Paul McCartney、最近のアーティストで気に入っているアーティストを明かす

Paul McCartney

ポール・マッカートニーは最近の音楽ではドミニク・ファイクやセイント・ヴィンセントを気に入っていることを明かしている。

ポール・マッカートニーは先週新たなソロ・アルバム『マッカートニーIII』をリリースしており、レディットで行ったQ&Aセッションでファンから最近聴いているものを尋ねられている。

「やあ、ポール。新作、気に入ったよ」とファンは尋ねている。「私の質問は今、あなたに影響を与えている音楽についてです。聴いている新しい(もしくは古い)アーティストはいますか? コラボレーションしたいアーティストは?」

返事でポール・マッカートニーは次のように述べている。「幸運なことに、僕には新しい音楽を送ってくれる友人がいて、それが現代のシーンに触れ続ける手助けとなっているんだ」

「だから、ドミニク・ファイク、ベック、セイント・ヴィンセント、クルアンビンといった人たちを聴いているよ。あとはロックンロールから60年代、ソウルやR&Bといったたくさんのオールディーズも聴いている。それと今や昔のクラシックを少しかな」

この解答を受けてセイント・ヴィンセントはインスタグラムのストーリーで「ポール・マッカートニーが私の音楽を聴いていると言ってくれたの?」と投稿している。

先日、ポール・マッカートニーはジョン・レノンが生きていたら今も曲を書いていただろうと語っている。

ジョン・レノンは40年前の12月8日に妻のオノ・ヨーコと暮らしていたニューヨークのダコタ・ハウスの入り口の前でマーク・チャップマンに殺害されている。

「彼はペースを落とす兆候はなかったからね。彼は今も素晴らしい音楽を作っていたはずだよ。問題は、僕らがもう一度一緒にやることになったかということだけど、分からないね。2人とも分からないはずだよ」

関連NEWS

  1. Paul McCartney

    Paul McCartney、『エジプト・ステーション』限定トラベラーズ盤の日本盤の予約がスタート

  2. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、Stella McCartneyの誕生会でPaul McCartneyと共演

  3. Foo Fighters

    Dave Grohl、英TV番組で『オクトパス・ガーデン』の絵本を読み聞かせることに

  4. The Beatles

    The Beatles、11月に配信される『ゲット・バック』の最初のトレイラー映像が公開

  5. ポール・マッカートニー、ビートルズ時代のレコーディングの心境について振り返る

  6. The Beatles

    The Beatles、デモ音源が入ったカセットテープがオークションに

  7. ポール・マッカートニー、新たにアメリカで行う5公演の日程を発表

  8. Paul McCartney

    Paul McCartney、レコード・ストア・デイに際して新曲“Home Tonight”と“In A Hurry”を公開

  9. The Beatles

    The Beatles、2023年の公式カレンダーが日本で唯一の公式オンライン・ショップで予約受付開始

  10. BECK

    BECK、映画『ローマ』に寄せた“Tarantula”のカヴァー音源が公開

  11. The Beatles

    The Beatles、『アビイ・ロード』50周年エディションの発売を記念してアビイ・ロード検定がスタート

  12. Paul McCartney

    Paul McCartney、中止になったイタリア公演をめぐってイタリア政府の方針を批判

  13. ベック、フー・ファイターズのデイヴ・グロールをドラマーに迎えたコラボレーションが実現

  14. Paul McCartney

    Paul McCartney、新作『McCartney III』の日本盤に4曲のボーナストラックの収録が決定

  15. ビートルズのレコーディング・エンジニアであるジェフ・エメリックが逝去。享年72歳