ビートルズ、『ホワイト・アルバム』50周年盤の日本盤購入者特典が決定

11月9日にリリースされるザ・ビートルズの『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』50周年記念エディションだが、この作品のスーパー・デラックス・エディション(6CD+1ブルーレイ)の日本盤を購入すると、『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』の特典ポスターがつくことが決定している。

50周年スペシャル・エディションにはオリジナル・アルバムを新たにミックスした音源に加え、27トラックのジョージ・ハリスンの自宅で収録されたアコースティック・デモ音源であるイーシャー・デモと、アルバム制作中の50のセッション・テイクが収録される。

ポスターの見本画像はこちらから。

ザ・ビートルズ特典ポスター

ポール・マッカートニーは10月から11月にかけて来日公演を行うことも決定している。

リリースの詳細は以下の通り。

『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』50周年記念エディション
スーパー・デラックス・エディション<6CD +1ブルーレイ(音源のみ)収録豪華本付ボックス・セット><輸入国内盤仕様/完全生産限定盤> UICY-78856
価格:19,500円+税
※シリアル・ナンバー入り
※貴重な写真資料や膨大な文字資料等が掲載された164ページの豪華本付
※ポール・マッカートニー、ジャイルズ・マーティンによる書き下ろし序文付
※メンバーのポートレート写真4枚付
※ポスター付
※英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付
※日本盤のみSHM-CD仕様

CD 1 & 2: ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム) 2018ステレオ・アルバム・ミックス
CD 3: イーシャー・デモ(ジョージ・ハリスンの自宅で収録されたアコースティック・デモ)
全27曲収録
CD 4 & 5 & 6: セッションズ
全50曲収録

ブルーレイ(音源のみ)
2018アルバム・ミックス(ハイレゾ・ステレオ)
2018 DTS-HDマスター・オーディオ 5.1 アルバム・ミックス
2018ドルビーTrue HD 5.1 アルバム・ミックス
2018モノ (オリジナル・モノ・ミックスからのダイレクト・トランスファー)

3CDデラックス・エディション
<期間限定盤> UICY-78857/9
価格:3,600円+税
※デジパック仕様
※24ページ・ブックレット付
※メンバーのポートレート写真4枚付
※ポスター付
※英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付
※日本盤のみSHM-CD仕様

CD 1 & 2 : 『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』2018ステレオ・アルバム・ミックス
CD 3 : イーシャー・デモ

4LPデラックス・エディション
<直輸入盤仕様/完全生産限定盤> UIJY-75096/9
価格:14,300円+税
※ボックス・セット仕様
※オリジナル盤を忠実に再現したゲートフォールド・ジャケット仕様<LP1&2>
※LP3 & LP4もゲートフォールド・スリーヴに収録
※4ページのブックレット付
※メンバーのポートレート写真4枚付
※ポスター付
※英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付

LP 1 & 2 : 『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』2018ステレオ・アルバム・ミックス
LP 3 & 4: イーシャー・デモ

2LPエディション
<直輸入盤仕様/完全生産限定盤> UIJY-75094/5
価格:6,429円+税
※オリジナル・アートワークを忠実に再現したゲートフォールド仕様
※英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付

LP 1 & 2 : 『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』2018ステレオ・アルバム・ミックス

CD 1: 2018 ステレオ・ミックス
1. バック・イン・ザ・U.S.S.R.
2. ディア・プルーデンス
3. グラス・オニオン
4. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ
5. ワイルド・ハニー・パイ
6. コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロウ・ヒル
7. ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス
8. ハピネス・イズ・ウォーム・ガン
9. マーサ・マイ・ディア
10. アイム・ソー・タイアード
11. ブラックバード
12. ピッギーズ
13. ロッキー・ラックーン
14. ドント・パス・ミー・バイ
15. ホワイ・ドント・ウィ・ドゥ・イット・イン・ザ・ロード
16. アイ・ウィル
17. ジュリア

CD 2: 2018 ステレオ・ミックス
1. バースデイ
2. ヤー・ブルース
3. マザー・ネイチャーズ・サン
4. エヴリボディーズ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド・エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー
5. セクシー・セディ
6. ヘルター・スケルター
7. ロング・ロング・ロング
8. レボリューション1
9. ハニー・パイ
10. サボイ・トラッフル
11. クライ・ベイビー・クライ
12. レボリューション9
13. グッド・ナイト

