゴスケと篤くらいでシャウトゾーンを録ったんです。その方がシャウトの刺さり具合が良くて。全員で入れると、BPMが早くても円やかになっちゃう感覚があったので、それを解消するには、刺々しい声の精鋭メンバーで録った方がシャウトの精度も上がるという発見がありました。

3.Let Lights Shineについて

日高:問題の録り直し楽曲。

越川:(笑)さっきも話した通り、アメリカで録音した時は時間も自分たちの機材もなかったし、ちょっとしたフラストレーションは残ってたんですよね。で、ツアー周ってもう1回録ったら「上手くなってるっしょ」ってやったら、ドラムの人が上手くなってなかったっていう(笑)音の感触とかは、始めに自分がイメージしていたところに持っていけたんで、今のバンドのリアルが録れたなと。

日高:今の感じは出てますね。

4.Vanishing City について

日高:PVは監督がオレのテーマに共感してくれて、特撮モノのロケ地を選んでくれたんです。茨城の採石場なんですけど、日本離れしてるというか、無国籍感がある場所でしたね。そこで戦ってるウルトラ警備隊なイメージを監督が持ってきてくれたのがハマってますね。タイトルもウルトラセブンの「蒸発都市」というエピソードから得ていて。ストーリーとして、宇宙人が都市を丸ごと盗んで、蒸発させちゃう。都市の一部を切り取って、山や砂漠にそのまま持って行って、あたかも街では何事もなかったかのように、人々が支配されながら暮らすっていう話なんです。それって今の日本に置き換えてみても、似たり寄ったりな部分があって。結局、”行政の都合の良いように、自分たちが動かされてるんじゃないか?”っていうメッセージをその作品も持っていると思う。今のご時世的に、オレの言いたいことと一致したんで、タイトルを拝借したところもありますね。騙されてなのか、災害が原因でなのかは様々だと思うんですけど、そこに対して自分たちも協力し合っていかないとっていう曲です。サウンドの方はオレの中で90’S再評価ブームがあって……バウンシーなラウド・ロックですね。「Rage Against the Machine」「Korn」「Limp Bizkit」みたいなラップ・メタルテイストを最近またリスナーとして聴いていたんで、それを取り入れたいなと。

5.The Midnight Sun について

日高:オレ的には「Linkin Park」っぽいイメージです(笑)リズムのバリエーションも増やそうと思って。ただ2ビートだけではなくて、頭打ちから突き進んでいくリズムが欲しくて作りました。リズム隊は苦労してましたね。

越川:この曲はサビにどう落としこむかが難しくて。サビで開ける感じを出したかったんで、アレンジは悩みましたね。

日高:ブレイク・ダウンのパートも大変だったよね?

越川:大変でしたね。

日高:あそこはオレがいないときにメンバーで作ってもらったんだけど、2転3転してたもんね。

越川:”Sublime”もそうだけど、どの曲もサビで開ける”日高ワールド”をどう盛り上げていくかで苦労しましたね。

日高:上がってきたものを聴いて8割はダメ出しするんですけどね(笑)でもこの曲と”Sublime”の間奏パートは、上がってきた出来が良かったんで、ほぼそのまま採用しましたね。

越川:日高さんはデモを投げたあとは、基本来ないんで(笑)

日高:基本、放置プレイです。たまに合流するスタジオでダメ出しをするという(笑)

6.Pitfallsについて

越川:ギターのサウンドについては、”Let Lights Shine”と同様に出したい音を再現する機材がなかったんで、今回はそれが実現出来ましたね。

日高:アンプが違うしね。

越川:イントロのギターとかがそうだけど、各々の音が下(ロー)に行った分、曲の成長もありますよね。ドラムの人以外はみんな育ってるのもあるし(笑)

日高:ギター・ソロは、前はゴスケと西くんでハモっていたけど、今回は西くんが1人で録っちゃいましたね……ゴスケもあんまり成長していないかな(笑)

越川:ゴスケは何も考えてないんで(笑)ライブで演ってる分、ベースが変わったとはいえ、グルーヴ感が前と比べると変わったと思いますね。

7.Sweet Nothing Blues について

日高:”ポップ・サイド・オブ日高 央”が炸裂してる曲です。1stの時点だと、”Dinosaur Boy”もボツになっていた曲ですね。今回それを活きにしたのが最大の違いですね。ギター・ソロは意外なことに西くんではなくゴスケが弾いてるという。

越川:ゴスケが昔やってた「LOCAL SOUND STYLE」とか僕も聴いてて。やかましいロックンロールスタイルをハメるよりは…

日高:エモに寄せちゃっても良いんじゃないかというね。

越川:そっちの方が合うと思って「この曲のギター・ソロあるけど出来る?」って聞いたら、最初「わはムリです」って(笑)

日高:ちなみに”わ”は、津軽弁で”自分”って意味です。

越川:っていう否定から入ってきたんで、「ちょっと考えろ」と。で、出てきたのが今までのバンドになかった、メロディアスなギター・ソロですね。

日高:タブーや禁じ手を解いて行こうという意味では、この曲が1番挑戦的ですね。ビークルファンからメタラーまでOKです(笑)

8.Dinosaur Boyについて

日高:Dinosaur Jr.風に、ノイズっぽくという”汚し方”が決め手の曲です。”Sweet Nothing Blues”もそうですけど、ライブで鍛えられた分、それが増えて来ましたよね。最初は厳つい方が良いと思って、2ビートで試してたんですけど、結構ムリクリ感があって。”素直に演る”というテーマから、アレンジで汚すことにして、結果、現代のバンドっぽくなりましたね。

