U2、13年ぶりの来日公演で名作『ヨシュア・トゥリー』を完全再現。迫力の巨大スクリーンとポジティブなメッセージ。

U2

U2が「ヨシュア・トゥリー・ツアー2019」で来日、12月4日さいたまスーパーアリーナで13年ぶりの日本公演を行った。前回の来日公演は2006年の「ヴァーティゴ・ツアー」で、全3公演の最終日は奇しくも12月4日だった。

U2

Photo by Yuki Kuroyanagi

「ヨシュア・トゥリー・ツアー」は、U2が1987年にリリースしたアルバム『ヨシュア・トゥリー』とそれに伴うツアーの30周年記念ツアーとして2017年にスタート。北米、ヨーロッパ、南米で270万人以上を動員し、同年で最も成功を収めたツアーとなった。

U2

Photo by Yuki Kuroyanagi

「ヨシュア・トゥリー・ツアー2019」では、アルバム『ヨシュア・トゥリー』の完全再現とU2全キャリアからの名曲の数々が演奏されるだけでなく、2015年の「イノセンス+エクスペリエンス・ツアー」と2018年の「エクスペリエンス+イノセンス・ツアー」という2つの屋内アリーナ・ツアーからセレクトされた楽曲や映像が、ツアーで使われるものとしては最大級のLEDスクリーンに映し出される。U2初となるシンガポール、ソウル、マニラ、ムンバイでの公演もあり、2019年12月15日ムンバイでの最終公演までに、ヨシュア・トゥリー・ツアーは世界66公演で300万人近い観客を動員したことになる。

U2

Photo by Yuki Kuroyanagi

ショーは『WAR(闘)』(1983)収録の「サンデイ・ブラッディ・サンデイ」でスタート。『ヨシュア・トゥリー』以前の代表曲を、ヨシュア・トゥリーの木の形をしたBステージで演奏し、メインステージに向かってメンバーが花道を歩き出すと、『ヨシュア・トゥリー』の1曲目「ホエア・ザ・ストリーツ・ハヴ・ノー・ネイム(約束の地)」のイントロが鳴り始め、巨大スクリーンが真っ赤に変わる。ヨシュア・トゥリーの下に4人のシルエットが映る、このツアーの象徴的なシーンが目の前に広がった。

ボノは「コンバンワ!みんな、辛抱強く待っていてくれてありがとう!」と、この日を待っていた日本のファンに嬉しい言葉を投げ、「日本の子供ために、平和に思いを馳せよう。この地域、そして世界へ向けて平和への祈りを、そして感謝を捧げよう」といったメッセージも。

『ヨシュア・トゥリー』が終了した後、アンコール1曲目の「エレヴェイション」の前からU2の公式Facebookで生配信が開始。事前に「U2から素敵なニュースがあります」と告知されていたが、スクリーンには「U2X RADIO」と映し出され、下記メッセージが投影。これは北米のラジオ局「SiriusXM」とU2とのパートナーシップのもと、ラジオがローンチすることの発表だった。この発表の後には「エレヴェイション」の生配信を行った。(生配信の映像はこちら https://www.facebook.com/u2/videos/1238531879685546/

I remember radio keeping me company under the sheets
ラジオを聴いてよくベッドに入った
I remember pirate radio out at sea rocking me to sleep
ラジオの海賊放送を聴いてよく眠りについていた
I think of radio as air you can be on
ラジオはまるで横たわれる空気のような存在
I think of radio as bringing me to song
ラジオは僕を歌に導いてくれる存在

その後演奏された「ウルトラ・ヴァイオレット」では、めまいがするくらい大きなスクリーンを使って、貧困救助のための非営利団体[ONE キャンペーン]の活動の“Poverty Is Sexist Campaign”の一環として、今世界の最前線で活躍する女性を写真と共に紹介した。グレタ・トゥーンベリ、エマ・ゴンザレスら若い活動家や、日本人のオノ・ヨーコ、草間彌生、紫式部、川久保玲らの名前も紹介された。アンコールの最後には「ワン」が演奏され、満員となった会場の歓声とともにU2のメンバーはステージを去った。

U2

Photo by Yuki Kuroyanagi

1987年3月9日にリリースされたU2の5枚目のアルバム『ヨシュア・トゥリー』は、「ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー」、「ホエア・ザ・ストリーツ・ハヴ・ノー・ネイム(約束の地)」、「アイ・スティル・ハヴント・ファウンド・ホワット・アイム・ルッキング・フォー(終りなき旅)」という日本でも大人気の大ヒット・シングルを収録し、全英・全米・母国アイルランド他世界各国で1位に輝き、グラミー賞「最優秀アルバム」を受賞。2,500万枚を超える売上枚数を誇る、まさにU2最大のヒット・アルバム。ロサンゼルスのビルの屋上でゲリラ撮影して交通をストップしてしまった有名な「ホエア・ザ・ストリーツ・ハヴ・ノー・ネイム(約束の地)」のミュージック・ビデオがグラミー賞「Best Performance Music Video」を受賞するなど、ロック史上に欠かせない「瞬間」を生み出した重要作。Rolling Stone誌は2017年1月号で”U2の1987年の傑作。30年前、『ヨシュア・トゥリー』のワイルドな成功はU2を地球一ビッグなバンドへと変えた”と回想した。

