Julian Lennon、Paul McCartneyが自分のために書いた「Hey Jude」について改めて語る

Julian Lennon

ジョン・レノンの息子のジュリアン・レノンはポール・マッカートニーが自分のために書いた“Hey Jude”について改めて語っている。

ポール・マッカートニーはジョン・レノンがシンシアと破局して、ジュリアンが母親と残されたことを受けて1968年発表の“Hey Jude”を書いたと語っている。

「ジュリアンのことを意味する“Hey Jules”というアイディアで書き始めたんだ。悪く考えないで、悲しい曲も、よくしようってね」とポール・マッカートニーは“Hey Jude”について1997年に語っている。「さあ、このひどいことにも対処していこうってね。ジュリアンにとって簡単なことじゃないのは分かっていた。常に離婚された子どもについては気の毒に思っているんだ」

今回、ジュリアン・レノンは『エスクァイア』誌のインタヴューであの曲に抱いている今の思いを語っている。「最初は“Hey Jules”という曲だった。でも、リズム的に合わなかったんだ。“Hey Jude”というのはいい解釈だったよね」

「ポールは母親や僕を慰めるためにあの曲を書いた。そこについては間違いなく美しい感情だと思うし、すごく感謝しているよ。でも、あの曲にはすごく苛立たされてもきたんだ」

「ポールが母親のために僕のことを曲にしてくれたという事実は気に入っているけど、でも、どこで聴くかによって、ベッドのどっち側で目覚めるかによって、いいものにもちょっと苛立つものにもなるんだ。でも、心の底にも言えるような悪い言葉はないよ」

ジュリアン・レノンは“Hey Jude”という曲が彼にとって以前よりも意味を持つようになったと説明している。「元々、この曲のコンセプトは母親に向けたものだったと思う。でも、だんだんと自分のものになっていったんだ。その後の人生で経験してきたつらいことを考えるとね」

「ポールが間違っているわけじゃない……でも、どんな形であれ順風満帆ではなかった。大抵のところでは常に勇敢な顔をしていたけど、トラウマのある人生だった。そこについては間違いない。こうしたエピソードやトラウマになんとか対処してきたんだ」

「歳を取ることで救われる恩恵はそこだと思う。老いるという言葉は使いたくないけどさ。自分にとって年齢はどうでもいい。健康で、健全な精神状態であれば、重要なのは知恵と経験であって、それが今の自分にとって重要で、共感しているものなんだ。“Hey Jude”は多分、今一番大きなものになっているんじゃないかな」

同じインタヴューでジュリアン・レノンは弟のショーン・レノンとの間に確執があると噂されていることについて「まったくのデタラメ」だと語っている。

ジュリアン・レノンは2021年に『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』のプレミア上映に弟のショーン・レノンと共に出席したことについて振り返っている。

「ショーン・レノンはものすごいプレッシャーを抱えていた。そして、僕は特に行きたいわけでもなかったんだ」とジュリアン・レノンは『エスクァイア』誌に語っている。「でも、ショーン・レノンは行かなければいけないと思っていた。僕は彼のことが本当に大好きだから、『分かった。一緒に行くよ。一緒に立ち向かおう』と言ったんだ。笑えるのはイギリスのメディアでは『ジョン・レノンの息子たちの確執』みたいなことがずっと言われてきた。人生で一度もケンカしたことなんてない。まったくのデタラメだよ」

関連NEWS

  1. Paul McCartney

    Paul McCartney、マスクの着用は市民の自由を侵害しているという意見に反論

  2. Paul McCartney

    Paul McCartney、The BeatlesがThe Rolling Stonesよりも優れている点について語る

  3. Paul McCartney

    Paul McCartney、聖ジョージの日に際してGeorge Martinの写真を投稿

  4. Linda McCartney

    Paul McCartney、Linda McCartneyが亡くなった時のことを振り返る

  5. Paul McCartney

    Paul McCartney、新作『McCartney III』に取り組むのは解放的だったと語る

  6. Paul McCartney

    Paul McCartney、50年前になくなったヘフナーのベースが戻ってきたことが明らかに

  7. Paul McCartney

    Paul McCartney、写真の展覧会にあたってStanley Tucciのインタヴューを受けることに

  8. ポール・マッカートニー、今でも自分の曲に対するジョン・レノンの反応が気になると語る

  9. Harry Styles、Lizzo

    Harry Styles、LizzoとPaul McCartneyをカヴァーした映像が公開

  10. Paul McCartney、John Lennonが亡くなった直後は思いを言葉にできなかったと語る

  11. ポール・マッカートニー、新作『エジプト・ステーション』のカラーLPの色が決定

  12. Paul McCartney

    Paul McCartney、Rick Rubinとキャリアを振り返る番組のトレイラー映像が公開

  13. Paul McCartney

    Paul McCartney、John Lennonの存在がソングライティングに与える影響について改めて語る

  14. Paul McCartney

    Paul McCartney、来年公開のThe Beatlesの映画『ゲット・バック』について語る

  15. Paul McCartney

    Paul McCartney、グラストンベリー出演に当たってBrian Mayに相談していたことが明らかに

  1. Journey

    Journey、10月に7年ぶりとなる来日公演を行うことが決定

    2024.02.26

  2. Kiefer

    Kiefer、6月に来日公演を行うことが決定

    2024.02.26

  3. 野田洋次郎

    野田洋次郎、Netflix映画『パレード』サウンドトラック、 2月29日(…

    2024.02.26

  4. GAYLE

    GAYLE、新曲「Kinda Smacks」がMVと共に公開

    2024.02.26

  5. Kim Gordon

    Kim Gordon、来たる新作より新曲「I’m A Man」がMVと共に公開

    2024.02.26

  6. Neil Young & Crazy Horse

    Neil Young & Crazy Horse、「Broken Circle (Over and Over)…

    2024.02.26

  7. Vampire Weekend

    Vampire Weekend、新作より「Capricorn」と「Gen-X Cops」という2曲…

    2024.02.26

  8. Dua Lipa

    Dua Lipa、グラミー賞授賞式で初披露された新曲「Training Season」…

    2024.02.26

  9. LINKIN PARK、 未発表曲「フレンドリー・ファイヤー」を含むアルバ…

    2024.02.26

  10. BABYMETAL、1st Al.リリース10周年を記念し「BABYMETAL DEATH」のラ…

    2024.02.26

  1. ARABAKI ROCK FEST.24

    ARABAKI ROCK FEST.24、第3弾アーティストを発表

    2024.02.21

  2. SUMMER SONIC

    SUMMER SONIC 2024、第1弾出演アーティストを発表

    2024.02.21

  3. METROCK2024 出演日&第3弾出演アーティスト発表、各日1日券受付開始

    2024.02.14

  4. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、開催決定

    2024.02.03

  5. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL’24、第四弾出演アーティストを発表

    2024.02.01

  6. PUNKSPRING 2024、第4弾出演ラインナップを発表

    2024.02.01

  7. COMING KOBE

    COMING KOBE24、第2弾出演アーティスト発表

    2024.02.01

  8. I ROCKS

    LACCO TOWER主催ロックフェス 「I ROCKS 2024 stand by LACCO TOWER…

    2024.01.27

  9. ARABAKI ROCK FEST.24

    ARABAKI ROCK FEST.24、第2弾アーティストを発表

    2024.01.24

  10. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’24、開催概要が決定

    2024.01.12