CD 3: イーシャー・デモ
1. バック・イン・ザ・U.S.S.R.
2. ディア・プルーデンス
3. グラス・オニオン
4. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ
5. コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロウ・ヒル
6. ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス
7. ハピネス・イズ・ウォーム・ガン
8. アイム・ソー・タイアード
9. ブラックバード
10. ピッギーズ
11. ロッキー・ラックーン
12. ジュリア
13. ヤー・ブルース
14. マザー・ネイチャーズ・サン
15. エヴリボディーズ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド・エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー
16. セクシー・セディ
17. レボリューション1
18. ハニー・パイ
19. クライ・ベイビー・クライ
20. サワー・ミルク・シー
21. ジャンク
22. チャイルド・オブ・ネイチャー
23. サークルズ
24. ミーン・ミスター・マスタード
25. ポリシーン・パン
26. ノット・ギルティ
27. ホワッツ・ザ・ニュー・メリー・ジェーン

CD 4: セッションズ
1. レボリューション1(テイク18)
2. ア・ビギニング(テイク4) / ドント・パス・ミー・バイ(テイク7)
3. ブラックバード(テイク28)
4. エヴリボディーズ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド・エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー(アンナンバード・リハーサル)
5. グッド・ナイト(アンナンバード・リハーサル)
6. グッド・ナイト(テイク10・ウィズ・ア・ギター・パート・フロム・テイク5)
7. グッド・ナイト(テイク22)
8. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ(テイク3)
9. レボリューション(アンナンバード・リハーサル)
10. レボリューション(テイク14 – インストゥルメンタル・バッキング・トラック)
11. クライ・ベイビー・クライ(アンナンバード・リハーサル)
12. ヘルター・スケルター(ファースト・ヴァージョン – テイク2)

CD 5: セッションズ
1. セクシー・セディ(テイク3)
2. ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス(アコースティック・ヴァージョン ^ テイク2)
3. ヘイ・ジュード(テイク1)
4. セントルイス・ブルース(スタジオ・ジャム)
5. ノット・ギルティ(テイク102)
6. マザー・ネイチャーズ・サン(テイク15)
7. ヤー・ブルース(テイク5・ウィズ・ガイド・ヴォーカル)
8. ホワッツ・ザ・ニュー・メリー・ジェーン(テイク1)
9. ロッキー・ラックーン(テイク8)
10. バック・イン・ザ・U.S.S.R.(テイク5 – インストゥルメンタル・バッキング・トラック)
11. ディア・プルーデンス(ヴォーカル、ギター&ドラムス)
12. レット・イット・ビー(アンナンバード・リハーサル)
13. ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス(サード・ヴァージョン ^ テイク27)
14. ベイビー・アイ・ドント・ケア(スタジオ・ジャム)
15. ヘルター・スケルター(セカンド・ヴァージョン – テイク17)
16. グラス・オニオン(テイク10)

CD 6: セッションズ
1. アイ・ウィル(テイク13)
2. ブルー・ムーン(スタジオ・ジャム)
3. アイ・ウィル(テイク29)
4. ステップ・インサイド・ラヴ(スタジオ・ジャム)
5. ロス・パラノイアス(スタジオ・ジャム)
6. キャン・ユー・テイク・ミー・バック?(テイク1)
7. バースデイ(テイク2 – インストゥルメンタル・バッキング・トラック)
8. ピッギーズ(テイク12 – インストゥルメンタル・バッキング・トラック)
9. ハピネス・イズ・ウォーム・ガン(テイク19)
10. ハニー・パイ(インストゥルメンタル・バッキング・トラック)
11. サボイ・トラッフル(インストゥルメンタル・バッキング・トラック)
12. マーサ・マイ・ディア(ウィズアウト・ブラス・アンド・ストリングス)
13. ロング・ロング・ロング(テイク44)
14. アイム・ソー・タイアード(テイク7)
15. アイム・ソー・タイアード(テイク14)
16. コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロウ・ヒル(テイク2)
17. ホワイ・ドント・ウィ・ドゥ・イット・イン・ザ・ロード(テイク5)
18. ジュリア(ツー・リハーサル)
19. ジ・インナー・ライト(テイク6 – インストゥルメンタル・バッキング・トラック)
20. レディ・マドンナ(テイク2 – ピアノ・アンド・ドラムス)
21. レディ・マドンナ(バッキング・ヴォーカルズ・フロム・テイク3)
22. アクロス・ザ・ユニバース(テイク6)

