The Sex Pistols、伝記映画の制作が進行中と報道

The Sex Pistols

セックス・ピストルズは巨大な成功を収めたクイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』に続いて、彼らのアナーキーなキャリアを追った伝記映画の制作が進められていると報じられている。

セックス・ピストルズは伝記映画の制作が進行している次のバンドであることが報じられており、UKの映画会社であるスターライト・フィルムズが18ヶ月前からその制作に取りかかっているとされている。

フィルムメーカーのアイーシャ・プランケットは『デイリー・スター』紙に次のように語っている。「私たちは『ボヘミアン・ラプソディ』の興行成績に感銘を受けました。この結果は、人々がこのような映画を求めていることの証明でしかありません」

現時点で映画の撮影はまだスタートしていないものの、制作会社によれば現在出演者のキャスティングを進めているところだといい、セックス・ピストルズのマネージャーであったマルコム・マクラーレンや伝説的なファッション・デザイナーであるヴィヴィアン・ウェストウッドを演じる候補となる俳優のリストアップは既に済んでいるという。

マルコム・マクラーレンとヴィヴィアン・ウェストウッドは1970年代にチェルシーでUKのパンク・ファッションに多大なる影響を与えたブティック「セックス」を運営していたことで知られている。

映画ではマルコム・マクラーレンとヴィヴィアン・ウェストウッドの2人に焦点が当てられているものの、1975年から1978年まで活動したセックス・ピストルズの栄枯盛衰も描かれているものと見られている。

活動期間こそ3年と短かったセックス・ピストルズだが、彼らは現在までカルチャーにおける不動の地位を築いており、ドクターマーチンは先日、セックス・ピストルズとのコラボレーションによる新たなブーツやシューズのラインを発表している。

一方、元オアシスのギタリストであるノエル・ギャラガーは今年1月、「史上最も影響を与えたアルバム」にセックス・ピストルズの『勝手にしやがれ!』を挙げている。

「史上最も影響を与えたアルバムは『勝手にしやがれ!』だな。音楽業界で働いている人は今でも、あのアルバムのおかげでなりわいをやっているものなんだ」とノエル・ギャラガーは語っている。

「間違いなく分岐点になったアルバムだよ。議論の余地もないね」とノエル・ギャラガーは続けている。「最高だからね。科学的な事実なんだ」

関連NEWS

  1. デヴィッド・ボウイの息子のダンカン・ジョーンズ、映画『地球に落ちて来た男』の監督に追悼の意を表明

  2. THE GENTLEMEN

    ガイ・リッチー監督最新作『THE GENTLEMEN(原題)』が『ジェントルメン(邦題)』として、5/7よりTOHOシネマズ 日比谷他にて全国公開

  3. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、ドキュメンタリー作品の北米での権利が獲得されたことが明らかに

  4. 爆音映画祭 in MOVIX京都、『ボヘミアン・ラプソディ』の追加上映が決定

  5. 映画『ダリダ』公開に先駆け、名曲揃いのサントラ発売

  6. 映画『スパイナル・タップ』、主人公のナイジェル・タフネルのギターが新宿武蔵野館にて一般公開

  7. Queen

    Queen、出演俳優が映画『ボヘミアン・ラプソディ』の続編の可能性について語る

  8. 映画『グレイテスト・ショーマン』のサウンドトラック、オリコンで初の総合首位獲得

  9. Elton John

    Elton John、映画『ロケットマン』より“Saturday Night’s Alright for Fighting”の映像が公開

  10. Carl Barat

    Carl Barat、映画『クリエイション・ストーリーズ』に出演した時の写真が公開

  11. ジム・ニューマン

    映画『サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス』 からジム・ニューマン(地球人)よりメッセージ到着

  12. The National

    The National、最新作から生まれたショート・フィルムの日本語字幕版が公開

  13. The Beatles

    The Beatlesを知らない世界を描いた映画『YESTERDAY』、ダニー・ボイルとリチャード・カーティスの対談映像が公開

  14. The Sex Pistols

    The Sex PistolsのドラマーのPaul Cook、再結成はないと語る

  15. ボブ・ディラン、『君の名前で僕を呼んで』の監督によって『血の轍』が映画化されることに