来日公演は明日12月5日(木)も同じくさいたまスーパーアリーナで行われる。

[amazon_link asins=’B06Y5TR5HP,B07XGSBVX1,B07XGSCQVX,B07XN9XCNB’ template=’ProductGrid’ store=’classic0330-22′ marketplace=’JP’ link_id=’72d5f3ba-77f8-46a4-8939-8aa44751bb48′]

関連NEWS

  1. DMX

    DMX、U2のBonoとのコラボレーションが新作に収録されると語る

  2. U2のボノ、パラダイス文書に自身の名前があったことについて声明を発表

  3. U2のボノ、最近の音楽は「ガーリー」になってきていると語る

  4. Ed Sheeran

    Ed Sheeran、子どもがいながらツアーをすることについてU2のBonoに相談したことを明かす

  5. U2のボノ、ワン・キャンペーンのNPO団体で不適切ないじめがあったことを受けて謝罪

  6. U2、ボノの声が出なくなって数曲で公演を中断してしまうことに

  7. U2、新作よりケンドリック・ラマー参加の新曲“American Soul”を公開

  8. Noel Gallagher

    Noel Gallagherの娘のアナイス、U2のBONOの息子が在籍するバンドのビデオを手がける

  9. U2のボノとカニエ・ウェストのコラボレーション曲、当面リリースされないことが明らかに

  10. U2、13年ぶりの来日公演決定!

  11. U2、ニューヨーク公演で亡くなったアンソニー・ボーディンに楽曲を捧げる

  12. パール・ジャム、ガンズ・アンド・ローゼズとU2との共同ツアーを断っていたことが明らかに

  13. Haim

    Haim、U2のBonoに「Summer Girl」へのゲスト参加を断られた経緯を語る

  14. U2

    U2、AR Rahmanとのニュー・シングル“Ahimsa”の音源が公開

  15. Bob GeldofとMidge Ure、Band Aidの収益を手にしたという噂を強く否定

  1. マカロニえんぴつ

    マカロニえんぴつ、映画クレヨンしんちゃん公開記念!書き下ろし主…

    2021.07.30

  2. Nas

    Nas、8月6日にグラミー賞を受賞した『キング・ディジーズ』の続編を…

    2021.07.30

  3. ZZ Top

    ZZ TopのBilly Gibbons、Dusty Hillの遺志を継いで活動を続けていく…

    2021.07.30

  4. 渋谷すばる

    渋谷すばる、9月22日(水)に3rd Album「2021」のリリース

    2021.07.30

  5. Coldplay

    Coldplay、新作『Music Of The Spheres』を10月15日にリリース

    2021.07.30

  6. SKETCH SHOW

    SKETCH SHOWのオリジナルアルバム3作品をコンプリートパッケージと…

    2021.07.30

  7. THE SOLAR BUDOKAN

    THE SOLAR BUDOKAN 2021、富士急ハイランド・コニファーフォレスト…

    2021.07.30

  8. Slow LIVE

    “大人のミニフェス”Slow LIVE in 恵比寿Garden、第三弾出演者にハン…

    2021.07.30

  9. Pink Floyd

    Pink Floyd、箱根アフロディーテTシャツが復刻されることが明らかに

    2021.07.30

  10. Thom Yorke

    Thom Yorke、ソノス・ラジオに提供した第5弾のミックス音源が公開

    2021.07.30

  1. Slow LIVE

    “大人のミニフェス”Slow LIVE in 恵比寿Garden、第三弾出演者にハン…

    2021.07.30

  2. FUJI ROCK

    FUJI ROCK FESTIVAL’21、 最終ラインナップ、タイムテーブル…

    2021.07.16

  3. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2021、出演ステージ&タイムテーブル発表!

    2021.07.14

  4. ROCK CIRCUIT 2021 in EZO、全出演者・詳細発表!

    2021.07.14

  5. Local Green Festival

    Local Green Festival’21、第2弾出演アーティストにThe BONEZ、佐藤…

    2021.06.30

  6. GREENROOM BEACH

    GREENROOM BEACH、第2弾出演アーティストを発表

    2021.06.30

  7. SUPERSONIC 2021

    SUPERSONIC 2021、ZEDD、KYGO、DIGITALISMら出演アーティストを発表

    2021.06.18