越川:オルタナっぽい音の感じを、深めの歪みよりは、Tone Benderでシンプルに弾いた方が良いじゃんっていう。自分たちの中では、1つ新しいものを提示出来たと思うので、今後はバラードの可能性もあるぞという(笑)

9.Vengeance Sea について

日高:これもノイズの美学ということで、西くんが新しいノイズを発明しました。

越川:そうですね。ギターのケーブルジャックに触ると音が鳴るでしょ?そのジャックをドラムのヤツのケツの穴にブチ込んで(笑)

日高:ケツノイズはホントに入ってますからね。

越川:ア◯ルにプラグインしました(笑)歪みのエフェクターを掛けて、初めは指で触ってたんだけど、パンチがなくて。その時にプラグインした音がこれです。

日高:そのあと、音よりも印象深かったのが、ジャックを西くんが臭いを嗅いだら「クッサー」って(笑)

越川:それは仕方ないですよね。お客さんには、臭いまで伝わらないんで(笑)まあ、良いノイズ感を出せたと思います。

日高:あと、こういうリズムは演ってなかったんで。Dビートというか、80年代っぽい感じがノイズも含めたチャレンジでした。

10.Everybody Needs Somebodyについて

日高:これも昔だったらボツ系の曲ですね。「ウォー・ウォー」コーラスも、「そういうわかりやすいパターンってどうだろう?」って思ってた時期もあって、禁じ手にしていたんですよ。でも、今回は入れてみました。確か、ゴスケが言い出したんだよね?

越川:言ってましたね。みんなスルーしてたんですけど(笑)

日高:可哀想だから採用しようと。ゴスケのアイディアが活きてる曲です。

11.Burning Heartについて

日高:これと”Pig Ministry”は大変だったよね。

越川:この2曲は時間掛かりましたね。

日高:俺は基本、リズム好きなんで、リズム隊に関してはオレが組み立てて、あとは西くんに投げて上モノを決めてもらうんですけど、リズム作るのも時間掛かったし、上モノもね?

越川:ベース・ソロがあったりね。

日高:思いついたものを全部試してみて、やっと形になった曲ですね。

越川:ただ、これはそこまでBPMが早くないから 、”Pig Ministry”の苦労と比べるとまだ良かったですね。

12.Pig Ministry について

越川:まず、高地が叩けないという(笑)

日高:レコーディングまで3週間しかない中で、ワンコーラスずつしかデモになかったから、録りながら作りましたね。

越川:「じゃあこれでいきましょう」って構成が決まった次の日に、レコーディングだったんで、練習する時間もなかったし、難産でしたね。

日高:”Burning Heart”とこれは頑張りましたね。

越川:まだライブでも出来ていないんで。

日高:自分たちでもまだ予測がつかない曲ですけど、ライブが楽しみです。

13.Evening Star / Morning Starについて

日高:これはウルトラセブンの最終回ですね。諸星ダンが自分の正体をみんなにバラして、ウルトラの星へ帰っていくイメージです。この曲作ったときは、偶然なんですけど、最後の曲にしようと思って作って。そしたらリハスタで篤が「この曲、最後っぽいですね」って言ったんで即決でしたね。アンヌ隊員に向かって諸星ダンが「明けの明星の横で輝く光が僕だから、そのとき僕は宇宙に帰ったと思ってくれ」ていうセリフを歌詞にしたんですけど……円谷さんありがとうございました! パクったわけではないです(笑)モチーフにしただけです(笑)メロディック・パンクっぽいのが今回の曲ではあまりなかったんで、素直なメロディック感とAメロのラウド感ですね。ラウド寄りでメロディック感があるバンドっていそうでいないんで、今回トライしたかったんですよね……難ちゃん(NAMBA69)とかそうですよね。横でライブ観ててもすごい迫力ですし、3人しかいないけど、掛け合いも3人とは思えない厚みだから、難波くんに負けないように作った曲です。

ーこの紹介頂いたアルバムを引っ提げたツアーが今月末から始まりますね。

日高:曲順とかもまだ全然決めてないんで、旧譜と混ぜるのか、せっかくストーリー感があるから曲順通りやるか迷ってますが、曲順通りにするとメンバー全員死んじゃうんで(笑)織り交ぜつつになると思います。前よりうるさいプラス男臭くなっていくかなと思いますね。ジャケットも含め、女子ウケ悪いんで(笑)

越川:(笑)バリエーションが増えたんで、これまでのライブイメージを変えられるなって思いますね。今までの旧譜でやってきたことをガラリと変えられる。もしかしたら、さっき日高さんが言ったことと逆で、メチャクチャ女子ウケが良くなる風に変えれるかもしれないし。曲自体も育っていくと思いますし、楽しみにしてて欲しいですね。

ー楽曲が増えたことで、純粋にバンドとしても楽しいですよね。

日高:「SA」「KEMURI」とかの先輩バンドはもちろん、後輩バンド達に新譜を渡しても、一様に反応は良いので嬉しいです。対バンもこれから発表になっていきますけど、全リスナーを網羅したいですよね。おじさんのメタル好きでも良いし、10代のストリート・パンク好きでも良い。その両方に”同じ温度と速度”で伝わるアルバムになったと思うので、ライブもそうするつもりです。「自分、歳だからな」って人も、歌ってるのは46歳なんで(笑)オレを超える年齢の人は中々いないかもですけど、幅広く遊びに来て欲しいですね。

越川:46歳がどこまでやれるか観に来て欲しいです(笑)今回、楽曲も増えたのでライブの時間を増やそうと思ってます。後半部分の日高さんに注目ということで。

日高:オレと潤が40越えだから、まずは走り込みから始めます(笑)


取材:2014.11.06
インタビュー・テキスト:Atsushi Tsuji(辻 敦志) @classic0330
photo:Hiromi Morimoto