ブルーレイ(音源のみ)
『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム』
PCMステレオ(2018ステレオ・ミックス)
DTS-HD マスター・オーディオ 5.1 (2018)
ドルビー True HD 5.1 (2018)
モノ(2018 オリジナル・モノ・ミックスからのダイレクト・トランスファー)

デラックス<3CD、4LP、デジタル>
『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』2018ステレオ・ミックス
イーシャー・デモ

2LP
『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』2018ステレオ・ミックス

関連NEWS

  1. The Beatles

    The Beatles、ルーフトップ・コンサートが全米のIMAXシアターで劇場上映されることが決定

  2. Ringo Starr

    Ringo Starr、Chad Smithらと共演して「Come Together」をカヴァー

  3. The Beatles

    Paul McCartney、『ゲット・バック』でThe Beatlesの解散への印象が変わったと語る

  4. Brian Epstein

    The Beatles、Brian Epsteinの伝記映画から監督が離脱することに

  5. The Beatles

    The Beatles、『アビイ・ロード』50周年エディションの発売を記念してアビイ・ロード検定がスタート

  6. The Beatles

    The Beatles、デモ音源が入ったカセットテープがオークションに

  7. Paul McCartney

    Paul McCartney、2021年の総資産額でイギリスのミュージシャンとしてトップに

  8. oasis

    Noel Gallagher、oasisがThe Beatlesと比較されたことは「きまりが悪かった」と語る

  9. George HarrisonとRingo Starr

    George HarrisonとRingo Starrが参加した未発表音源がリリース

  10. Yesterday

    Beatlesを知らない世界を描いた映画『Yesterday』、本予告映像が公開

  11. ビートルズのレコーディング・エンジニアであるジェフ・エメリックが逝去。享年72歳

  12. Stella McCartney

    Stella McCartney、『The Beatles:Get Back』のカプセル・コレクションを発表

  13. Ringo Starr

    Ringo Starr、1973年にThe Beatlesの再結成を断った話について語る

  14. Noel Gallagher、John Lennon

    Noel Gallagher、John Lennonのトリビュート・アルバムに参加と報道

  15. The Beatles

    The Beatles、ドキュメンタリー『ゲット・バック』より本編映像の一部が公開

  1. The Rasmus

    The Rasmus、ユーロヴィジョン・ソング・コンテストの候補曲「Jezeb…

    2022.01.23

  2. Pink Floyd

    Pink Floyd、『驚異』の再発盤の修復度合が分かる比較映像が公開

    2022.01.22

  3. Yard Act

    Yard Act、Elton Johnの「Tiny Dancer」のカヴァーが公開

    2022.01.22

  4. Robert Glasper

    Robert Glasper、キング牧師記念日に米TV番組で2曲のパフォーマンス…

    2022.01.22

  5. Richie Hawtin

    Richie Hawtinが共同開発したワイヤレス・ヘッドフォンの発売が開始

    2022.01.22

  6. Iron Maiden

    Iron MaidenのBruce Dickinson、最新作を全編演奏する計画を語る

    2022.01.22

  7. Every Time I Die

    Every Time I Die、20年以上のキャリアを経て解散することを発表

    2022.01.22

  8. David Bowie

    David Bowie、イギリスで21世紀に最もアナログ盤を売り上げたアーテ…

    2022.01.22

  9. Don Henley

    Steely Dan、EaglesのDon Henleyが「Peg」に参加しかけた逸話が明ら…

    2022.01.22

  10. 『ブラックボックス:音声分析捜査』 本物の音声分析官からこだわっ…

    2022.01.22

  1. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL ’22、第1弾出演アーティストを発表

    2022.01.19

  2. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2022 in EZOを8月に開催

    2022.01.01

  3. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.22 開催決定

    2021.12.24

  4. ルルティモバーチョ

    恵比寿ガーデンホールでのクリスマスイベント“ルルティモバーチョ”…

    2021.10.26

  5. ROCKS FORCHILE 2021

    ROCKS FORCHILE 2021が事前登録制のフリーイベントとして開催、第一…

    2021.10.05

  6. OMNIBUS

    音楽フェス「OMNIBUS」が11月に初開催!11/6に鈴木真海子、ODD Foot…

    2021.09.01

  7. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL、2022年の開催決定

    2021.08.22