System Of A DownのSerj Tankian、バンドの今後について語る

Serj Tankian

システム・オブ・ア・ダウンのサージ・タンキアンはバンドの今後について同じページにいる限り続けていくことができると述べている。

システム・オブ・ア・ダウンは昨年11月にアルツァフ共和国の紛争への認知を高めるために15年ぶりとなる新曲“Protect The Land”と“Genocidal Humanoidz”をリリースしている。

アップル・ミュージックのゼイン・ロウとのインタヴューでサージ・タンキアンは久しぶりに新曲を作った体験について振り返り、バンドから今後期待されるものについても示唆している。

「間違いなく必ずしも社会的/政治的ではない楽しい曲もあるんだ。そういう曲をやっても、僕たちはうまくできていたと思うんだよね」と彼は説明している。

「今回はその意味では例外なんだ。褒められたもんじゃないかもしれないけどさ。実際のところ、今回はまさに曲を使ったんだ。武器として使ったんだよ。悪びれずにね。そうあるべきだったんだ」

サージ・タンキアンはシステム・オブ・ア・ダウンの最近の作品について「誇りに思っている」と語り、もう一度みんなで取り組めたことは「素晴らしかったと思う」と述べている。

「今後は分からないけどさ」と彼は語っている。「どうなるか見てみるよ。雰囲気はすごくいいんだ。僕らは同じページにいる限り、やり続けることができるんだ。同じページにいればね」

システム・オブ・ア・ダウン内にある音楽的方向性に言及してサージ・タンキアンは次のように説明している。「それはクリエイティヴ面でのことで、個人的な問題じゃないんだ。心理的なものなんだよね」

「物事の見方というか、音楽をどうしていくかという見方というか、それが何を意味し、システム・オブ・ア・ダウンが自分にどんな意味を持つのかという問題なんだ」と彼は続けている。「そこで食い違いがあったんだ。でも、それが人々のために何かをするのに参加するのを妨げることは間違いなくないよ。それは素晴らしいことだからね。あとは何を言えばいいか分からないな。やっぱり最高だからね」

システム・オブ・ア・ダウンは2006年から2010年まで活動を休止しており、2005年発表の『メズマライズ』と『ヒプノタイズ』以来、フル・アルバムをレコーディングしていない。

先月、システム・オブ・ア・ダウンのドラマーであるジョン・ドルマヤンはバンドの活動休止について「悲惨なこと」だったと語っている。

「僕らにはいまだにたくさんの音楽があると思っているし、バンドとしてもビッグで、アメリカでも世界的にも大きな集客力を持っているわけでさ。世界最大のバンドにもなれたと思うんだよね。そのポテンシャルはあるのに、実現できないのはなぜだと思う?」

関連NEWS

  1. Daron Malakian

    System Of A DownのDaron Malakian、新作が実現しないことが恥ずかしいと語る

  2. Download Festival

    イギリスのDownload Festival、2020年のヘッドライナーが明らかに

  3. System Of A Down

    System Of A Down、「Chop Suey!」のビデオの再生回数がYouTubeで10億回を突破

  4. System Of A Down

    System Of A Down、「Protect The Land」のMVの舞台裏映像が公開

  5. John Dolmayan

    System Of A DownのJohn Dolmayan、Alexandria Ocasio-Cortezを批判

  6. Rock am RingとRock im Park

    ドイツのRock am RingとRock im Park、2021年のヘッドライナーを発表

  7. Serj Tankian

    Serj Tankian、新曲「Elasticity」のMVが公開されることが決定

  8. System Of A Down

    System Of A DownのSerj Tankian、自身の楽曲がナイジェリアの結婚式で使われた映像に言及

  9. System Of A Down

    System Of A Down、「Genocidal Humanoidz」のビデオを初公開する生配信の実施が決定

  10. System Of A Down

    System Of A DownのSerj Tankian、John Dolmayanの政治的見解に苛立っていると語る

  11. System Of A Down

    System Of A Down、15年ぶりとなる2曲の新曲で6000万以上をアルメニア団体に寄付

  12. System Of A Down

    System Of A DownのJohn Dolmayan、波紋を呼んだ自身の政治的見解について語る

  13. Serj Tankian

    System Of A DownのSerj Tankian、必ずしも政治的なバンドではないと語る

  14. Download Festival

    Download Festival、オンライン・フェスのスケジュールが発表に

  15. System Of A Down

    System Of A Downのダロン・マラキアン、サージ・タンキアンとのクリエイティヴ面での違いに言及

  1. AC/DC

    AC/DCのAngus Young、『Back in Black』へのBon Scottの関わりにつ…

    2021.03.06

  2. Billie Eilish

    Billie Eilish、次回作は新型コロナウイルスのおかげで作ることがで…

    2021.03.06

  3. Tom Morello

    Rage Against The MachineのTom Morello、映画のプロデューサーを務…

    2021.03.06

  4. Bruno MarsとANDERSON .PAAK

    Bruno MarsとAnderson Paak、新バンドを結成したことが明らかに

    2021.03.06

  5. Slowthai

    Slowthai、最新作より「ADHD」のMV公開

    2021.03.06

  6. Celeste

    Celeste、米TV番組で「Hear My Voice」を披露したパフォーマンス映…

    2021.03.06

  7. 平井 大

    平井 大、2020年の連続配信曲が詰まったデジタルアルバム『Life Goe…

    2021.03.06

  8. 空気公団

    空気公団、新作アルバム『僕と君の希求』演奏陣発表

    2021.03.06

  9. SIRUP

    SIRUP、2年ぶりの全国ツアー SIRUP TOUR 2021 『cure』開催決定

    2021.03.06

  10. Ava Max

    Ava Max、デビュー・アルバムより「My Head & My Heart」のMV…

    2021.03.06

  1. KEEP ON FUJI ROCKIN’ II

    「KEEP ON FUJI ROCKIN’ II ~ On The Road To Naeba 2021 ~」大晦…

    2020.11.20

  2. FUJI ROCK FESTIVAL

    Keep On Fuji Rockin’~FUJI ROCK FESTIVAL’20 LIVE ON…

    2020.08.14

  3. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20×21 第2弾出演アーティスト発表

    2020.08.05

  4. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01

  5. I ROCKS 20&21

    LACCO TOWER主催 『I ROCKS 20&21』 26組の第一弾出演アーティ…

    2020.06.01

  6. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2020 開催中止を発表

    2020.04.14